名言DB

9419 人 / 110788 名言

植村直己の名言

twitter Facebook はてブ

植村直己のプロフィール

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

植村直己の名言 一覧

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


高い山に登ったからすごいとか、偉いとかいう考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。


みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。


いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


人間の社会の五里霧中をさまようより、この大自然のガスの中の方が、私にとってはずっと身に合っているのだ。いやいや、この濃厚なガスの中でなら、私にも生き延びる道はあるのだ。気が狂いそうな単調さに耐え抜き、弱音を吐きたがる自分に打ち勝つ以外にない。進むこと、ひたすら前へ進むこと。


出発するとすぐ、帰ることばかり考えるんですよね。毎日先に進みながら、いかにして先に進むかじゃなくて、いかにして引き返すかっていうことばかり考えてるんです。それがある一定のところまで進むと、もう引き返しのきかない状況までくるわけです。そこで初めて、先に進むことだけしか考えなくなるんです。


必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


植村直己の経歴・略歴

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

他の記事も読んでみる

小笹芳央

腐らず愚直に仕事に取り組めば、それを評価してくれる人は必ずいるということを忘れてはいけません。


岡藤正広

日本は、エスタブリッシュメントが既得権益を守ろうとしてばかり。とにかく、日本は規制が厳し過ぎるし、いつ規制緩和されるか分からない分野に先行投資をするのはリスクが大きい。だから、伊藤忠としては、日本よりも先に中国や東南アジアなどで、技術革新を真っ先に取り込んだ事業に投資をしていくということになるわなもちろん、日本でも、いざという時に手遅れにならんように、できる範囲でやっていく必要はある。


渡邊陽一

織田信長は桶狭間の戦いの時、生き残るために必死で「天下布武」の理念を掲げる余裕なんてなかったと思います。天下統一を真剣に考え始めるのは、ある程度、力がついてからです。


松下幸之助

「命ぜられたとおりにやって、その通り上手くいったのだから、もうそれでよい」と考える人。「たとえ人から命ぜられたままにやったとしても、その結果は一応きちんと報告しなければならない。そうしたら命じた人は安心するだろう」と考える人。その何でもない心がけ、ちょっとした心の配り方の違いから、両者の間に信頼関係に対する大きな開きが出てくる。


兼元謙任

お金の使い方を急に変えるのは無理です。小さいことから変えていくのがコツです。


岩上貴洋

人生を楽しく過ごしていけるような会社にしようと、社名を「Life is Good」を略した「LIG」にしました。


小野田寛郎(小野田少尉)

何をやるにも3つの「ど」。努力、度胸、度量。


カール・ヒルティ

人は怠惰、逸楽(いつらく)、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。


松井忠三

人間万事塞翁が馬。将来どうなるかなんて誰にもわからないが、たったひとつ、言えることがあるとすれば、人生に無駄な経験などひとつもないということだ。会社が危機的状況に陥ることもあれば、自身も病気やケガに見舞われることもある。上司と折り合いが悪くなって左遷させられることも、珍しいことではない。そういう修羅場のときこそ、どのようにして乗り切ろうかと一生懸命に考えるものだ。そうして人は成長する。


宮内義彦

自分が人生懸けてやっている仕事について頭を必死に使って知恵を絞り出さない人がいるとしたらダメ。