名言DB

9490 人 / 112001 名言

植田辰哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植田辰哉のプロフィール

植田辰哉、うえた・たつや。日本のバレーボール選手、監督。香川県出身。大阪商業大学卒業後、新日本製鉄に入社し同社バレーボール部(のちの堺ブレイザーズ)に所属。センタープレイヤーとして日本バレーボールリーグベスト6賞に5年連続選出。全日本代表としてバルセロナ五輪キャプテンとして活躍。そのほか様々な賞を獲得した。引退後は堺ブレイザーズ、全日本ジュニア男子代表、全日本男子代表などの監督を務めた。主な著書に『植田辰哉 徹底マネジメント』など。

植田辰哉の名言 一覧

人は「自分は期待されている」とか「必要な戦力だと思われている」と感じることで自信がつき、さらに伸びようとするものだからです。


非現実的な目標を言われても、選手のやる気は高まりません。また、抽象的な目標では、選手は何に向かってどう動けばいいのかがわからなくなります。まずはチームとして現実的で、達成可能で、具体的な目標を設定することが大切です。


リーダーは「チームとして何を大切にしているか」をメンバーに明確な言葉で示すことが大切になります。それを怠ったまま叱ったり注意したりすると、メンバーの心はリーダーから離れていくことになります。


チームリーダーは、メンバー一人一人に対して強い関心を持ちながらよく観察をし、適切な言葉と活躍の場所を与えていくことがとても大切になります。


組織を引っ張っていると、どうしてもリーダーはエース級の人材ばかりに目が向かいがちです。しかし、それではチーム全体の総合力は高まっていきません。「自分はリーダーから期待されていない」と感じたメンバーは意欲だけでなく、チームへの帰属感も失っていきます。


「監督は自分のことを見てくれているんだな」という意識を選手に持たせることは、選手のモチベーションを高めるうえで非常に重要です。


褒めるときは、日常の何気ない場面でさりげなく褒めることを大切にしています。たとえば、練習に対する姿勢が見違えるように変わった選手がいるとします。そういう選手には、練習後に廊下ですれ違ったときなどに「最近、頑張ってるね。期待してるよ」というふうに、ふと思い出したかのように言葉をかけて去っていったりします。わざわざ選手を部屋に呼び出して褒めるとなると大げさになりますが、日常の何気ない場面を利用すれば、こちらも声をかけやすいし、選手にとっても印象深いものになると思います。


なぜ私が選手を徹底的に叱れるかというと、事前に選手たちと「確認」と「約束」をしているからなんです。選手も自分が約束を破ったことがわかっていますから、叱られても納得ができます。ところが、確認も約束もしてないことで叱られたとしたら、選手はその場で謝罪したとしても、心の底から納得することはできません。


私がチームづくりをしていくうえでキーワードとしている言葉に、「確認」と「約束」があります。たとえば、年に数回、ものすごくハードな練習を選手たちに課す時期があります。この練習期間が始まる前に、「これだけのハードなトレーニングを乗り越えるためには、毎日の食事と睡眠をしっかりとらなくてはいけない。だから、食事と睡眠についても高い意識をもって臨もう」という話を、必ず選手たちにします。これが確認と約束です。


現実的で達成可能な最終目的を設定し、次に年単位の目標をマイルストーンとして設定し、さらに数カ月単位の目標、数週間単位の目標、今日の目標、と落とし込んでいきます。すると、今日何をすべきかが明確になり、選手たちに対しても、具体的な言葉で指示をすることが可能になります。選手の側も、「なぜそれを要求されているのか」を理解できますから、意識の共有もスムーズにできます。


「自分たちは何を目指すのか」「そのために何をするのか」「いまどういう状態にあって、何が課題なのか」といったことをチームで共有するためには、リーダーがきちんと言葉で伝えなくてはいけません。「言わなくてもわかってくれるはずだ」という期待は、リーダーの甘えです。


組織のリーダーには、言葉で伝える力がなくてはなりません。言葉で伝える力の大切さに気付いたのは、現役を引退したあと、新日鉄のバレーボール部の監督を経験したことが大きいのです。あのころは、「日本一になる」という目標は掲げていたのですが、具体的にどんな戦略や方法で日本一になるのかについて選手やスタッフに話すことはまったくなく、「黙って俺についてこい」というスタイルを押し通していました。ところが、ふと後ろを振り返ってみると、誰もついてきてくれません。選手もスタッフも、私の考えに理解も納得もしていなかったわけです。その結果、当然チームの成績は低迷しました。


