榊原健太郎の名言

榊原健太郎のプロフィール

榊原健太郎、さかきばら・けんたろう。日本のベンチャー投資家。ベンチャーキャピタル「サムライインキュベート」創業者。愛知県出身。関西大学卒業卒業後、日本光電工業、アクシブドットコム(のちのVOYAGE GROUP)、インピリック電通(のちの電通ワンダーマン)などを経てサムライインキュベートを設立。ベンチャー企業育成に尽力した。

榊原健太郎の名言 一覧

世の中に対して「何故?」と思うことが大切。


誰も会いに行ったことのない人と、新しい関係を築く方が得るものが多い。


私は人から褒められるのが好きなのでたくさん褒められたい。たくさん褒められたということは、それだけ世の中を変えられたということですから。


出来る人は小さな約束でも必ず守ります。達成するために、寝ずに、どんな手段を使っても期限を守ろうと必死に努力し、成し遂げます。


アクションを起こせば世の中が変わる。


無理だと思って諦めるのではなく、実際に行動してみること。「できるできない」ではなく「やるかやらないか」の精神を持ち、若いうちは、目標を大きく持ち、多く経験を積むことが大切。


約束を継続することは大変ですが、続けることは、自身の成長につながるチャンスにできます。


起業を目指す若者たちには、コミットすること、スピードを早く、常にこの二点を言っています。


サムライインキュベートを始めて6年になりますが、支援いただいたことに感謝すれば、更なる支援を頂けることを肌で感じてきました。まさに「感謝すれば倍返し」です。


感謝される人になるには、自分から感謝できる人間にならないといけません。


できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える。


悩みの解決はビジネスアイデアを発想する際の基本であり、その悩みを解決することで世の中が大きく変わることが読めれば、そのビジネスは必ず成功します。


悩みを解決できるということはニーズに直結しているということにほかならない。逆に言えば、何の悩みも解決できないベンチャーは、いずれ消えていく運命にあります。


日本人には素晴らしい妄想力があります。未来を徹底的に妄想し尽くしたとき、そこに未来のベンチャー企業の姿が見え隠れしているのです。


0から1を興すのがベンチャー。今あるものの延長ではなく、まだ目に見える形では存在しない10年後の未来社会の姿を妄想する必要があります。


今流行っているサービスの応用版だったり、将来の世の中にとって本質的に必要でないベンチャーは生き残ることはできません。


将来のビジネスアイデアを考えるとき、未来系のアニメや映画を観るのが手っ取り早い。なぜなら、そうした映画に出てきたアイテムが、後々現実のものとなっている例がとても多いからです。たとえば『ミッション:インポッシブル3』の主人公が変装に使う仮面は、撮影した相手の顔のデータから瞬時に形づくられるんですが、この技術は3Dプリンタで実現しました。また、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』にはコンタクトレンズ状の超小型カメラが登場しますが、なんと今、グーグルがこれを実際に作ろうとしているのです。


過去の人達の努力に比べたら自分のしていることは、大したことありません。夢と希望を持っていたにも関わらず亡くなった方々は、今も過去も山ほどいます。その方々のことを思えば、いくらでも努力できると私は思います。


何のために起業するのか、何のために就職するのか、はたまた、なんのために生きているのか、これら日常で当たり前になっていることの本質を捉え、自分の目標を達成するために必要なことを考え、行動すべきです。そのようなことに疑問を持てないようでは世界を変えようなんて出来ないと私は考えています。


イスラエル現地で驚いたことは、物事に対するレスポンスの速さです。誰かに会いたいと頼めば、その場で携帯を取り出し電話してくれます。日本みたいに長々と返事を引き伸ばしたりしません。「48時間以内に返事がなかったら死んでいると恩ってくれ」とイスラエル人は、冗談交じりに言いますが、一日という単位を大切に思っているが故の言葉でしょう。


日本である程度成功してしまうと海外進出への意欲を失ってしまうベンチャー企業は少なくありませんが、日本で伸び盛りの時期にアメリカに行けば絶対に資金調達できる。日本で成功してもそれで満足せずに積極的に海外に行って欲しい。


