植村直己の名言

植村直己のプロフィール

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

植村直己の名言 一覧

怖いがゆえ、死にたくないがゆえに、自分の技術以上のことをやらないよう、自分に言い聞かせている。


高い山に登ったからすごいとか、偉いとかいう考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。


みんな、それぞれが、何か新しいことをやる、それはすべて冒険だと、僕は思うんです。


いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


人間の社会の五里霧中をさまようより、この大自然のガスの中の方が、私にとってはずっと身に合っているのだ。いやいや、この濃厚なガスの中でなら、私にも生き延びる道はあるのだ。気が狂いそうな単調さに耐え抜き、弱音を吐きたがる自分に打ち勝つ以外にない。進むこと、ひたすら前へ進むこと。


出発するとすぐ、帰ることばかり考えるんですよね。毎日先に進みながら、いかにして先に進むかじゃなくて、いかにして引き返すかっていうことばかり考えてるんです。それがある一定のところまで進むと、もう引き返しのきかない状況までくるわけです。そこで初めて、先に進むことだけしか考えなくなるんです。


必ず壁はあるんです。それを乗り越えたとき、パッとまた新しい世界がある。だから厳しく自分を鞭打ってやってきたときは、振り返ってみたとき実にさわやかです


植村直己の経歴・略歴

植村直己、うえむらなおみ、探検家、エベレスト登頂、北極圏12,000km犬ゾリ単独行、世界初マッキンリー厳冬期単独登頂など世界中の未開の地を冒険した、国民栄誉賞受賞、兵庫県出身

他の記事も読んでみる

裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

一日のスケジュールを夜からスタートさせることがポイント。翌日のための準備は夜から始まっているからです。


太田肇

海外の企業を見ていると「個人をうまく生かしているな」と感じることがよくある。その理由を探ってみたところ、個人の仕事の分担・範囲がはっきりと定められ、その範囲において、末端の社員まで権限が委譲されていることが分かった。個人の仕事の範囲が明確であることから、個人の責任の範囲も明確となる。同時に、たとえば予算を使うような案件でも、認められた範囲内において、個人の裁量で判断できる。


志賀俊之

経営危機に陥りルノーと資本提携した際、従来の日産的な考え方を変えなければ再生できない、いろいろな意見を聞くことが大切だと体感した。


村上太一

IT企業においてはエンジニアが力の源泉なので、彼らが仕事をしやすい環境を作れるよう気を配っています。そして、エンジニアにある程度の権限を持たせるようにしています。


佐々木隆(経営者)

私が社長を務めていたとき、当社を持ち株会社体制に移行させ、分社化した事業会社がぶら下がる組織に改編しました。各企業がそれぞれの分野でナンバーワンを目指すわけですから、グループとして急速な環境変化にも対応できるようになりました。


久世浩司

自分の失敗を分類し、抱いた感情を客観的に確認する。こうして見える化するだけで、気分がぐっと軽くなるはず。


GACKT

僕は年間に20本くらいしかライブができないんだけど、自分ができるギリギリのところを妥協して、たとえば40本50本のライブをやるようなことはやりたくない。いつも今日が最初で最後だという気持ちで一日一日のライブをやっている。


東田大志

パズルで鍛えられる論理的思考は次の3つ。物事を順序立てて考える「演繹法」、繰り返される事実から法則を見つけ出す「帰納法」、仮説を立てて答えを導き出す「アブダクション(仮説的推論)」。ロジカルシンキングでも度々登場するこれらは、ビジネスマンが仕事をするうえで必須の能力です。アブダクションは経験則に基づかなくても、結果を仮定することで法則を導き出す思考法です。革新的な商品やサービスは、アブダクション的な発想によるところが大きいでしょう。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

せっかくお金を払って通うのですから、より効果的に講座を受講したいもの。短期集中で学べるとはいえ、どの講座もある程度の基礎的な知識はあったほうがいいですね。事前の予習は、欠かせません。


山崎富治(山﨑富治)

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。


滝野一征

まずはロボットが止まらないようにすることが大事ですが、万が一止まったとしても、リモートでサポートをして24時間稼働できる体制を作らねばなりません。ただ、売上げが3倍になったとしても、そうしたサポートばかりに人員を割きたくはありません。私たちはあくまでコアな技術の部分に投資して、導入した会社さんが簡単に使えるようにしなければならないと考えています。


高山樗牛

己の立てるところを深く掘れ、そこには必ず泉あらん。


大川隆法

「時間を縮める」、あるいは「回転率を上げる」という方法は、成果を大きくする方法。時間を縮めることは、同時に、時間を生み出すことになる。


西村賢太

中途半端にやってもダメ。惚れて徹底的にやると何かが変わっていくんじゃないでしょうか。それこそ不思議な力が働いていって。


柳井正

世の中は凡人ばかりで、秀才や天才はほとんどいません。私は、「ピープルビジネス」と呼んでいますが、いかに一般の人たち、つまり、凡人がやっても成功するような仕事の仕方にしていくか。それが重要なのではないでしょうか。


ページの先頭へ