植村甲午郎の名言

植村甲午郎のプロフィール

植村甲午郎、うえむら・こうごろう。日本の経営者、官僚。第3代経団連会長。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、農務省に入省。大臣秘書官、資源局調査課長、企画院調査部長、企画院次長、日本経済連合委員会副委員長兼事務局長、経団連事務局長に就任したのち太平洋戦争後の公職追放に遭う。公職追放解除後、経団連に戻り副会長、会長。そのほか、ニッポン放送社長・会長。日本航空会長なども務めた経営者。

植村甲午郎の名言 一覧

私の精神面の成長は相変わらず遅い。21世紀日本の夢を追いつつ、私ながらに一所懸命、牛歩を進めたいと思う。


顧みれば、私の人生行路にともしびとなって指導していただいた先輩、老若の友人多数に恵まれたことは、本当に幸運だったと思う。


23年余の官僚生活と戦後の経団連を通じて私が痛感したのは、一億同胞の資質が優秀でしかも勤勉なこと、貯蓄性向が高いこと、自由経済性のもとで創意工夫と自由活発な活動ができること、この三本柱こそが明治以来日本経済を今日まで発展させた原動力であったということである。この三本柱が揺るがない限り、日本経済の前途は洋々たるものと信ずる。


一年間の兵隊生活は、私にとって貴重な体験だった。厳しい規律の中で行動し、原始的な肉体労働にも耐えたのだから、もう少しぐらいのことには驚かないぞ、という自信を持つことができた。


私の仕事は一口で言えば、国防の基盤になる鉄や石炭、その他重要資源を調査し、これを整理編成することである。私は調査課長を十年近く勤め、その間、資源調査法を立案、同胞は公布された。業務が広範なので仕事は無限にある。だが在勤十年ともなると統計の数字などちょっと見ただけで勘が働き、誤りが発見できる。


人の上に立った者はむやみと腹を立てたり、下のものを叱ったりするもんじゃない。叱ったり怒ってみても、子供じゃあるまいし、まず実にはならん。


植村甲午郎の経歴・略歴

植村甲午郎、うえむら・こうごろう。日本の経営者、官僚。第3代経団連会長。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、農務省に入省。大臣秘書官、資源局調査課長、企画院調査部長、企画院次長、日本経済連合委員会副委員長兼事務局長、経団連事務局長に就任したのち太平洋戦争後の公職追放に遭う。公職追放解除後、経団連に戻り副会長、会長。そのほか、ニッポン放送社長・会長。日本航空会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

初めてインターネットに巡り合ったとき、その成長性を感じてワクワクしました。今、同じ高揚感を「仮想通貨」の可能性に感じています。仮想通貨の誕生から広がり方、業界を覆う空気感がインターネット黎明期と似ている。ただ、私は予言者ではありません。既存の通貨と仮想通貨のどちらが本当に便利かは利用者が決めること。


五関晃一

もしかしたら、この仕事をしているわりには、他の振付師の方の作品を観なさすぎるのかもしれません。もちろん好きなダンサーはいるんですけど、誰かを参考にするというよりは曲のイメージに合う映像を探してみるほうが多い。僕は影響されやすくてすぐ真似しちゃうから、あえて観ないようにしているところもありますけどね。


青木仁志

いくら機会を与えても、外的コントロールによる恐れの支配が職場にはびこっているようでは、若い人たちがみな「いい子」になって、チャレンジしなくなるのも無理はありません。職場環境から恐れを排除すること。これが、若い人を伸ばすポイントの一つだと言えるでしょう。


国吉拡

いま、モチベーションが上がらないと嘆いている人も、入社したてのころは、もっと志が高かったはずです。事実、新入社員がやる気だけで、驚くような新規開拓に成功した例は数多くあります。ところが、新入社員のころはやる気に溢れていても、入社3年、5年と経つにつれ、仕事がマンネリ化し、徐々にモチベーションが低下していくケースがほとんどなのです。


川淵三郎

プロができて急にすべてが良くなっていくわけではありません。われわれJリーグは「百年構想」と言っていますが、100年かかって欧州に追い付いていかなければならないと考えています。


鈴木喬(経営者)

日本で新型インフルエンザが大流行していた頃のことです。マスクが飛ぶように売れ、エステーでも増産に次ぐ増産を指示していました。しかし、調子に乗った時が危ない。ある時、ふとそう思って減産を決断しました。まだマスク需要が旺盛だった段階だったので、社内からは大反対に遭いました。それでも私は譲らなかった。しばらくすると、新型インフルエンザ騒ぎは沈静化して、あっという間にマスク市場は冷え込みました。大量の返品に苦しむメーカーが何社かありましたが、エステーは難を逃れました。


ハワード・シュルツ

逆境は人間を奮い立たせてくれる。私もそんな計画は実行できないと言われたことが何度もある。いくら否定されても、必ず実行できるという信念を変えなかった。勝利を確信する気持ちがあまりにも強かったので、周りの人たちの期待が小さければ小さいほど、あっと言わせてやれると思って喜んでいた。


宇佐神慎

我々の目的は表面的なオフィス空間をデザインすることではありません。オフィスという空間を通して、経営者の思いや企業理念を社員や顧客、メディアに伝え、業績向上に貢献するためのものなのです。


久保正行

上司を説得するとき、まず場所と時間を選びます。場所は集中できる空間がベストで、もし反対されることが予想されそうな場合、周囲に人がいない環境を設定する。なぜなら部下や同僚の見ているところで説得されると意見を翻しにくくなるし、場合によっては「恥をかかされた」と後々わだかまりになる可能性もあるからです。


樺島弘明

まだ2合目くらいですね。2030年にアジアで5本の指に入るプロフェッショナルサービス会社になるという目標を掲げています。さらに次の10年ではグローバルでブランド力のある企業に持っていこうと。


宮本亜門

僕は50歳ですが、年齢は単なる数字にすぎないと思っていて、あまり意識したことはありません。気持ちは常に20代のつもりで、若いころと同じドキドキ感を持ち続けたいと思っています。


吉川良三

我々がよく使う「危機感」と「危機意識」とは大きく異なる。危機感というのは、状況に対して不安を感じ、そのような状態を「いつまで我慢すればいいか」と考えるレベル。一方、危機意識というのは「自分は生き残れるか」と身の危険を感じるレベルである。だから危険を回避するための対策を必死で考えるのである。


鈴木貴子(経営者)

営業スタッフは200人ほどですが、私は全員の日報に目を通します。手の空いたときや移動中、あるいは夜中にiPadで確認。よい報告には「拍手!(いいね)」をし、私の笑顔をイラストにした「にこにこスタンプ」を押します(笑)。現場で働くスタッフは、これによって自分の仕事を社長が見ていることがわかります。そのことでモチベーションがアップすれば嬉しい。ユニークなアイデアや成功実績には、上司や仲間からも「拍手!」やメッセージが送られます。


寺井良治

ビジネスの観察には、身の丈に合っているのか商材の数字的な規模を瞬時に把握する力が必要。身の回りのものの数字を直感ではじき出す訓練をするといい。シベリアの人口、スカイツリーの総工費などを推測する癖をつければ、どんな商材も桁が違わないレベルで当たるようになる。


サシン・シャー

最終的に目指しているのは、すべてのステークホルダーに対してより多くの価値を長期的に創造していくこと。多岐にわたる変化に対応すべく、当社は変革を推進しています。


ページの先頭へ