槇田久生の名言

槇田久生のプロフィール

槇田久生、まきた・ひさお。日本の経営者。「NKK」社長。佐賀出身、長崎育ち。東京商科大学(のちの一橋大学)商学専門部卒業後、NKKの前身である日本鋼管に入社。社長、会長を務めた。そのほか、日加経済人会議会長などを務めた。

槇田久生の名言 一覧

社長になって気負った気持ちはなかった。「長い日本鋼管の歴史のひとコマを私なりに務めていこう」と、社長の椅子に深く身を沈めながら、一人静かに決意した。【覚書き:前任社長が急死し、突如社長に抜擢された時を振り返っての発言】


槇田久生の経歴・略歴

槇田久生、まきた・ひさお。日本の経営者。「NKK」社長。佐賀出身、長崎育ち。東京商科大学(のちの一橋大学)商学専門部卒業後、NKKの前身である日本鋼管に入社。社長、会長を務めた。そのほか、日加経済人会議会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

永井浩二(経営者)

一発勝負で成功すればいいが、もし失敗して格付けがあと1ノッチ(格付けの最小単位)下がれば、この会社はどうなるか。海外から全面撤退して、ドメスティック(国内だけ)な証券会社に戻らないといけなくなる。そんなリスクは取れない。
【覚書き|「再建計画の期間が長すぎるのでは?」と問われての発言】


渡辺淳一

事務所は昔から渋谷なんだよ。若い子たちがたくさん群がって、その奇妙な流行を見るのが面白くて、歩いているだけで毎日が発見の連続なんだよ。おもしろい街だよね。


市橋和彦

消費者の7割が女性だというのに、肝心の企業の発想自体がいまだに男性的なのです。とくに景気が悪化してコストダウンや効率化などが叫ばれると、ただでさえ左脳優位の男性的思考がさらに強まって、分析や理論、データに頼った商品開発をしがち。結局消費者のニーズから離れた、独りよがりな商品やサービスをつくってしまうのです。


唐沢穣

集団が敵対している場合であっても、互いに協力しないと達成できない上位目標を与えることで、友好関係が回復できる。


市川清太郎

困ったときに助け、助けられる関係をいかに築くか。人との出会いがチャンスであり、人との関係こそが財産。


早川徳次

予算と見合った決算を得るためには正確な期末決算の予測を立てなければならない。それには当然、合理的で緻密な計数管理が要求されてくる。工場、支店営業所の末端に至るまで周到、克明な数字の裏付けを必要とする。我々は経済情勢の掌握と、それに対する柔軟な適応性を兼ねもってこの計数管理の徹底を約した。日々の営業部門の実績報告は無論のこと、品質会議、部長会議、さらには週初の重役会議と、すべてが実際の係数による資料を基本にしての狂いのない経営の樹立であった。


澤田秀雄

怖いのはむしろ業績が急上昇しているときなのです。上り調子のときほど、転落のスピードが速い。


坂口陽史

自社の商品を売ってくれとは言わない。お客様に正しい保険の考え方を広めてほしい。そうすれば、おのずと百年後には日本一の会社になっているはずだ。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

オンライン化が進むと、逆に手書きのメッセージが重要なコミュニケーションの一つになる。お客様へのウエルカムや、スタッフやお客様への感謝のメッセージは、受け取る側が「自分のことを考えてくれている」ということがわかってもらえるよう、あえて手書きにしています。


里見治

シーガイアの復活に向けたプランをいろいろと練っていますが、予算は決めていません。予算を先に決めてしまうと、その額にとらわれすぎて、大胆な改革を断行できないからです。まずは予算を考えず、様々な案を生み出し、そこから費用対効果を考慮した改善を進めていきます。


常盤文克

ある台湾の中小企業の社長にこう言われたことがあります。「日本企業は自分たちのやる仕事はここまでだと、自ら境界線・限界線を引いて、その内側にとどまろうとする。台湾は小さな島だけれど、常に境界線・限界線を越えたところに新しい仕事を探している。そうすれば、仕事はいくらでもある」と。この言葉はまさに仕事の本質を突いています。台湾企業が元気なのは、この前向きの姿勢があるからでしょう。


村上太一

求人サイトならば、通常はお金を沢山もらった企業を上位に表示する傾向にあります。しかし当社の場合、採用情報まで確認が取れていますので、よりユーザー採用率の高い求人が上位に上がって来る。かつ、採用率が高くとも、不人気ですぐ辞める人が多い企業は順位が下がるというように、データのログを元に自動で最適化されています。こうしたデータ解析技術を駆使して、ユーザーと企業のマッチング率を向上させていくつもりです。


寺島実郎

日本経済の話をするとき、今は株価の話ばかりになっている。株価を高めることがあたかも経済を強くするような錯覚に陥っているが、マネーゲームに傾斜しているうちに足元の虎の子産業が崩れてしまっているのではないか。経済界が真剣に議論しなければいけないのは、株価ではなく技術とプロジェクトの話であるはずだ。


中原淳

よく指摘されるように、日本企業では「成果の報酬は、次の仕事の面白さで払われる」という特質があります。たとえば、多くの人を巻き込んで。プロジェクトをやり遂げた経験が、より大きな経験を呼び込むための資本として機能するのです。また、そうした経験を通して得た人間関係がきっかけになり、別の新しい仕事へ声がかかる、という可能性もあるでしょう。


うえやまとち

開き直って、あるジャンルの中で「うわぁ、これ以上のものはないよな」と思わせるところまで徹底的にやるってのがいいんじゃないでしょうか。


ページの先頭へ