名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

植竹伸二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植竹伸二のプロフィール

植竹伸二、うえたけ・しんじ。日本の経営者。「豊ハイテック」社長。広島県出身。広島大学工学部大学院修了後、豊田工機(のちのジェイテクト)に入社。執行役員、常務などを経て豊ハイテック社長。

植竹伸二の名言 一覧

「たぶん」「だろう」「思います」はやめよう。


自らの専門分野以外のセミナーなどにも積極的に参加し、見聞を広めてほしい。そのためのバックアップもしています。


毎月1回、主要事業の部門長と酒席で懇談会を開いています。裃(かみしも)を外した打ち解けた雰囲気の中で、部門間の垣根を取り払った情報共有が出来、相乗効果を生むような新しい力学が働いています。やがて部門横断的な新しい事業も生まれてくることでしょう。


前向きに物事に取り組み、積極的に発言のできるエンジニアには、中途入社であっても門戸を開放しています。長い歴史に裏打ちされた、どこに出ても恥ずかしくない技術力と総合力が自慢の当社で是非力を発揮してほしい。


植竹伸二の経歴・略歴

植竹伸二、うえたけ・しんじ。日本の経営者。「豊ハイテック」社長。広島県出身。広島大学工学部大学院修了後、豊田工機(のちのジェイテクト)に入社。執行役員、常務などを経て豊ハイテック社長。

他の記事も読んでみる

中野克彦(経営者)

これからの会社はMOT(技術経営、技術版のMBA)ですよ。技術経営ができなければ駄目です。したがって、研究所を変えたいと思いました。当時、うちの研究所はブラックボックスでした。技術の総帥が「研究のことは俺に任せておけ」というから、みんな任せるけど、一向にいいものが出てこないわけです。だから私は、社長に就任してから十年間、毎月、川崎の研究所にヒアリングに通い続けた。


河瀬誠(コンサルタント)

論点とは議論の単位のことで、議論全体を論点ごとに整理していくと、問題の全体像が見えてくる。ここから解決すべき優先度の高い論点を見つけ出そう。


平井一夫

判断がブレると、失敗につながりやすい。自分がノーだと思っていても、周囲に流されイエスと言った時ほど、後で問題が大きくなっていく。周囲がどう言おうが、自分が正しいと思ったことを貫く。一貫性を重視しています。


大串亜由美

頼み事が突然舞い込んできた場合、即答する必要はありません。深く考えずに反射神経で対応してしまうと、言わなくてもいいことを口走ったり、伝えなくてはいけないことを言いそびれたりする原因になります。できもしないのに、相手に遠慮して仕事を引き受けてしまうと「なんでおれがやらなきゃいけないんだ」とイライラが募り、感情を爆発させてしまうことにもなりかねません。待ってほしいなら「待ってほしい」、困っているなら「困っている」と素直に状況を伝えることです。


澤田道隆

花王の業績は全体ではまずまずです。しかし個別の事業で見ると、まだまだ課題があるため、組織を再編しました。これまで洗剤や化粧品は大きく4つの事業ユニットに束ねていましたが、売り上げ規模や製品グループに合わせ10事業部に作り変えました。大きなくくりだと、たとえば紙おむつが好調で、その事業ユニットの業績がすごくいいように見えても、実はそれ以外にうまくいっていない事業があった。だから全部ばらして、もっと個別に責任を持たせようという狙いです。事業部のリーダーには40代の若い人を積極的に抜擢しています。組織としては、階層を重ねず、自分たちが抱えているものは、自分たちの責任でやれ、ということです。


柳井正

自分のやっていることが間違っているのではないかと、いつも考えるべきです。経営、店舗、商品、人事などについて日頃から根本的に否定していくことです。ずっと自己肯定が続くと、時代とズレていき、ある日、気づいたら手遅れだったということになりかねない。昨年売れた商品が、今年も売れるという保証はない。もちろん、経営の本質的な部分は通用しますが、表面的な方法は変えなければなりません。


長谷川滋利

お礼を言う瞬間は、相手と親密な関係を築くチャンス。


是枝伸彦

ここ数年、ビジネスモデルを変えようということで徐々にソフトを売る会社からソリューションの会社にシフトしてきました。


小林昇太郎(コンサルタント)

いまの職場や仕事に対する自分の情熱をはかる要素として、「怒りをもって仕事をしているか(現状に満足していない)」、「私生活が充実しているか(仕事が順調なときは、私生活もうまくいっている)」などがあげられる。


沢木まひろ

「今」はこの瞬間から過去になっていく。それをできるだけいいものにしていくために、私たちは頑張って今を生きているのかもしれない。


野中正人

新年会と社員旅行も重要な行事です。新年会・社員旅行には全社員の90%以上が参加します。費用は会社持ちで、参加は任意。主婦業と両立している社員にとっては、気兼ねなく出かけられるいい機会になっていると思います。ただし、いずれも食事がまずいと参加者が減ります。女性の目はシビアです。総務部は社員の心をつかもうと、毎回必死になって企画を練っています。


三木谷浩史

僕は会議の時間をもっと有意義に使いたいと考えた。会議の大半は、要するに説明の時間なのだ。これを短縮すればいいと考えたのだ。そこで楽天では会議の資料を、前日の夕方5時までにすべて提出することにした。実際の会議では、前の晩に資料を読んでいるから説明の時間は必要ない。楽天方式なら資料を読んだ際の不明点だけ、ここだけちょっと説明してくださいで済むから、1時間の会議が10分くらいで終わる。