名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

植村直己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植村直己のプロフィール

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

植村直己の名言 一覧

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


高い山に登ったからすごいとか、偉いとかいう考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。


みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。


いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


人間の社会の五里霧中をさまようより、この大自然のガスの中の方が、私にとってはずっと身に合っているのだ。いやいや、この濃厚なガスの中でなら、私にも生き延びる道はあるのだ。気が狂いそうな単調さに耐え抜き、弱音を吐きたがる自分に打ち勝つ以外にない。進むこと、ひたすら前へ進むこと。


出発するとすぐ、帰ることばかり考えるんですよね。毎日先に進みながら、いかにして先に進むかじゃなくて、いかにして引き返すかっていうことばかり考えてるんです。それがある一定のところまで進むと、もう引き返しのきかない状況までくるわけです。そこで初めて、先に進むことだけしか考えなくなるんです。


必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


植村直己の経歴・略歴

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

もしあなたの働きと、あなたの忍耐と、あなたの計画が、あなたに幸運を運んで来たら、引き潮に飲み込まれている人を探しだし、引き上げてあげなさい。あなたが他の人にしてあげたことが、やがてあなたに返ってくるのだ。あなたが受け取る愛を何より大切にしなさい。あなたが持っている黄金や健康が消えてしまってもなお久しく残るものは愛である。


遠山正道

当社の事業はどれも大企業の新規事業案件として提案したら却下されるものばかりだと思います。それでも事業として成立したのは、「ビジネスの拡大や成長」を目的とせず、自分たちの「やりたいこと」を突き詰めれば、それに「共感」してくれる人たちが支えてくれると信じて続けてきたからです。実際、その通りになりました。


井上康生

「開き直り」と「やけくそ」は違います。開き直りには根拠があります。やるべきことをやってきた者がたどり着く境地です。勝っても負けてもいいやという、やけくそとは違います。


出原洋三

日本人にはグローバル経営がわからないから、外国人にトップを任せるでは、大変な失敗を犯すリスクもあります。両方の意見を反映できるしっかりとした仕組みが必要です。日本と欧州の経営の良いところを合わせて、1+1を3や4にしたい。両方の欠点を消して、良さを残せる理想のバランスを追求するのです。


佐伯弘文

皆さん、人口減少が悪いと決め付け過ぎですよ。日本は国土全体に占める平野の割合がたった15%しかありません。人口に対して、人間が住む場所と農業ができる場所がどれだけ必要かを考えるべきです。そこから、日本という国土に対して、適切な人口がどれぐらいの人数かを検討すれば、今の日本の人口が国土に対して多過ぎることは明らかでしょう。日本のインフラ設備は限界が来ています。日本の国土で広い家に住めて、通勤に1時間もかからない「人間らしい生活」ができる人口がどれぐらいかを考えるべきです。


澤田秀雄

創業当初、お客は1週間に1~2人くらいしかおらず、半年間は暇でしたから、近くのパチンコ店に置いてあった徳川家康の伝記や三国志を読み漁りました。それが戦略、マーケティング、歴史の勉強になった。マイナスの状況でも、やり方によってはプラスになります。事業を止めようと考えた時も、本に「石の上にも3年」と書いてあったのを思い出しました。


坂井哲史

投資を早く回収することよりも、あくまでも事業の永続性に重きを置く。そうすれば味はもちろん、内外装、インテリア、食器、サービスなどすべてにおいて長く愛されることが大事になる。


竹中平蔵

日本が急激な変化が不得意だと言われていますが、実際は逆で急激にしか変われない。明治維新もそうでした。明治維新は世界に誇るショック・セラピーで、日本はショック療法の国なのです。


戸塚隆将

「どんな情報を知っているか」では、ほとんど人と差別化はできません。大切なのは、「その情報をどう考えるか」「どんな結論が導き出されるか」といった自分なりの意見を持つこと。これが仕事人としての自分の価値の源泉になる。


江崎利一

私は先見の明とか、広告法、さらには人心をつかむ気合い術、暗示を生かす催眠術など商売人として生き抜くために必要ないろいろなことを身をもって体得してきた。


吉岡隆治

トレンドに関係なく本物だけが残る。完成度が低く、コピーできるものが入れ替わり、消えていく。いつまでも世の中に残るスタンダードを作りたい。


川村隆

人材のグローバル化、つまりダイバーシティー(多様性)について、私が最初に取り組んだのが取締役会改革です。取締役会メンバー13人のうち、社外取締役を4人から7人に増やし、外国人も2人増やして3人にしました。そうした結果、率先垂範、象徴的変革というだけでなく、実質的な変革も起こったのです。質の違うもの同士がぶつかることで変革が起こる――。ダイバーシティーについてよく教科書に書かれていますが、なるほどこれが実際に起きることか、と私自身が納得したくらいです。