名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

槇田久生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

槇田久生のプロフィール

槇田久生、まきた・ひさお。日本の経営者。「NKK」社長。佐賀出身、長崎育ち。東京商科大学(のちの一橋大学)商学専門部卒業後、NKKの前身である日本鋼管に入社。社長、会長を務めた。そのほか、日加経済人会議会長などを務めた。

槇田久生の名言 一覧

社長になって気負った気持ちはなかった。「長い日本鋼管の歴史のひとコマを私なりに務めていこう」と、社長の椅子に深く身を沈めながら、一人静かに決意した。【覚書き:前任社長が急死し、突如社長に抜擢された時を振り返っての発言】


槇田久生の経歴・略歴

槇田久生、まきた・ひさお。日本の経営者。「NKK」社長。佐賀出身、長崎育ち。東京商科大学(のちの一橋大学)商学専門部卒業後、NKKの前身である日本鋼管に入社。社長、会長を務めた。そのほか、日加経済人会議会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

高橋滋

カシータのスタッフは、喜びを体で覚えてしまっているんです。自分たちが頑張ると、お客様がこんなにも喜んでくれるということを。ものごとは、悪い方向へ行くとどんどん悪くなりますが、その逆でひとたび良い方向へ行くとどんどん良くなっていく。これがゲッティング・ベターの威力です。


上西京一郎

私どもはキャスト(従業員)が財産ですから。彼らに感謝の気持ちを表したいということで、いつも1月の終わりにキャストを呼び、マネジメント層がパークを運営しておもてなしをする。そこでまたマネジメント層とフロントライン(現場の最前線)の方の信頼感も醸成されるのです。


ゴードン・ムーア

企業は放っておけば成功体験にしがみついてリスクを避けるようになります。その方が楽だからです。しかし、企業にとってこれが一番怖いのです。


勝間和代

改革は、常にゼロベースから考えないと目標を見失いがち。


佐藤綾子(心理学者)

自己表現=パフォーマンスを、「目立つため」「中身のなさをごまかすため」の行為と捉える人がいますが、誤解です。中身が伴わなければ、やがて化けの皮は剥がれる。大事なのは中身。しかし、それが周囲に理解されなければ活躍できません。持てる力が信頼を得られないのは、もったいない。


生田正治

取締役で北米部長のころに120億円の損失を出す大失敗をしたことがあります。北米航路のコンピュータシステムの開発を日本本社のシステム部に任せていたのですが、世界最先端のロジスティックス(物流)が必要とするシステムに対する理解が得られないし、間に合わないと思ったから、定期航路部門の部長である自分自身がやるって言ってしまったんです。アメリカ人のエキスパートを集結してアメリカに会社を作って、アメリカの最先端技術で北米航路のシステムを作ろうと考えたのです。ところがニューヨークで1000人以上の専門家が二年かけて最先端のシステムを完成したつもりだったのに、テストランしてみるとうまく動かない。結局元のシステムに戻す結果になってしまいました。


江上治

常に主役は自分ではなく、お客様に置かなければならない。そうでなくてはお客様に嫌われてしまう。だからまず、自分中心になっているという誤りに早く気付くことが重要。


矢矧晴一郎

できそうもないと感じるのは、その仕事が大きく、難しく見えてしまうから。まずは、仕事を10項目以上に細かく分けます。頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してください。次に、作業がやさしいものから順位をつけ、1位を100点としてやさしい水準に点数をつけます。そして、1位から順に片づけてみましょう。簡単なものから先にやることでスイスイ進み、はずみがついて難しいものもできるようになります。


田中靖浩

少子高齢化で人口減少が進む現在は、「販売する数量を増やす」というのが、かつてよりも難しくなっています。世の中全体の消費が拡大し続けていた時代が終わったいま、売上だけにこだわって数字を読むのは非常に危険です。いまだに多くの会社が「前年比で何%売上をあげるか」という視点で経営計画を組んでいますが、売上達成のために値下げ競争に走れば、利益は減る一方です。


古賀信行

20年後、そして30年後を見据えると、その時代に直接関われる世代、すなわちコミットできるヤング世代が意思決定の中心であるべきです。「失敗した時は自分が被る」という覚悟がないと、良い決断はできません。


田中仁(経営者)

僕が「門外漢」だったことが、奏功した面はある。先入観を持たないことが重要。流行っていることに対して、自分がどう感じるかを大切にして欲しい。


神田昌典

「ソーシャルプレッシャー」という言葉があります。「自分もできるかもしれない」「自分も変わらなきゃいけないのでは」などと自らの行動を変容させるきっかけとなる、他人からの影響のことです。人は、お金などの「パーソナルインセンティブ」によって動くと思われがちですが、実際にはソーシャルプレッシャーの影響をより受けやすいと言われています。