植田辰哉の経歴・略歴

植田辰哉、うえた・たつや。日本のバレーボール選手、監督。香川県出身。大阪商業大学卒業後、新日本製鉄に入社し同社バレーボール部(のちの堺ブレイザーズ)に所属。センタープレイヤーとして日本バレーボールリーグベスト6賞に5年連続選出。全日本代表としてバルセロナ五輪キャプテンとして活躍。そのほか様々な賞を獲得した。引退後は堺ブレイザーズ、全日本ジュニア男子代表、全日本男子代表などの監督を務めた。主な著書に『植田辰哉 徹底マネジメント』など。

他の記事も読んでみる

孫正義

数字で考えるのではなく、数字を感じるレベルに達しなさい。


亀山敬司

社内を見渡せば死屍累々ですよ。失敗ばっかり。でもうちは未公開企業だから、ある意味赤字の方がいい。どっかの大企業みたいに粉飾する必要もない。ちょっとくらいの赤字なら構わない。


井深大

国内メーカーも1年か2年ほどのギャップで追いついてきた。かくて日本は世界最大のトランジスター製造国になったのは良いが、たちまち乱売がはじまり、トランジスターラジオの安値競争は世界的に有名になって値段はどんどん下落した。新しいマーケットを開拓する努力をせず、他人の築いたマーケットに割り込み、ただ値段を崩すだけしか能がない典型的な日本商法を嫌というほど知らされた。
【覚書き|トランジスタラジオを開発し、海外市場を開拓して大きな利益を得た当時を振り返っての発言】


ビル・ゲイツ

たとえばミーティングがあるときには、話すことをきちんと考えていく。世間話はほとんどしない。とくに気心の知れた仲間とのミーティングではね。どこの清算が遅れていてどの経費が高すぎるとかを話し合って、話が終わればそれで終わりにする。1日24時間では処理しきれないほど難問があるのだから、無駄にしている暇はない。


トム・ケリー(IDEO)

失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。


永持孝之進

企業は、いつ潰れてもおかしくはない。どんなに好調でも、どんなに大企業でも、どこに魔物が潜んでいるかわからない。


早乙女貢

家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの力の蓄積の期間に転じることであった。ここに、負けて勝つ秘法がある。柔よく剛を制するのである。


長井啓

我々が生き残るためには、サプライヤーにいい商品を提供してもらわなくてはいけません。3年ほど前には、当社からの提案で、決済を手形から、現金に切り替えました。現金の方が財務管理の負担が減り、現場に注力できるようになるのではと考えたからです。当社の人間が製造現場の効率化に必要な技術を支援することもあります。サプライヤーとの共存共栄に向けた仕組み作りは欠かせません。


巽外夫

銀行はいまや一種の情報産業です。お金だけではない。いい情報を選別し取引先にふさわしい情報を早く提供する。一昔前とは変ってきました。


中村扇雀・3代目

芝居で得たものが人生に繋がるというのはまさにその通りだと思いますよ。今日僕が持ってきた『世阿弥のことば一○○選』はタイトル通り世阿弥の言葉を集めた本だけど、舞台上に限らず、人生全体に応用できる言葉がたくさんあります。たとえば「離見の見」は、演者が客観的な目線で、あらゆる方向から自身の演技を見る意識を指す言葉だけど、人として大切なことをも教えてくれています。人間って、生きている限り、自分の顔は鏡を通してしか見られない。直接見ることは絶対にできないんだよね。ということは、他人様が見ているの方がたぶん本当の姿である。つまり、みんなが「扇雀とはああいう人間だ」と考えている扇雀像こそ、本当の自分であるということに気づかないといけない。そんな意味も含んでいると思うんです。


的場文男

僕は完璧を求めるタイプです。だから馬も自分も完璧に仕上げないと気が済まない。それでも筋肉や骨は老化するし、それで騎乗スタイルが変わるのも仕方のないことでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

投資で成功している人は、皆が悲鳴を上げているときに仕込める人。バブル崩壊のときに投げ売りの不動産をしこたま買った人が、いま儲かっている。また、リーマンショックで多くの人がもう嫌だと投資から去って行くときに、安値で仕込んだ人がいま利益を上げています。つまり世の中の動きと逆を行く人が儲かるのが投資の世界なのです。