名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

植村甲午郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

植村甲午郎のプロフィール

植村甲午郎、うえむら・こうごろう。日本の経営者、官僚。第3代経団連会長。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、農務省に入省。大臣秘書官、資源局調査課長、企画院調査部長、企画院次長、日本経済連合委員会副委員長兼事務局長、経団連事務局長に就任したのち太平洋戦争後の公職追放に遭う。公職追放解除後、経団連に戻り副会長、会長。そのほか、ニッポン放送社長・会長。日本航空会長なども務めた経営者。

植村甲午郎の名言 一覧

私の精神面の成長は相変わらず遅い。21世紀日本の夢を追いつつ、私ながらに一所懸命、牛歩を進めたいと思う。


顧みれば、私の人生行路にともしびとなって指導していただいた先輩、老若の友人多数に恵まれたことは、本当に幸運だったと思う。


23年余の官僚生活と戦後の経団連を通じて私が痛感したのは、一億同胞の資質が優秀でしかも勤勉なこと、貯蓄性向が高いこと、自由経済性のもとで創意工夫と自由活発な活動ができること、この三本柱こそが明治以来日本経済を今日まで発展させた原動力であったということである。この三本柱が揺るがない限り、日本経済の前途は洋々たるものと信ずる。


一年間の兵隊生活は、私にとって貴重な体験だった。厳しい規律の中で行動し、原始的な肉体労働にも耐えたのだから、もう少しぐらいのことには驚かないぞ、という自信を持つことができた。


私の仕事は一口で言えば、国防の基盤になる鉄や石炭、その他重要資源を調査し、これを整理編成することである。私は調査課長を十年近く勤め、その間、資源調査法を立案、同胞は公布された。業務が広範なので仕事は無限にある。だが在勤十年ともなると統計の数字などちょっと見ただけで勘が働き、誤りが発見できる。


人の上に立った者はむやみと腹を立てたり、下のものを叱ったりするもんじゃない。叱ったり怒ってみても、子供じゃあるまいし、まず実にはならん。


植村甲午郎の経歴・略歴

植村甲午郎、うえむら・こうごろう。日本の経営者、官僚。第3代経団連会長。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、農務省に入省。大臣秘書官、資源局調査課長、企画院調査部長、企画院次長、日本経済連合委員会副委員長兼事務局長、経団連事務局長に就任したのち太平洋戦争後の公職追放に遭う。公職追放解除後、経団連に戻り副会長、会長。そのほか、ニッポン放送社長・会長。日本航空会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

岡本純子

コミュニケーションの基本は自分が何を言ったかではなく、相手がどう受け止めたかにある。


柳井正

早い段階で自分の将来を考え、行動した方がいい。


パブロ・ピカソ

良い芸術家は真似をする。
偉大な芸術家は盗む。


渡部肇史

環境変化もさまざまで、立場によって異なることもある。互いが見ている「変化の像」を共有してこそ、組織としての環境適応力は向上する。そのため、まず経営陣が現場へどんどん出向き、現場での変化を肌感覚で知ること。あわせて現場のメンバーに経営レベルで注視している環境変化を伝えること。こうしたコミュニケーションの粘り強い繰り返しが重要。


守屋淳

『孫子』に「朝の気は鋭、昼の気は惰、暮の気は帰」ともあるように、中国では、勢いには盛衰や波があると考えられています。勢いに乗っているライバルは調子に乗らせて、自ら墓穴を掘るのを待てばいいのです。


石原加受子

学歴、年収、仕事、持ち物など、どんな些細なことでも自慢し、相手より優位に立とうとする。そんな人に対してイライラし、嫌な気持ちになることはありませんか。このような振る舞いは一般に、「マウンティング」と呼ばれています。マウンティングをする人は、自分に自信がありません。そのため、自分よりも格下の人間をつくりだすことで、集団内での序列を少しでも高めて、上位にいるという安心感を得ようとします。しかし、この行為には決してゴールがありません。マウンティングで勝つことは、一時的な満足感を与えてくれるかもしれませんが、いくら相手を落としても、自分自身は変わりません。


千玄室(15代目)

終戦後、復員と同時に、私はある奇妙な光景を目にすることになります。うちの茶室に、進駐軍の将校たちが、次から次へとやってくるのです。これは一体どういうわけだと聞いてみると、軍の司令部から「日本を知るためには、伝統文化を知らなくてはならない。だから休みの日は、将校はできるだけ寺社や茶道の家を訪ね、文化に触れよ」との命令が出ているというのです。当時、私は23歳の血気盛んな若者です。軍人として2年間、過酷な状況で戦ってきましたから、敵だった進駐軍の将校たちを見て、何度も「あのやろう!」と思いました。でも、ある日、ふと茶室をのぞいてみると、進駐軍の将校たちが慣れない姿勢で正座をし、みんなで並んでお茶を飲んでいる様子を目にしました。その時、私は「あ! これだ!」と確信したのです。確かに、日本は武力では負けた。しかし、まだ文化の力があるではないか。日本人は決して戦いを好む人種ではない。平和を好む人間なのだ。それを知らしめるためには、「茶の文化」だ。そんな気持ちが私を奮い立たせました。


田岡信夫

ナンバーワンとはどういうことか。具体的な戦略としては、ナンバーワンの「地域」をいかにつくるか。ナンバーワンの「得意先」をいかに持つか。ナンバーワンの「商品」をいかにつくるか。私は企業の体質というものは、この3つの条件を満たしているかどうかにかかっていると思う。


小杉俊哉

目標設定については、「50%ルール」がよく知られています。これは「達成できるかできないか、可能性は五分五分」というギリギリのラインで目標を設定すると、人は最も高いモチベーションで頑張るという法則です。ところが例外もあり、「誰も成功したことがないような無理難題ほどやる気が出る」というタイプが、どの組織にも1割から2割はいることがわかっています。この例外タイプには、とてつもなく高いアウトプットを求めたほうが、本人のやる気も成果もアップするわけです。よって上司は部下をよく観察し、どのレベルの目標を与えればその人の能力を最大限に引き出せるのかを見極めなくてはいけません。そのためには、最低でも週に一度、部下と一対一で話す時間を作り、仕事の振り返りと目標設定について話し合うことをお勧めします。


黒鉄ヒロシ

アイデアが出ないなんてぼやく人がいますが、それは出ないと思い込んでいるから。世の中には、手付かずの宝の山というか、アイデアの取っ掛かりはいっぱいある。


大倉喜八郎

主人というものは、番頭・小僧がいてくれてはじめて主人なのだ。主人が彼らと共にやる気を出すことが、実業家として成功するかしないかの分かれ目である。


倉益幸弘

互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。