名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

植西剛士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植西剛士のプロフィール

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

植西剛士の名言 一覧

大事なのは個人プレーではなく「チームワーク」。


何事もやり過ぎは禁物。無理のない範囲で今後も続けていきたい。


新卒から一貫して不動産業に従事し、様々な経験を積みました。独立するまでの間で学んだのは、顧客を大切にすること、社員に嘘をつかないこと、誠実に目の前の仕事に取り組むことです。


社員を採用する際には徹底的に「いいヤツ」にこだわって採用しています。チャンスを見つければどんどん頑張ることができる会社です。


私の健康法は、先輩経営者の紹介で始めたパーソナルトレーナーによるトレーニングです。以前からジムには通っていましたが、本格的に取り組もうと考えて始めました。やはり身体は放っておけば、年齢とともに弱っていくものだと思います。しかし、身体を鍛えているとフットワークも軽くなりますし、体力も維持できます。


植西剛士の経歴・略歴

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

「言葉と行動を一致させること」が、権威や影響力を持つ地位にある人には特に重要だと、様々な研究で明らかになっています。リーダーの言っていることとやっていることが違ったら、「心理的契約」への違反行為と見なされるのです。


新浪剛史

現在のローソンは健全な議論が生まれない固い土のようなもの。よく耕された土が無ければ、よい作物(商品)は育たない。私の最初の仕事はこの土に鍬(くわ)を入れること。
【覚書き|ローソン社長就任時の発言】


臼井由妃

腰の重い社員もいますから、納期の中間地点に達しても、ほとんどできていないということもままあります。そのときには、叱るのではなくできない理由を解きほぐして、ゴールまで伴走するように心がけます。できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることもあります。


神谷一雄

人間が生きる上で大事なことは「活動」すること。そして「活躍」する、「活発」にものごとを行っていくこと。そうすることで、ものごとは自然に良い方向に向かっていく。


海老一宏

職が決まらないのは、作戦のまずさが原因です。活動にまずは3か月、それでもダメなら半年という具合に区切りを設けるといいでしょう。節目ごとに作戦を見直すことが大切です。


いっこく堂

7年くらい前に、技術を囲っていると自分が伸びないと感じました。だったら手放そう、技術を公開していこうと。僕と同じようにできる人が出てきたら、追いつかれないようにもっと上を目指すだろうし、自分を甘やかさず、とことん追い込むことができるはず。そう決めてからまた、初心に戻って頑張れるようになりました。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

いかなる自然も芸術に劣らず。芸術の仕事は、すべて自然の物事を真似ることなり。


寺田和正

敏感な人は、ビジネスにおける判断も鋭い。たとえば、あるブランドが百貨店やファッションビルに新しい店舗を出店しようとする場合、敏感な人は提示された場所のよし悪しを自分で判断しようとすると思うのです。逆に鈍感な人は、「ここが一番よい場所なんです」といわれたら、それから先、考えを止めてしまうのではないでしょうか。適切な判断ができないということは、ビジネスチャンスを逃してしまうことでもありますよね。


小山昇

幹部社員にタクシー内で報告させるのはキャバクラと同じ理屈です。キャバクラで女の子がお客の隣に座るのは、面と向かわないほうが話しやすいから。社長との面談も同じで、机を挟んで向かい合うと社員か緊張してしまい、いい報告ができない。その点、タクシーはいい。二人で前を向いて座れるから、話も自然に前向きになる。


太田彩子

多くの営業が苦戦を強いられているなかでも、好成績を上げている営業も数多くいます。そんな彼らに共通して見られる特徴は、キャンセルが出てもすぐに代替案を出せる柔軟性、そしてお客様と協力し合って新たなアイデアを出そうとする伴走型の営業スタイルです。「一緒に頑張ろう」という姿勢を持つ営業が、強さを発揮しています。


宇佐美里香

個性は出そうとして出せるものではありません。先生に教わった動きを何度も繰り返しやって、自分の体にしみ込ませる。そうすると、その動きは先生のコピーではなく自分の技になり、形に気持ちをのせて動けるようになります。毎日毎日同じひとつの動作を練習して、自分のものにしたとき、それはその選手だけの魅力になるのだと思います。


吉村英毅

私は本が昔から好きで、いろいろな経営者の本を読みますが、やはり成功された経営者の方は基本的に尊敬しています。いろいろな経営の形はありますが、やはりすごいなと。