名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

植西聰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植西聰のプロフィール

植西聰、うえにし・あきら。日本の著述家、産業カウンセラー。東京出身。学習院大学卒業後、資生堂に入社。同社を退職し独立。心理学、東洋思想、ニューソートなどの研究を行い、著述活動を開始。著書に『「いいこと」がいっぱい起こる! ブッダの言葉』『折れない心をつくるたった1つの習慣』『ほんとうの自分を知る心理クイズ』『恋の成功法則』ほか。

植西聰の名言 一覧

嫌なことにずっとこだわり続けるのか、発想を転換して自分の受け取り方を変えてしまうのか。相手や対象を変えるより、自分を変える方がはるかに簡単。


人から何かをもらう「テイク」ばかりを考えると、得られないときに不満がつのる。相手に何かをしてあげる「ギブ」を基準に行動すれば、自然と心がうるおい、折れない心が育つ。


プラスの出来事を思い出してから眠ると、「ポジティブ感情」が潜在意識にインプットされ、ネガティブ感情のダメージを最小限に食い止められる。


何か人の役に立つことをすることをお勧めします。ボランティア活動に勤しむのもいいですし、家族や友人の手助けをするだけでも十分です。人に「ありがとう」といわれる回数を増やすよう、意識してみましょう。感謝されることは、強い自己肯定感をもたらします。「頑張って当たり前」の仕事の世界では、その機会は多くはありません。そんななかでの「ありがとう」は、大きな癒しとなります。


悩んだときには、友達に相談する代わりに、ノートなどに悩みを書き出すことで外に出すという方法も役に立ちます。このときは、たんに「苦しい、つらい」と書き連ねるのではなく、起こった事実と現在の心理状態をリポートする気持ちで書きましょう。「自分はいま、悲しいと感じている」「悔しさも感じている。その理由は……」と、自分を客観的、俯瞰的に見つめながら書くことです。「過去の成功体験を書き出す」のもいい方法です。「あのプロジェクトではチームの信頼を得られた」「あのときは上司に褒められた」など、よかった出来事を列挙することが、自信を取り戻すきっかけになります。


本当はもう自力で立ち直れるのに、甘え続けるのは禁物。悩みを聞いて受け止める作業は労力を要することであり、相手にとって大きな負担になる、ということを覚えておきましょう。そして、最終的に答えを出し、立ち直る力は、いつも「自分のなか」にあることを忘れないようにしたいものです。


落ち込んでいるときに悩みを人に話す際は、「ただ聞いてくれるだけでいいから」と、事前に相手にいっておくことも大切です。なぜなら、相手が「それなら、こうすれば?」などと意見やアドバイスをしてきたとき、それが親切心から出たものであっても、責められているかのように感じる可能性があるからです。ただあなたの話を傾聴し、共感を寄せてくれる相手に、安心して話せる環境をつくりましょう。


落ち込んだときは心のなかの暗い気持ちを外に出すことが有効です。つまり、信頼できる友人などに話すことです。どんな出来事があったのか、そのときどう感じたのか、何にショックを感じているのかを言葉に出すと、アウトラインが明確になります。一人で抱え込んでいる間はみえなかった要素が、話すことでしっかりと把握でき、気持ちが楽になります。「じつは大したことではないとわかった」「今後の対策がみえてきた」などの気づきも得られるでしょう。


落ち込んだときは落ち込むところまで落ち込むという方法が有効です。部屋に閉じこもって泣いたり、悲しい歌を聴いたり、自分の惨めな姿をイメージしたりと、徹底的に悲しい気分に浸り切るのです。これ以上落ち込めないところまで落ち込めば、あとは浮上するだけ。負の感情は自然と小さくなり、気持ちがすっきりとしてきます。ただし、この方法は、平日に行なうと仕事に支障が出るので要注意。週末などのまとまった時間を利用して行なうことをお勧めします。「週末に思い切り泣こう」と決めておけば、それまでの数日間を頑張る気力も出てくるでしょう。


無理に元気に振る舞おうとしたら、ますます苦しい気持ちになった、という経験はありませんか?それは人の心の構造からみて当然の結果です。Aについて考えようとすれば、当然、Aが頭に浮かぶでしょう。ところが、Aのことを忘れようとしても、やはりAが脳裏に浮かんでしまうのです。まずは、落ち込んでいる自分を素直に認め、無理に立ち直ろうとしないことを基本姿勢としましょう。


思わぬミス、業績の低下、チ-ム内の不協和音……。思わず気持ちが落ち込んでしまうようなシビアな出来事が、ビジネスシーンではしばしば起こります。それでもすばやく気持ちを切り替えて業務に戻れるならよいのですが、ダメージが強いとなかなか立ち直れず、暗い気分を引きずることになります。ときには、その気分がどんどん増幅することもあります。「いつまでも立ち直れない自分は弱い人間だ」などと自分を責め、そのせいでますます落ち込む「負のスパイラル」に入り込んでしまうのです。このスパイラルから抜け出すには、まず、「落ち込む自分」を否定しないことです。


会社などの組織で働く人は、どうしても組織の都合に振り回される。仕事の業績を他人と比べられたり、時には理不尽な要求をされることも。心が折れてしまいやすい状況が多い。折れない心をつくるには周囲の人にも自分にも、完璧を求めないことが大切。


