名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

森雅弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森雅弘のプロフィール

森雅弘、もり・まさひろ。日本の経営者。「ショーケース・ティービー」社長。石川県出身。金沢大学大学院機械工学研究科修了後、リクルートを経てフューチャーワークス(のちのショーケース・ティービー)を設立。同社を東証一部に上場させた。

森雅弘の名言 一覧

上場はゴールではなく、あくまでもスタート。ストック型の既存事業で確実な成長を確保しつつ、その利益を積極的な新サービスの開発・展開、そしてアライアンスに投資し株主ならびに投資家の期待に応えていきたい。


おもてなしのできる人材になって欲しい。目の前にいるお客様、親、友人におもてなしができなければ、ネットでおもてなしはできない。


ビジネスにつながるものばかりではないのですが、これから先を考えると人脈やご縁があってこそです。そのご縁の質・量がマザーズ上場で上がり、東証1部でさらに太くなった感じがしています。


シリコンバレーのITは人間的要素が薄く、ロジカルで功利的。確かに効率的ですが、私は温かみの部分を、いかに冷たいITに乗せることができるかにチャレンジしたい。それができるのはシリコンバレーでも、中国でもなく、日本企業だと思う。


質、生産性が重要ですから、当社は採用を進めると同時に、教育に力を入れています。特にエンジニアが勉強しなければならないテーマは日々変わりますから、教える側も勉強しながら教えています。言ってみれば、誰かが教えるのではなく、みんなで学び合う感じです。


おもてなしは相手のして欲しいことを予測するわけですが、このための手法がAIだと思うんです。相手がして欲しいことをグッドタイミングで、それをスマホで、パソコンで、リアル店舗でやっていく。AIは我々がおもてなしをするための技術として使っていきたい。


東証一部になったことでよかったと感じるのは、やはり採用です。ここ2~3年、エンジニアの採用に苦労していたのですが、今年は様々なチャネルからご紹介いただけるようになっています。中途でいろんなチャネルからご紹介いただけるということです。


これまでのウェブサイトは、より使いやすいものに改善するには新しく作り替えるスクラップ・アンド・ビルドの考え方が主流でした。しかし、それではいくら資金があっても足りないし、制作会社も時間に追われた過酷な作業から抜け出せない。リアルの世界でも繁盛しているのは新装開店を繰り返しているきれいな店ではなく、多少店は古くてもきちんとした接客や気が利いたおもてなしをしているところです。ネットでも心地よくストレスを感じることなく商品を購入することができるはずです。できるだけ今あるものを有効に活用しながら、人にも地球にも優しいエコなウェブマーケティングの形を提案していきたい。


当社が行っているのは、インターネット上でのおもてなしです。お客様が運営しているウェブサイトをより「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」しています。皆さんは今、インターネットで日々いろいろなホームページを見ていると思いますが、見やすいものもあれば、そうでないものもあります。買い物をする際に、入力しやすいサイトもあれば、そうでないものもあります。まずはそれらを解決するのが、ネット上でのおもてなしの第一歩だと考えています。人間と同じことをITでも実現することを、私たちは目指しています。


森雅弘の経歴・略歴

森雅弘、もり・まさひろ。日本の経営者。「ショーケース・ティービー」社長。石川県出身。金沢大学大学院機械工学研究科修了後、リクルートを経てフューチャーワークス(のちのショーケース・ティービー)を設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

相原孝夫

「仕事はできるが人望はない」。一度そうした評判が立ってしまったら、その組織での昇進は厳しいものとなるでしょう。なぜなら、企業における重要な人事決定は「評価」ではなく「評判」で決まると言っても過言ではないからです。


永井浩二(経営者)

「黙って俺についてこい」は通じない。誰が聞いても「なるほど」と思える論理を組み立てなければなりません。


広野道子

ヒロタ(経営破たんした洋菓子店)の再建をはじめたころは、30分も延々と言い訳ばかりする幹部がいて、結果、会議が5・6時間になることもあり閉口しました。そういうときは、配置転換を行い、組織がより効率的に回るよう改善するしかありませんでした。


