名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

楳図かずおの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

楳図かずおのプロフィール

楳図かずお、うめず・かずお。日本の漫画家、タレント、作詞家。和歌山県出身。高校在学中にプロ漫画家としてデビュー。恐怖漫画のジャンルで大きな業績を残す。代表作に『漂流教室』『まことちゃん』『わたしは真悟』など。少年漫画雑誌、少女漫画雑誌問わず作品を発表し、恐怖漫画以外にも幅広い作風で知られている。作品の多くがテレビドラマ、映画化された。小学館マンガ賞受賞。独特のキャラクターからタレントとしても活躍した。

楳図かずおの名言 一覧

30代の頃、月刊誌と週刊誌で3本ずつ連載を抱えていましたから、1日で1つの作品を仕上げなくてはなりませんでした。常識では、そんなペースで仕事を続けるなんて不可能ですが、それが可能だったのは、時間を「伸ばして」いたからです。頭の回転を限界まで上げて、時間の密度を高めるのです。


かつて描いた作品が最近映画になったり、いまの若い読者が読んでくれたりするのはとても嬉しいですね。それも30代の頃の自分がすべてを賭けて人間の本質に迫ろうとしたからだと思います。僕の作品に何か普遍的なものがあるとすれば、それはその気持ちが生み出したものにほかならないと思うのです。


直観力は人類が受け継いできた本能ですから、活かさないというのは大変もったいない。僕は、作品の骨組みも全部直感で決めていました。理屈、つまりリアリティは後回しです。直感で「あり得ないところ」にまず吹っ飛んで、それを現実にどう橋渡ししていくかに知恵を絞る。それが、何かをつくることだと思います。


30代は本当に忙しかったですね。漫画の知識やノウハウが身についてきて、もちろん身体も元気ですからフル回転。どんなに忙しくても仕事を引き受けていました。当時は、月刊誌と週刊誌で3本ずつ連載を抱えていましたから、1日で1つの作品を仕上げなくてはなりません。日に日に痩せ衰えて、「死ぬんじゃないか」と思ったほどです。でも心のどこかに、限界に挑戦したい気持ちがありました。


僕はこれまで、誰も描かないようなおどろおどろしい作品をたくさん描いてきました。でもそれは、怖い話をつくりたかったからではなく、「恐怖」という最も本質的な感情を通して人間を描きたかったからです。「美しい」という感情もそう。それらを抜きに、人間を描くことはできません。


楳図かずおの経歴・略歴

楳図かずお、うめず・かずお。日本の漫画家、タレント、作詞家。和歌山県出身。高校在学中にプロ漫画家としてデビュー。恐怖漫画のジャンルで大きな業績を残す。代表作に『漂流教室』『まことちゃん』『わたしは真悟』など。少年漫画雑誌、少女漫画雑誌問わず作品を発表し、恐怖漫画以外にも幅広い作風で知られている。作品の多くがテレビドラマ、映画化された。小学館マンガ賞受賞。独特のキャラクターからタレントとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

山添茂

未来など誰も予測できないけれども、これまでの延長線上のことをやっていては、生き残ることはできません。変化に打ち勝っていくには、若い社員が仕事に誇りと意欲を持ち、挑戦できる会社にしていかなければなりません。


田浦秀幸

「この方法を実践すれば誰でもできるようになる」ような、お手軽メソッドはない。まず現在の英語力がどのくらいあって、どのスキル(読む・聞く・話す・書く)をどのレベルにまで持っていきたいのか。万人に共通な勉強法があるのではなく、カスタムメードの勉強法が必要になる。現時点での英語力にバラつきが大きく、動機も目的も様々なビジネスパーソンの場合、特にそれが言える。


モンテスキュー

世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけて、利口に活動することだ。


富野由悠季

観客に迎合することは、観客を舐めていることではないか。


バートランド・ラッセル

恋愛のために出世をすべて犠牲にするのは、痛ましくも英雄的である場合もあるが、愚行であろう。だが、出世のために恋愛をすべて犠牲にすることも同じく愚行で、けっして英雄的ではない。


堤康次郎

儲けよう、儲けようと焦れば焦るほど失敗する。他人がいいぞと言ったり、上手く儲けた話を聞いて、あわてて手を付けると、もうその時は手遅れだ。いつまでも柳の下にドジョウがいるわけではない。


吉田羊

ポジティブに生きるには自分自身で決断することが大事。


西多昌規

修羅場に陥ってパニックになっている場合は、その場から離れて別の場所に身を移すことも効果的。例えば会議で緊張感が高まってみんながピリピリしているときには、トイレなどの理由をつけて一旦中座。場所を移すだけで空気が代わり、落ち着きを取り戻せます。


吉村英毅

多くの会社が、ベンチャーで立ち上がって、最初は勢いよく伸びても、どこかで成長が止まることが多いと思うんです。とにかく成長が止まらない会社を目指していきたい。


松尾利彦(経営者)

昨年は売り上げは減少しましたが、正直ほっとしています。これまで一本調子で伸びてきたので、コスト管理がおざなりになっていましたし、設備投資も一段落したので、いい機会だと思っています。今後は外注していたものを内製化することで収益を改善させていきます。


岩崎裕美子

会社の理念や製品誕生の背景など、ちゃんと説明していなかったと反省しました。自分たちは何度も説明したつもりだったのですが、伝わっていなければ意味が無いでしょう。何度もコミュニケーションを取ることが必要。


吉田忠雄

貯蓄も大事。貯蓄こそ人間が動物から区別されるポイントだとさえ思っています。これも人間の義務です。だってそうでしょう。天下の往来といえども、これは先祖の貯蓄からできている。学校も、病院もしかり。それを「宵越しの金は持たねえ」なんて輩は、結局搾取者ということになる。誰かのものを搾取しているわけですからね。一人前になったら、税金も払わねばならん、働きもせねばならん、そして一部を貯蓄して、自分の老後、あるいは後世の人に残していくのは義務なんです。