植西剛士の名言

植西剛士のプロフィール

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

植西剛士の名言 一覧

大事なのは個人プレーではなく「チームワーク」。


何事もやり過ぎは禁物。無理のない範囲で今後も続けていきたい。


新卒から一貫して不動産業に従事し、様々な経験を積みました。独立するまでの間で学んだのは、顧客を大切にすること、社員に嘘をつかないこと、誠実に目の前の仕事に取り組むことです。


社員を採用する際には徹底的に「いいヤツ」にこだわって採用しています。チャンスを見つければどんどん頑張ることができる会社です。


私の健康法は、先輩経営者の紹介で始めたパーソナルトレーナーによるトレーニングです。以前からジムには通っていましたが、本格的に取り組もうと考えて始めました。やはり身体は放っておけば、年齢とともに弱っていくものだと思います。しかし、身体を鍛えているとフットワークも軽くなりますし、体力も維持できます。


植西剛士の経歴・略歴

植西剛士、うえにし・たけし。日本の経営者。「HEARTSグループ」社長CEO(最高経営責任者)。京都府出身。立命館大学国際関係学部卒業後、上場大手総合不動産会社、中堅仲介会社、ベンチャー不動産賃貸会社などを経て独立。

他の記事も読んでみる

名越康文

私たちはなぜ、心から欲しているわけでもないものに多くの時間を使うのでしょう?それは心に不安があるからです。人は気持ちが不安定になると、それを紛らわすために強い刺激を求める傾向にあります。逆にいうと、刺激がない状況を人は怖がり、不安に思う傾向があるのです。


平井伯昌

自分を管理するためには徹底した厳しさが必要になる。そのためには自分に言い訳をしない責任感が大切だ。(北島)康介は、どんな時も、責任の所在は自分にあると考えられるからこそ、自らを管理してコントロールできた。


佐治敬三

スコッチはスコッチの道を行け、サントリーはまた我が道をゆくであろう。
【覚書き|上記の発言はスコットランド訪問時にスコッチとは別の進化を遂げたウィスキーを作りたいという思いをつづった言葉。その後サントリーはあっさりとした飲み口の香り高い日本人の舌にあったウィスキーを開発していった】


高萩昭範(髙萩昭範)

最初にあったのは、良いモノを作って世の中に広めたいという強い気持ち。その実現のために、ベンチャーを興す道が最善と考えました。


ジム・ロジャーズ

バブルはいつも同じサイクルをたどる。相場が安い時は、割安をねらって一部の人が買いにくる。相場が上がり始めると、ファンダメンタル的に良いとかチャート的に良いとかいってさらに多くの人が買いにくる。次の段階になると、上がるから買うということになる。そして最後に魔法の段階に到達する。人々はヒステリーのように買いたがる。相場は永遠に上がり続けると思うからだ。


福沢諭吉

教育家の配慮がどんなに行き届いても、生まれ付きの愚者を知者に変えることはできないのはもちろん、どんなに勉強を勧めても、天賦の能力にない学問や技能を身に付けさせることは、望んでも到底無理である。それぞれの人の遺伝がどういうものであるかを十分観察して、その人の到達可能なところの限界にまで到達させ、その後に大切なことは、これまでの成果を荒らして薪のような人物にしないように、よく注意することである。


正垣泰彦

世の中ってどんどん変わっていくんですよ。変化することが大事なんです。放射能の問題も変化するきっかけだと捉えています。農業はもちろん、畜産も漁業も絶対、これを機にいままでのやり方から進化すべきですよね。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

道に従ってはならない。道なきところを行き、足跡を残せ。


ココ・シャネル

エレガンスとは青春期を抜け出したばかりの人間が持つ特権ではありません。それは、すでに将来を手に入れた人間が持つ特権なのです。


村口和孝

事業活動の生産性の要は、役職員の日々の働きである。同じ人が倍働けば倍の生産性だが、やる気を失せれば十分の一にもなる。


姫野友美

女性の部下には褒めることも大事ですが、上司となると話は別。女性の上司には徹底的なサポートをしたほうが信頼を勝ち得る。


出口治明

教養は仕事に圧倒的に効く。グローバル企業の経営者と少し話をするだけでも、彼らの、人生や社会に対する深い洞察に気づかされます。教養のない人にはちゃんとした仕事はできない。私は心からそう感じる。


野部剛

セールスポイントを言う際、数字は重要な根拠になります。それもおおよその値ではなく、端数までしっかり伝えることが不可欠。自社の実績にしっかり目を通し、数字を暗記しておくとよいでしょう。


横山信弘

本当に必要な会議とは、PDCAサイクルの「A」、つまり改善について話し合うことです。計画(P)に対して社員それぞれが実行した仕事(D)を、資料を通じて検証(C)してから、具体的にどう改善すべきか(A)を議論することが本来の目的なのです。そのためには、まず会議の目的を一つに絞ること。その目的を果たすことだけに集中し、他は議論しません。出席者も議題に関係ある人だけに絞り込みます。中身のある議論をしたいなら、人数は5人が限度でしょう。また、資料は前日までに配付し、考えをまとめてもらったうえで会議に臨みます。すると会議における時間を短縮できるだけでなく、本当に議論すべき議題に集中することができるのです。


中村友哉(経営者)

小型衛星50機を飛ばし、1日1回地球上の全陸地の約半分を撮影する地球観測網を構築する。衛星そのものを我々が持ち、リスクも我々が引き受ける。お客様は衛星を持たずにデータだけを使える形にすることで、幅広い顧客にアプローチできるようにする。


ページの先頭へ