名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

楠めぐみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

楠めぐみのプロフィール

楠めぐみ、くすのき・めぐみ。日本の社会起業家。NPO法人「NAGOMI VISIT」代表理事。埼玉県出身。立教大学観光学部卒業後、ジャパンガイドを経てNAGOMI VISITを設立。

楠めぐみの名言 一覧

「同じ釜の飯を食う」とはよく言ったもので、たった数時間でも、食卓を囲めば心が通い合うんです。


最初は前職を辞めた時期に、「ちょっとやってみた」という感じでした。知人の家庭にホストになってもらい、一方でご縁のあった旅行社にゲストを紹介してもらって、試験的に4組のホームビジットをセットしたんです。ゲスト側は大喜びでしたが、気がかりだったのはホスト側の反応。実施後にヒアリングしたところ、意外にも「視野が広がった」とか「外国に対する見方が変わった」など、人間的な成長につながったとの声をいただけたんです。実は私が「ホームビジット」に込めた期待もそこにあったので、これを自分の事業にしたいと思うようになりました。


ビジョンとしては文化の異なる国の人同士が相手の立場に立って接することのできる社会を作ることを掲げています。でも声高に訴えるつもりもありません。それよりも偶然旅先で知り合ったような、自然な出会い体験をたくさん作っていきたい。


楠めぐみの経歴・略歴

楠めぐみ、くすのき・めぐみ。日本の社会起業家。NPO法人「NAGOMI VISIT」代表理事。埼玉県出身。立教大学観光学部卒業後、ジャパンガイドを経てNAGOMI VISITを設立。

他の記事も読んでみる

池田義博

知識や考え方はインプットしただけでは自由に引き出せない。仕事や試験でフル活用したいなら言葉に変換したうえでのアウトプットが欠かせない。


石井淳蔵

対象に棲み込む(対象と深い深度で交流する)経験を積むことは、人がその人生を生きていくうえで大事なこ とだと思う。同時に、企業が生きていくうえでも大事な経験だと思う。


関幸彦(経営者)

一体感が生まれたのは、やはりグループ全体の活動の原点に経営理念があり、普段から「何のために仕事をしているのか」ということが追求されていたからです。そう考えると、現場のリーダーである私の役割というのは、突発的な修羅場にあっても経営理念を忘れることなく、関係者全員の秘めた使命感のスイッチを思い切り入れ直すことだったのではないかと思います。


旗持玲子

私は「人間力」とは、「人の役に立てる力」だと考えています。今までに養ってきた知識、技術、経験、考え方、人柄……それらすべてを使って人の役に立つ力。それが「人間力」です。逆に言えば、人の役に立たない知識や技術や考え方は「人間力」とは無縁のものでしょう。ですから「人間力」とは、単に知識でも考え方でもコミュニケーション能力でもなく、「総合的な力」でもあると思います。


石川善樹

複数のコミュニティに重心を分散させるというのが、一番確かな「つながり」のつくり方。


菊池廉也

これからの時代に、イノベーションを生み出す人材に必要とされる専門分野は科学、テクノロジー、工学、数学。こうした分野に関連する学校の科目は、世界中のどこの国でも、子供たちにとって難しく、ストレスを感じながら学ぶものです。そこで、プログラミングしたコンピュータと組み合わせて、思いどおりに動くロボット作りを通して、楽しみながら学べるようにと考られているのが、当社が使っているカリキュラムです。


柴田励司

スキマ時間の活用が大事だとよくいわれます。では、具体的にどうすれば活用できるのか。大事なのは意識を変えることです。私の場合は、まず、15分を意識することから始めました。「15分しかない」ではなく、「15分もある」と考える。すると、この15分を使ってできることがみえてきます。15分に慣れたら、次は10分とか5分を意識する。いまの私は5分を意識していますね。「5分もある」と考えると、自然に5分のスキマ時間でメールを2通書けるようになる。それが積み重なれば、勉強の時間も確保できるようになります。


アルバート・アインシュタイン

心はときとして知識を超えた高みに上がることがありますが、どうしてそこに達したのかを証明することはできません。すべてに偉大な発見は、そのような飛躍を経たものです。


ロバート・キヨサキ

多くの夫婦が経済的な困難に遭遇して苦しむのは、そもそも「自分たちがお金に困ることなんてあるはずがない」と信じ込んでいるからだ。経済的につらい時期は、どんな夫婦にもやってくると覚悟することだ。人生は長い旅路だ。


中野貴志(経営者)

創業者の急逝を受けて社長に就任しました。当時のメンバーである20数名の社員を引き受けること、同時に事業展開を進めることを課され、会社の仕組みを知るところから始めました。自社の人事制度なども詳しく知らないような中で、会社の方向性、将来像、資金調達のアプローチなど、従業員とシェアして行かねばなりませんでしたから、最初の一年間は死に物狂いで経営の勉強をしました。


南場智子

さまざまな困難に逃げずに正面からしっかりと向き合っていく、乗り越えることに全力を尽くすということに意味がある。


小日向文世

最近、つくづく僕は感じるんだけど、好きな芝居を続けられて仕事が増えて、世間の人に知ってもらえたことは、ラッキーだなあと思いますね。よく撮影現場で小劇場の出身の俳優達と話すけど、みんな「いま第一線でやれてるのはたまたま運が良かったからだよなあ」って感じてるもん。だって、ほかにも一生懸命やってるけど、バイトをしながらの役者は一杯いますからね。俺達は誰かに声をかけられたり、出演作が注目されたりして、それ以降うまく転がり始めた。その何かのきっかけがなければ、いまでもバイトをしながら芝居をやっていたかもしれないと思ってますよ。