シリコンバレーでも日本でもそうですが、成功するスタートアップはメチャクチャ働いています。3年間は、睡眠時間は3時間位というのが当たり前です。


米国シリコンバレーでは、成功した企業家が投資家側になり、スタートアップ企業に経営のノウハウを指導する好循環があります。日本でも企業家が支援する仕組みが、今の100倍は必要だと考えています。そこで、私たちは支援先の経営者に対して、将来的には支援者になって欲しいと話をしています。


日本では一体どんなことが起業を阻んでいるのかというと、起業することはリスクが大きいと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、若い人にリスクなんてありません。


スポーツでは、サッカーや野球の日本代表が世界で活躍しています。彼らが世界に近くなった理由は、まずは競技人口が多いからです。同様に起業を志す人口が増えれば、必ず世界で活躍できるベンチャーが日本からも出てくるはずです。


誰もやりたがらないことを率先してやっていれば自然と人が集まります。仕事に限らず、飲み会の幹事やトイレ掃除であっても、自ら実行する姿勢を見せることで、自ずと声を掛けてくれる人、いざという時に助けになる人と繋がります。


大企業病の発症ポイントは、新卒の方が提案した事案を上司がリスクを恐れて批判、反対することによって起こります。せっかくの新しい考えが潰されてしまうのです。このようなことは、絶対に行ってはいけません。否定せず「その考えいいね! 俺が責任を持つから一緒に考えよう!」、部下にそう言ってくれる上司がいれば大企業病は治るのです。


今の学生で起業したいと考えている人がいるならば、インターンを経験することを勧めます。学生のうちに会社見学だけではなく、自ら職務を得て社会人の現場を経験することはとても大切です。計画を立て、目標を達成することや、自分の思い通りにならない「不条理」を経験して欲しいと思います。その中で、人とのコミュニケーションの大切さや上司部下の関係など、学校では教えてくれない学びを得られるはずです。


自分が親になったときのことを考えてください。子供にどのような親として見られたいですか。失敗を繰り返しつつも挑戦し続けるお父さんか、失敗を恐れるあまり、言い訳を続けて何も行動を起こさないお父さんか、どちらが格好良く見えるでしょうか。勿論前者です。私は子供ができたら、胸を張って自分の仕事、過去の失敗を言える格好良い父親でありたいです。


榊原健太郎の経歴・略歴

榊原健太郎、さかきばら・けんたろう。日本のベンチャー投資家。ベンチャーキャピタル「サムライインキュベート」創業者。愛知県出身。関西大学卒業卒業後、日本光電工業、アクシブドットコム(のちのVOYAGE GROUP)、インピリック電通(のちの電通ワンダーマン)などを経てサムライインキュベートを設立。ベンチャー企業育成に尽力した。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

あなたも一度、興味を持って楽しみながら取り組んだら、画期的なアイデアが思いついたという経験があるはずです。楽しいと感じているときには、脳の中でA10神経と名付けられたユニークな神経が活発に動きます。A10神経は、脳の奥深くにある中脳から、思考力を司る前頭連合野までつながっており、活性化するとドーパミンと呼ばれる情報伝達物質を放出します。このドーパミンの作用により、前頭連合野は創造力を活発に働かせる仕組みになっているのです。


石川康晴

あまり知られていない当社の強みが財務戦略です。第一に低資産。他社が大型店を構える中、当社は約20坪という小型の店舗に特化しています。自社の工場・物流センターを持たず、無理な投資をかけないように工夫しているのです。第二に高粗利。SPA(製造小売業)で中間コストを削減し、製品の利益率を上げています。第三に高回転。店の規模を小さくすることでダントツの商品回転率を誇っています。年間で13回商品が入れ替わりますので、1カ月に1度お店が変わっていくというスピード感をお客様に提供しております。


