名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

樋渡啓祐の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

樋渡啓祐のプロフィール

樋渡啓祐、ひわたし・けいすけ。日本の官僚、政治家。佐賀県武雄市長。佐賀県武雄市出身。東京大学経済学部卒業後、総務省に入省。沖縄開発庁振興局調整係長、内閣官房主査、内閣府参事官補佐、総務省大臣官房管理室参事官補佐、大阪府高槻市市長公室長出向、総務省大臣官房秘書課課長補佐などを務めたのち退官。故郷高雄市の市長選挙に当選。テレビドラマの撮影誘致、TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブと組んだ図書館リニューアルなど斬新な企画を実行した。

樋渡啓祐の名言 一覧

関心を持ってくださることはとても良いことだと思います。地方にとって、無関心は最大の悪。


人は、自分のいる空間に相応しい立ち居振る舞いをするようになる。


人間はしょせんアナログですから、五感を使わないと何が快適かはわからないし思い出せない。


企画力より修正力が大事。


修正はしますが、反省も分析もしません。気分が暗くなるだけですから。ただ、人よりも速く走りたい。


最初の企画にこだわるのではなく、動きながら最適を目指す態度が大事です。その場その場の最適解の積み重ねが、全体としていいものにつながります。今でも修正を続けていますよ。


僕は政治家なのでゴールを定めることと責任を取ることが仕事です。企画や実行は職員それぞれがやればいい。決裁権も与えます。僕へのホウレンソウは原則禁止です。そんなことをしていたら情熱が冷めてしまうから。当然、問題も生じますよ。だったら、そのつど修正していけばいいじゃないですか。


自分が喜ぶもの、市民が喜ぶものをつくりたい。


武雄市図書館(佐賀県武雄市)と金沢21世紀美術館(石川県金沢市)、旭山動物園(北海道旭川市)の3館パートナーシップは単なるマネです。金沢21世紀美術館と森美術館(東京都港区)、ベネッセアートサイト直島(香川県直島町)の3館を巡るパスポートがあると聞き、遠く離れた美術館が提携するなんて面白いなと思いました。僕の信条はTTP(徹底的にパクる)です。


テレビ番組「カンブリア宮殿」の代官山蔦谷書店の回を見たとき、「あ、これだ、これしかない!」と直感しました。すぐにCCC(TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ)にアプローチして、副社長さんと面会するために上京したら、偶然、代官山の路上にテレビで見た増田(宗昭)社長が立っていたんです。その場で「図書館の運営をお任せしたい」とお願いしました。


iPhoneを見てください。電話、デジカメ、PCなど機能の境目はわかりませんよね。すべてが溶け合っているうえ、デザインも美しい。同じように官民も境目を取り払い、融合して企画をやったら必ず流行ると思いませんか。


公務員は企画が不得手です。ただし、実現能力はすごく高い。企画に優れたCCC(TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ)と組むことで無双になるのです。


今は多くの人が、何が自分にとって快適かすらわからなくなっている。だからこそ、自分が体験するってことが大事なんです。快適な場所に来て、もう一度学び直すことが大事です。


私も武雄図書館のユーザーの一人です。まず自分が2時間いることのできる空間をつくりたいなと思いました。嫌な場所だと僕は5分か10分で嫌になりますから、2時間いられるには、本当にいい空間じゃなきゃダメ。どうしたらそんな空間ができるかを考えるとき、“ハレ(非日常)”と“ケ(日常)”という古来の考え方が役に立ちます。武雄もそうですが、地方ってある意味、ケの空間ばかり。逆に都会、特に都心部はハレの空間ばかりです。私は東京に行くとハレの場ばかりで息苦しいんですが、逆にケの空間ばかりでも違う意味で息が詰まる。どちらに偏ってもダメだから、この相矛盾するハレとケを同居させたかった。これが根本の理念です。


武雄市図書館を建て替えるにあたって、一番の大枠の考え方は、気持ちの悪い空間を気持ちのいい空間にすること。これに尽きました。これまではカビ臭かったり、光の入り方が悪かったり。管理者目線での運営だから、そういうことを何も考慮していなかった。こっちはもう顧客目線で、改善なんてぬるいことは言わず、ちゃぶ台返しくらいの勢いでひっくり返したからこうなったんです。


「頭がよくなる」ってどういうことかというと、多分「お肌がきれいになる」っていうことと同じだと思うんです。肌をきれいにするためには、肌そのものに目を向けるよりも、日ごろの生活習慣や食べ物に気を配って、その結果きれいになる。頭のよさも同様で、頭そのものをどうこうするより、頭がよくなるような生活をしていれば、その結果、おのずとよくなるのだと思います。


