名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

植西剛士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植西剛士のプロフィール

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

植西剛士の名言 一覧

大事なのは個人プレーではなく「チームワーク」。


何事もやり過ぎは禁物。無理のない範囲で今後も続けていきたい。


新卒から一貫して不動産業に従事し、様々な経験を積みました。独立するまでの間で学んだのは、顧客を大切にすること、社員に嘘をつかないこと、誠実に目の前の仕事に取り組むことです。


社員を採用する際には徹底的に「いいヤツ」にこだわって採用しています。チャンスを見つければどんどん頑張ることができる会社です。


私の健康法は、先輩経営者の紹介で始めたパーソナルトレーナーによるトレーニングです。以前からジムには通っていましたが、本格的に取り組もうと考えて始めました。やはり身体は放っておけば、年齢とともに弱っていくものだと思います。しかし、身体を鍛えているとフットワークも軽くなりますし、体力も維持できます。


植西剛士の経歴・略歴

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

他の記事も読んでみる

石田淳(コンサルタント)

気持ちに頼って仕事量を増やそうとする考え方は、行動科学の観点から考えるとよくない。


鈴木貴博(コンサルタント)

重要なことは、「どういうメカニズムになっているのか?」「どういう前提条件になっているのか?」と考えることです。


四ツ柳茂樹

行政の融資、助成金制度を活用すれば、少ない元手での起業が可能です。日本政策金融公庫は公的な金融機関なので、民間の金融機関と比べ、創業時にも借りやすい。また、各自治体が行なっている制度融資を利用すれば、民間の金融機関から借りたお金の利子の一部を援助してくれます。


河森正治

(マクロスが)まさかこんなに長く続けることになるとは思っていませんでしたね。企画を考え始めたのが大学2年、20歳のころですから、もう30年以上……。もはやライフワークと言っても良いかもしれません。35年前に「超時空要塞マクロス」を作っていたころは新しいことやオリジナリティにこだわりまくっていて、同じメディアでは作らないと決めて劇場版やオリジナルビデオとして作品を展開していました。10年経ち意識も変わってきてOVA「マクロスプラス」とTVシリーズ「マクロス7」を同時に作ったころから、いまのように次々と新作をつくる流れになりました。いまは、ひとつの世界観をベースに、制作する時代に合わせて映像表現のスタイルを変えていくシリーズになっています。


重村博文

社員が、現場でより明るく仕事ができるようにしていきたい。それが私の使命。


稲盛和夫

よほどのことがないかぎり、部下として筋を通して一生懸命接していけば、上司もわかってくれる。


重田敦史

「明るく働きがいのある職場づくり」は、当たり前のようでいて、なかなか実現は難しいものです。そのために、部長をはじめとした管理職に仕事はできる限りボトムアップで進めさせ、その過程で部下をほめまくるように伝えてあります。そうすることで職場がオープンでリベラルな雰囲気に変わっていきますし、それがまた、人材育成にも有効な手段となります。


竹内洋岳

「そんなものはないだろう」と想像をやめたらそこでストップしてしまう。


川崎正己

どのオーナーも共通の目標を持てなければ納得してくれません。一緒に上場会社をつくりましょう。顧客に一番近いところにいる社員全員が誇りをもって働ける会社にしたい。全国を回り、酒を酌み交わし、語り合いました。
【覚書き|キヤノンからキヤノン販売に移ったとき、子会社のキヤノンコピア販売(のちのキヤノンシステムアンドサポート)立て直しを行ったときを振返っての発言。オーナーとはキヤノンコピア傘下の地域販売会社のオーナーのこと】


樋口武男

気に入らない異動だからといって、淡々と仕事をしていたのでは将来の展望は拓けない。置かれた場所で頑張るしかない。


大塚寿

考えすぎず、10分でもいいので、とにかく手をつけること。始めさえすれば、いつかは必ず終わる。


松本晃(経営者)

「情報収集したり、知識を蓄えたりすること」と「頭で考えること」。2つのバランスが大事。1日の予定をやりくりして、「考える時間」を積極的に捻出することをお勧めします。ビジネスパーソンとして成長できますから。