名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

楢原誠慈の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

楢原誠慈のプロフィール

楢原誠慈、ならはら・せいじ。日本の経営者。「東洋紡」社長。福岡県出身。東京大学法学部卒業後、九州電力を経て東洋紡に入社。グループ経営管理部長、税務経理部長、執行役員、財務部長、経営企画室長、グローバル推進本部長などを経て社長に就任。

楢原誠慈の名言 一覧

前に向かう時、一番しんどいのは、うまくいくかわからない時です。しかし、今はとにかく前に進まなければいけない時。


前向きに考えて、挑戦的な行動をして、5年先、10年先、15年先に、後輩に胸を張れる仕事をしようじゃないか。


単なる成長ではなく、従業員が働き甲斐があり、世の中に役に立つ、強い会社にしていくのが目的。


世の中のニーズに目を向けると、必要とされるものがたくさんある。


世の中の役に立ちながら、事業が成り立つ。今は、それが可能な時代に来ている。


東洋紡の事業は幅広いので、一言で説明すると「なんだかわからない会社」ですが(笑)、機関投資家の方や格付機関からは「収益源が分散しているのが東洋紡の強み」というように、ポジティブな評価もされています。


楢原誠慈の経歴・略歴

楢原誠慈、ならはら・せいじ。日本の経営者。「東洋紡」社長。福岡県出身。東京大学法学部卒業後、九州電力を経て東洋紡に入社。グループ経営管理部長、税務経理部長、執行役員、財務部長、経営企画室長、グローバル推進本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

渡辺滉

一芸に秀でた人材を活用したい。多少の欠点はあっても特定分野で有能な人間を引き上げたい。埋もれた人材は大勢いるはずです。


田崎真也(田崎眞也)

料理やサービスを提供する仕事とは、いってみればお客様に雇われた執事なのです。本来はデートをする際、男性がホストとしてテーブルを整えて料理を用意し、ベストなワインを選ぶことができればいいのですが、当然、それを自分でやることができる人間などほとんどいません。だから、料理のプロたちに執事の役目を委託しているのだと考えるとわかりやすいでしょう。


山本一力

2億円の負債を抱えたのは、映像制作事業で失敗した46歳のとき。勤め人では返済できない。さてどうしようと考えて、これはベストセラーを出して借金返済に充てるしかないと初めて小説を書き始めました。新人賞を取ったものの、そこから『あかね空』で直木賞を取って小説で食えるようになるまでの5年間は、本当に生活が苦しかった。でも、一度も死にたいと思わなかったし、絶望もしなかった。あの頃、俺を支える杖になってくれたのが、先輩から教わった「怖いものは食え」という言葉。蛇を怖がって逃げていると、どこまでも追いかけてくる。しかし蛇に向き合って食ってしまえば、目の前から恐怖は消えてなくなる。愚痴っても祈っても借金は減らない。そんな暇があったら一文字でも面白い小説を書いて「借金を食う」しかない。そう思って、編集者から何度ダメ出しを食らっても書き続けました。


石橋信夫

会いやすい人間とばかり会っている人間は進歩がない。緊張して肩が凝るような人のところに行かないと駄目だ。


プブリウス・シルス

常に人間は、自分に対してはあることを考え、他人に対しては他のことを考える。人間は他人を判断するのとは異なったように自分を判断する。


中村獅童(二代目)

今回手がけた「あらしのよるに」も、古来歌舞伎に登場してきた狐の「型」という表現法があったからこそ、その表現をオオカミやヤギに変化させるという発想が得られた。歴史に支えられ、守られているという想いが常にあるからこそ、伸び伸びと新たな発想を抱くことができる。


五代友厚

地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ。


水木しげる

私は得な性分で、つらかったことは忘れ、楽しかったことだけを覚えている。


青木理(ジャーナリスト)

偏った思想や意見のみならず、できるだけ幅広く、異論反論まで書かれた本を読むことが大切。私たちジャーナリストも最初は「この事件やこの人物はこうじゃないか?」という先入観というか、仮説を立ててから取材を始める。ただ先輩ジャーナリストの故・斉藤茂男さんの言葉に「取材をして仮説の通りの事実にしかたどり着けなかったら取材が足りない」というのがある。自分の都合のいい情報だけ集めても真実にはたどり着けない、ということなんです。同じことは読書にもあてはまると思います。ネットなどの偏った情報だけを集めやすい場ではなお危険、ともいえますよね。


二宮尊徳(二宮金次郎)

万事はどうなるかという先を見通して、前もって決めておくことが肝心だ。人は生まれると必ず死ぬべきものである。死ぬべきものだということを前に思い定めてかかれば、生きているだけ日々もうけものだ。これが、わが道の悟りである。


藤井美英

特定領域で世界一を目指し、社会や産業界の中で常に頼られる存在になることが大切。


高田明(ジャパネットたかた)

私たちにとって最大の課題は、お客さんの人生に商品がどのように役立つか、具体的に考えることです。商品だけを見ている人は、商品しか語れません。私は、商品がお客さんの人生にどうかかわれるのかをいつも重視しています。この商品の購入が夫婦の会話が増えるきっかけになるのではないか。そういったことを常に考えています。