名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

植竹伸二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植竹伸二のプロフィール

植竹伸二、うえたけ・しんじ。日本の経営者。「豊ハイテック」社長。広島県出身。広島大学工学部大学院修了後、豊田工機(のちのジェイテクト)に入社。執行役員、常務などを経て豊ハイテック社長。

植竹伸二の名言 一覧

「たぶん」「だろう」「思います」はやめよう。


自らの専門分野以外のセミナーなどにも積極的に参加し、見聞を広めてほしい。そのためのバックアップもしています。


毎月1回、主要事業の部門長と酒席で懇談会を開いています。裃(かみしも)を外した打ち解けた雰囲気の中で、部門間の垣根を取り払った情報共有が出来、相乗効果を生むような新しい力学が働いています。やがて部門横断的な新しい事業も生まれてくることでしょう。


前向きに物事に取り組み、積極的に発言のできるエンジニアには、中途入社であっても門戸を開放しています。長い歴史に裏打ちされた、どこに出ても恥ずかしくない技術力と総合力が自慢の当社で是非力を発揮してほしい。


植竹伸二の経歴・略歴

植竹伸二、うえたけ・しんじ。日本の経営者。「豊ハイテック」社長。広島県出身。広島大学工学部大学院修了後、豊田工機(のちのジェイテクト)に入社。執行役員、常務などを経て豊ハイテック社長。

他の記事も読んでみる

加瀬豊

海外の取引先の優秀な人材は、母国語という軸を持ちつつ、英語や他の外国語を武器として使いこなしています。我々も日本人としてのアイデンティティをしっかり持ちながら、外国語を習得し、世界へ漕ぎ出す時代だと思います。


鈴木敏文

いつまでもミスや失敗にとらわれず、常に前に進むことを考えるべき。


石川康晴

僕は創業以来、「人と違うことを考える」という信念を貫いている。


松下幸之助

海外との競争に打ち勝とうとするには、私はどうしても週2日の休みが必要になってくると思うのです。どういうわけかと申しますと、非常に毎日が忙しくなって、いままでゆっくり電話をかけていたというようなことでも、ゆっくりかけていられない。3分間かけていたものを、1分くらいで済ますように、しかもそれで用件がちゃんと果たせるように訓練されなければならないのです。工場生産もまたその通りです。つまり8時間の労働では相当疲れるということになります。ですから、5日間働いて1日は余分に休まなければ体はもとに返らないということになろうかと思います。アメリカはすでにそうなっています。そして、日本の何倍かの一人あたりの生産量をあげております。


牛島信

株式会社という制度の最も素晴らしいところは、「人々がより幸せになれる仕組みだから」ということだと考えています。優れたリーダーがいて、会社を経営し、そこに雇用が生まれる。会社が成長すると雇用が増える。そのために会社はあるし、成長しなければなりません。世の中の多くの人には、リーダーの資質はありませんが、優れたリーダーのもとで働くことで、やりがいを感じて仕事ができ、報酬を得て、自分の人生に意味を感じることができる。これこそが、株式会社制度の根幹ではないかと。


秋元康

夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある。たとえ1ミリ先でも、手に触れてないから、みんなすごく遠くにあるような気がしてしまう。まだまだ届かないと思ってしまう。だから無理かもしれないと思う人は多いんですよね。でも実際には、全力で手を伸ばした人だけが、「夢はたった1ミリ先にある」と気づき、そこからの努力もあって、夢を手にしているわけです。


澤本尚志

どんなに優れた技術も、そのままでは実務に使えません。たとえば、AIが異常行動を検知しても、対処が必要かどうかは、警備業務の知識がなければ判断できません。弊社には長年蓄積してきた警備業務の知見やノウハウがあるからこそ、先進技術を生かすことができるのです。


木村皓一

少子化については以前から予想できていましたし、すでに織り込み済みです。アジアも巻き込まないと企業は成り立ちません。ただ、国外に工場を広げることは考えていません。メード・イン・ジャパンにこだわっています。だから、作れる量が限られている。ここ数年でも3回値上げしました。それでも売り上げは落ちなかった。売り上げを伸ばしたいなら値段を上げる。個数をたくさん作るということはしない。ブランドの価値を上げていくことを考えていきます。


サルトル

授業中、一生懸命聞いているように見える学生は、必ずしも内容を理解していない。なぜならば、彼らのエネルギーは「聞いている」というポーズをつくることに集中されてしまうからである。


上島昌佐郎

オフィスの一角に社長席を設けています。社員との垣根をできるだけ低くして、お互いに情報を伝えやすくするためです。


岸田一郎

私が考える仕事ができる人とは、「常に利益追求を意識して成長できる人」です。したがって、ときにビジネスにつながらないものであれば、自分のフィールドや世界観を仕事場に持ち込まない姿勢も必要でしょう。


黒鉄ヒロシ

誰もいない雨の日、孤独など感じている暇があるのなら、本を開いてみるといい。そこには先人たちの知恵がある。