名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

植村直己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植村直己のプロフィール

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

植村直己の名言 一覧

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


高い山に登ったからすごいとか、偉いとかいう考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。


みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。


いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


人間の社会の五里霧中をさまようより、この大自然のガスの中の方が、私にとってはずっと身に合っているのだ。いやいや、この濃厚なガスの中でなら、私にも生き延びる道はあるのだ。気が狂いそうな単調さに耐え抜き、弱音を吐きたがる自分に打ち勝つ以外にない。進むこと、ひたすら前へ進むこと。


出発するとすぐ、帰ることばかり考えるんですよね。毎日先に進みながら、いかにして先に進むかじゃなくて、いかにして引き返すかっていうことばかり考えてるんです。それがある一定のところまで進むと、もう引き返しのきかない状況までくるわけです。そこで初めて、先に進むことだけしか考えなくなるんです。


必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


植村直己の経歴・略歴

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

他の記事も読んでみる

ナセル大統領

人民が自覚し、その命を捧げる覚悟があるとき、攻めてくる敵がいかに数の上で勝っていようとも、人民は必ず勝つものだ。


中山勇

ファミリーマートは国内に約1万店ありますが、ひとつとして同じ店はないわけです。例えばある店では、デザートコーナーをケーキで満載にして、「私はこの商店街のケーキ屋さんになる」と言う加盟店さんもあります。オーナーがどんな店にしたいか、地域にどんな顧客がいるのか、または季節の移り変わりでも店の姿は違います。外からだとみんな同じように思えるかもしれませんが、中身は全く違う。コンビニの本部は、そうした多様な店舗に対して仕事をしなければならないわけです。


中村友哉(経営者)

誰もやったことがないからこそ我々は挑戦している。


村田昭治

人は使命感にあふれ、未来に挑戦する気概をもつとき、人間力、人物力の魅力で迫る熱気あるリーダーとなるものだ。


本田健

40代は物事をなす最後のチャンスでもある。確かに期限は迫ってきていますが、まだ新たなチャレンジも可能な時期。だからこそ40代がお金について考えるときは、単なる蓄財のテクニックではなく、今後の生き方の問題として捉えて欲しいと思う。大きく分けるとしたら、リスクを取ってお金持ちを目指すか、安全でそこそこの暮らしを得るか。「攻めか守りか」を選ぶことになるでしょう。


ジョー・ジラード

スパゲティーを壁に投げつけたら、そのうち何本かは壁に付くはずだ。


鹿島茂

できるだけ雑多な情報に触れることが大切。内輪の飲み会ばかりを開いていても発展はない。もっと知らない人、異業種の人と話すべきである。移動中に読書ができないという意味で、クルマの運転にも益がない。最近は駅から遠い住宅地から都心への人口回帰が起きているようだが、徒歩25分の家から駅まで歩くのも、目から雑多な情報を仕入れられるので悪いものではない。また運動にもなる。「駅近」物件にこだわらなくてもいいではないか。


ムロツヨシ

19歳で役者を目指し、25~26歳で食っていける役者になりたいと決意して。ほんとに強い野心だったんですよ。目標というより野心。食べられる役者というのが。それが40歳で叶ったいま、次の野心がないことが怖いんです。それをもう一回、考え直さなきゃいけないという地点にいるんです。


安崎暁

ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


戸塚隆将

外部の人とのアポは計画的なものではありません。たまたま電話をした人に、ランチや飲み会に行こうと軽く誘う感じです。利害はあまり考えずに、そうした縁を活かします。お互いが負担に感じない、肩肘張らない関係のほうが、結局は長続きするようです。


佐藤可士和

競合コンペだとどうしても、オリエンテーションで渡される表面的なスペック情報だけでデザインを考えることになってしまいがちなので、アウトプットは条件だけを当てはめたあたりさわりのないものになってしまいます。僕はスペックの背後にある本質的な部分が知りたいのです。


吉田浩一郎

子育てや介護で仕事を辞めたり、就職に失敗すると、フリーターの道しかないというのが今の社会。一方通行の市場ではなく、いろんな働き方を可能にするインフラが、クラウドソーシング。