仕事の覚えが遅い部下に完璧を求めるとイライラしますが、80点で良いと思えばそれなりに許せる。上司にも8割がたわかってもらえれば良いと考える。自分自身にも、足りない部分を責めるだけではなく、出来ている部分を見て褒めてあげる。心の健康を保つには、「足るを知る」という精神が大切。


イライラしてしたり、カッとなったときは、心理学で言うリフレーミングをするといい。リフレーミングとは思考や発想の枠組みを変えること。たとえば、私はサラリーマン時代、上司に荷物運びを命じられ腹が立ったことがあります。でも、当時私は筋トレなどをやっていて、「ちょうどいいエクササイズだ」と考えた。するとつまらない仕事が楽しくなりました。ようは発想が柔軟で、どれだけ自由であるかということ。


植西聰の経歴・略歴

植西聰、うえにし・あきら。日本の著述家、産業カウンセラー。東京出身。学習院大学卒業後、資生堂に入社。同社を退職し独立。心理学、東洋思想、ニューソートなどの研究を行い、著述活動を開始。著書に『「いいこと」がいっぱい起こる! ブッダの言葉』『折れない心をつくるたった1つの習慣』『ほんとうの自分を知る心理クイズ』『恋の成功法則』ほか。

他の記事も読んでみる

三浦知良

(食事について)意識し始めたのは35歳過ぎてからです。それまではしっちゃかめっちゃか。いまでもそういうときはあります。試合まで時間が空くときは脂っこいものも食べるし、みんながいうほどストイックじゃないですよ。人間ね、なんで仕事するかといったら遊ぶためだし、楽しむためでしょう。いい仕事をするためには思いっきり遊ばないと。


柏木英一

当行はモバイルに最適化したインターネット銀行としてお客様それぞれの「じぶん仕様」で使っていただくほどにどんどんお客様のお役に立てる存在になりたいと考えております。また、お客様の手のひらの中にあるじぶんの銀行として、最も身近な銀行を目指しております。


清水克彦(報道キャスター)

仕事以外にも、新しい世界に触れる場はたくさんあります。私の場合はジムに通っていますが、常連同士が仲良くなって飲みに行ったり、駅伝チームを作って大会に出たりしています。職種も業界も異なる人たちが、そうしてつながることも珍しくないのです。


五木寛之

日本には世界に誇るべき思想がふたつあります。ひとつはSyncretism(シンクレティズム)、神仏混淆という考え方です。仏壇と神棚が同居していても争いにならない。一神教同士の原理主義的な宗教対立が先鋭化して世界の発展を阻害している時代だからこそ、共存思想が輝きを放つのです。もうひとつが、Animism(アニミズム)、山にも川にも、一木一草にも精霊や神が宿るという考え方です。今日の環境問題の根底には西欧的な人間中心主義があります。人間も地球の一員という発想は、アニミズムの根からしか生まれてきません。


鈴木敏文

石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。セブンイレブンの平均日販の高さは、基礎からの積み上げと未来を起点にした発想の産物にほかならないということです。


柏原純一(経営者)

今後ますます成長が予想されるメディカル・ヘルスケアサービスならびにデータヘルス関連領域では、個人の様々なデータを活用した新しいサービスの提案やコンサルティングが求められており、そのようなニーズに迅速に応え事業を発展させるために、(コールセンター事業の)分社化を決断しました。


大島武(学者)

根回しをするときには、事前に影響力のある上司に「今度の会議で発表するプランについて、事前に内容を見ていただけないでしょうか」と添削を依頼するのも効果的です。この時点で内容は完璧でなくていい。むしろ、上司に手を加えてもらうことを目的にしてください。上司が「ここがわかりづらいな」と指摘したら、「ありがとうございます! すぐに直します!」。自分が手を加えたそのプランに対して、思い入れも深くなっているはず。もし、会議で劣勢になったとしても、援護射撃などその提案の後押しをしてくれるでしょう。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格試験の勉強ではテキストよりも問題集を中心に勉強しています。私が問題集をテキストがわりに使っているのは、問題を解くためではなく問題と解説を読んで知識をインプットするため。ですから問題集を選ぶ際も、各問の問題と解説が読み進めやすい構成になっているかどうかを重視しますね。


吉田昌生

呼吸法では呼吸をコントロールしますが、マインドフルネス瞑想では、呼吸をコントロールしません。マインドフルネスでは、「呼吸の質」ではなく、「注意の質」を大切にします。息を吸ってお腹が膨らむときには、その膨らむ感覚に気づき、息を吐いてお腹が縮んでいるときには、その縮んでいる感覚に気づくようにします。瞬間瞬間の呼吸の感覚に意識を向け続けることで、「注意力」が養われ、集中力が持続するようになります。


田村潤

数字が悪くなると、会社というのは会議が多くなります。「どうにかならないのか」と本社やトップから催促されるからです。そして「こういう理由で今は業績が悪い。しかし、来月からは頑張ります!」といった具合に、対策という名の「言い訳」を用意するのです。さらに問題なのは、そんな言い訳会議で忙しくて、現場に出る機会が減ること。現場に行かずに数字が上がるはずがありません。


モンテスキュー

少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


赤井益久

本学では毎年10月に渋谷区長を招き、学生が渋谷川再開発などのアイデアをプレゼンしています。その中で何が社会に求められるのか、どんな発表が響くのかを学生は学んでいく。社会との接点を作り、発信する方法を身につけることが大切です。教育の大きな目標は不変ですが、手法は常に変わるもの。それをうまく調整するのが我々の役目なのです。