伊集院静

阿佐田哲也さんは「ギャンブルで大事なのは、自分のフォームを作ることだ」と言った。競馬や競輪など3分先、5分先の幻想を追いかけるレースを前に、場が荒れるか、荒れないかはわからない。だから、自分で決める必要がある。決めて打つ。たとえば、100万円の金をこの一点に打つ、と。10万円ずつばらして買い、どれか当たればという賭けは必ず外れるからだ。それは鳥を撃つのに散弾銃を使うようなもんだ。小鳥は撃てるが、大きな獲物は獲れない。大物を狙うなら、散弾銃の発想をしてはいけない。選択には常にリスクがなければ駄目だ。


戸塚隆将

新人時代に叩き込まれたのは「顧客の立場で、どうすればいいかを考える」ということでした。


濱田純一

一部の学生は、何もしなくてもどんどんいろんなことにチャレンジしています。しかし中間層の学生は頭は良いし、大抵のことはできるということに満足してしまっているきらいもある。そういう学生たちが外に出て、いろんなものとぶつかって苦労すれば、もっと伸びます。


島正博

作り手が自分勝手にこんなものでいいだろうと決めて、一方的に大量生産するという手法はもう通用しない。【覚書き:顧客の価値観やニーズが多様化し、画一的な大量生産では対応できなくなってきた現状を語った言葉。】


松井利夫

社長がトイレ掃除をやらずして社員にやらせようとしても、それはうまくいきません。私自身、社長時代にトイレ掃除をしたし、いまもし私が社長であれば、社員が週1回だとしたら、役員には「週3回しろ」と指示しますね。トイレ掃除も、その奥にある意味を見つけることが大事なのです。ある銀行出身者が涙を流しながら、トイレ掃除がこんなに勉強になるとは思わなかったと私に語ったことがあります。銀行勤務のときは業者がしていたそうで、「いままで自分は人に掃除をしてもらいながら、こんなにありがたいものだと気づいていなかった。人のためにしている掃除だと実感した」と言っていました。


石渡美奈

体制への不満は、結局、私への不満だ。私は混乱が起きたいきさつを幹部から聞いていたが、人を介して聞く話は尾ひれがつき、大きな問題に膨らんでいると感じた。私の思いが幹部を通じて現場に伝わっていないがゆえに、こうした事態を招いたのなら、私が社員たちと向き合わなければいけないと考えた。1対1で向き合うのはエネルギーを要したが、実際に向き合って話を聞くと、人づてに聞く内容と違う部分が分かり、彼らの仕事への意欲が高いことも感じ取れた。私に話を聞いてもらいたかったということも分かった。これですべてが解決したわけではない。これからも成長のための混乱はまだまだ続くはずだ。ただ、今回のことで、「相手を理解したい」と思いながら人と向き合うことの重要性を痛感した。


川田修(ライフプランナー)

転職や独立をする際に重要なのは、培ってきたスキルを活かすこと。そのためにまず、「自分を棚卸しする」ことが大事。私の場合、自分の棚卸しになったのは、本を書き、多くの感想をいただいたことでした。それまでは、「保険を売ること」が得意なことだと思っていたのですが、実は「他人と自分を差別化する」ことが得意なんだと気がつきました。


梛野憲克

サービスの種類だけでなく、実績や社内の経験・ノウハウを積み上げ、ストック型のビジネスモデルでサービスを進化させています。


高畑充希

どんどん(肩の)力が抜けるようになったのは、やっぱり朝ドラのお陰かもしれません。最近は仕事の責任が大きくもなってきたけど、あれを乗り越えられたから大丈夫だろう、現場に行けばなんとかなるだろうという飛び込む勇気を手に入れたというか。いい意味で行き当たりばったりでいることが、お芝居に生っぽさを持たせてくれるのかなあ、とも思います。