森下裕道

最初に「いつも丁寧に仕事してくれてありがとう」など、相手を褒めてから話すと印象が良くなります。話す直前だけでなく、普段からそうしたコミュニケーションをこまめに取ると、さらに良いですね。相手の気持ちに寄り添うことで、結果的に自分のしてほしいことに導くのが、真の意味での賢い方法と言えるでしょう。


田中優子(江戸文化研究者)

社会的自己肯定力とは、主に競争に勝つことで得られるものです。そのため、初めは勝てても競争が別の次元に移ると、勝てなくなる場合があります。AI時代への移行などは、その典型でしょう。そのため、社会的自己肯定力は相対的に揺らぎやすいもので、それだけでは不十分です。むしろ重要なのは、基本的自己肯定力です。それは、自分にはできる、という自信のことですから、小さな頃から育てられます。また、小さな頃に育て損なったとしても、大きくなってからも身に付けられます。そのためにも、我々のような大学も、そうした力を育むことに力を入れなくてはなりません。


上野和典

人は自分のペースで話すのが何より心地よいのです。そうして、自分の話したいことをひとつ残らず話し切ればとてもスッキリします。それを許してくれる相手には、「この人は話しやすい人だ」と自動的に好印象を抱くわけです。


高杉晋作

人は艱難はともにできるが、富貴はともにできぬ。
【覚書き|人間は理想や志への挑戦に対し大勢が一緒になって苦労することはできるが、富や名誉を求めるために大勢が一緒に行動することはできないという趣旨の発言】


稲盛和夫

長い人生の旅路では、失望や、困難、試練の時がなんどもある。しかし、それは、自分の夢の実現をめざし、すべての力を奮い起こして誠実に努力をする、またとない機会でもある。天は誠実な努力とひたむきな決意を、決して無視はしない。


村井勉

会社と心が通じ合っているという安心感があって、はじめてサラリーマンは一所懸命に働く。会社、つまり上司、トップが何もわかっちゃいないと感じたら、意気阻喪である。


ガー・レイノルズ

プレゼンでは質疑応答の準備も重要です。質疑応答なしで一方的に話すプレゼンは、オーディエンスから信頼を得られません。考えてみてください。恋人とデートするとき、相手が自分のことしか話さなかったらどう思いますか。退屈だし、「相手は自分のことを見ていない」と不信感を持ちますよね。オーディエンスの心理も同じです。双方向のコミュニケーションを取りたいと考えているのです。


二宮清純

固定観念と先入観を疑うことが重要です。私の仕事の場合、人に話を聞く際、下調べが大切なのは言うまでもありません。でも、取材相手に会う前には、それらの情報はすべて忘れて、頭の中を真っ白にしておくのです。取材相手がこんな人だというイメージを事前につくってしまうと、違っていたとき修正が利かないから危険なのです。


喜多洲山

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


白河桃子

最近、多くの企業で「働き方改革」が叫ばれていますが、どうも残業削減やIT活用による効率化の話ばかりになりがちです。働き方改革の本質はそこではなく、脱・昭和モデルという経営課題であり、経営者や働く人の価値観をどう変えるかが重要だと私は考えています。


出路雅明

ぼくは今、「企業理念」という言葉自体を使うのをやめようかと思っています。そもそも理念って何をするものなのか、よく分からない。ヒューマンフォーラムも企業理念を明文化していますが、文字で書いてあるより、「ヒューマンフォーラムはこうなったらいいよれ」と語ったほうが、よほど分かりやすいと思いませんか。


宇佐美進典

当社の主力事業である価格比較サイト「ECナビ」が一度伸び悩んだ時期があります。利益も赤字ギリギリのところまで落ちたのです。自分たちの考えているトレンドとマーケットのトレンドがズレているんじゃないかと気づきました。当時はWEB2.0という言葉がスタンダードになりはじめ、GREEやはてなといった私より年下の、次世代の経営者が台頭しつつありました。そこで、私たちが気にしなくてはいけないのは上ではなく下であると思うようになったのです。


藤野清治

2代目ながら、1.5代目の気概を持ってきたことが、旺盛な事業意欲の源なのかもしれません。挑戦と試行錯誤の連続でした。


ページの先頭へ