樋渡啓祐の経歴・略歴

樋渡啓祐、ひわたし・けいすけ。日本の官僚、政治家。佐賀県武雄市長。佐賀県武雄市出身。東京大学経済学部卒業後、総務省に入省。沖縄開発庁振興局調整係長、内閣官房主査、内閣府参事官補佐、総務省大臣官房管理室参事官補佐、大阪府高槻市市長公室長出向、総務省大臣官房秘書課課長補佐などを務めたのち退官。故郷高雄市の市長選挙に当選。テレビドラマの撮影誘致、TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブと組んだ図書館リニューアルなど斬新な企画を実行した。

他の記事も読んでみる

ジャック・ドーシー

スクエア(スマートフォンをクレジットカード決済端末にするサービス)やツイッターのように、0から作り上げることは素晴らしい。だがそれは現状の何かを再考するところからすべてが始まっている。


田原総一朗

本田宗一郎さんは社内に失敗賞をつくりました。大きな失敗した人を表彰するのですが、それは裏を返すと、チャレンジしない者は去れということ。そうやって社内に挑戦の風土を根付かせたから、ホンダからイノベーションが生まれた。


楳図かずお

かつて描いた作品が最近映画になったり、いまの若い読者が読んでくれたりするのはとても嬉しいですね。それも30代の頃の自分がすべてを賭けて人間の本質に迫ろうとしたからだと思います。僕の作品に何か普遍的なものがあるとすれば、それはその気持ちが生み出したものにほかならないと思うのです。


小川仁志

「世界的な視点で物事を捉えよう」と言われても、ピンとこない人がいると思います。そういう時は、「日本で起きている身近な問題の延長線上に世界の問題がある」と考えてみてください。それがグローカルな考え方です。


竹長潤

従来、ボートレジャーを楽しむには、ボートを購入するという手段が唯一の方法でした。ただ、ボートの購入はイニシャル、ランニングともコストがかかり、ごく限られた層の遊びにとどまっていました。その点、当社の会員制マリンクラブは、ローコストで好きな時間に好きな場所で、気軽にボートレジャーを楽しめるのが特徴です。


百田尚樹

私も失敗するとすぐに落ち込むし、自分の発言に対して激しくバッシングされれば、それなりに傷つくし、へこみます。イソップ寓話に『樫の木と葦』という有名な話があります。太い樫の木は弱い風にはびくともしないけれども、すさまじい暴風が吹くと、耐えきれずに根元から折れてしまう。それに対し、小さな葦は弱い風でも頼りなく揺れるけれども、すさまじい暴風も受け流してしまい、折れずに残る、という話ですね。私のメンタルは、いわば「小さな葦」のようなもの。弱い風が吹くだけですぐに倒れてしまうけれども、風を受け流し、最終的には折れずに立っている。要は、ストレスをうまく逃がしているのです。


北村森

大事なのは、なぜその商品でなければいけないのかという必然性。


岩切章太郎

41年の間、考えてみるとずいぶんわがまま勝手な仕事ぶりで、何やかやと手当たり次第にやってきたという気がする。東京で友達に会うとよくこう言われる。「君はとにかく自分の考えた通りのことをやってこられたのだから羨ましいネ」。しかし、私としては必ずしも考え通りにやったわけではなくて、志と違って困ったこともたくさんある。失敗もたくさんある。それでもまあまあ思う存分にやったといっていいかもしれない。その点はまったくありがたいことだったといつも思うのである。


土井香苗

人それぞれに、別々の「心動くポイント」があります。それを見極めることが、最短でメッセージを伝える鍵。


紀野一義

東大の数学の先生で、末綱恕一という方がおられますが、この方は『華厳(けごん)』の勉強をしているんです。数学というのは、研究していると、必ず、壁にぶつかるそうですね。数学の壁というのは、論理的に越えようとしても、絶対ダメだそうです。『華厳』を読んだときに、あるヒントがふと湧いたらしい。そのヒントをもとに再び壁に挑戦したら越えられたそうです。


三喜俊典

慢心を避ける方法はいろいろあると思いますが、現場に行ってお客様の声をしっかり聴く、というのもそのひとつでしょう。かつて商品開発部長をやっていたとき、私はほとんど会社にいませんでした。直接ご意見をうかがうために、お客様のところに足を運ぶことが重要だと考えたからです。


牛尾治朗

いつの時代もフロンティア精神が大事。