名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森雅弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森雅弘のプロフィール

森雅弘、もり・まさひろ。日本の経営者。「ショーケース・ティービー」社長。石川県出身。金沢大学大学院機械工学研究科修了後、リクルートを経てフューチャーワークス(のちのショーケース・ティービー)を設立。同社を東証一部に上場させた。

森雅弘の名言 一覧

上場はゴールではなく、あくまでもスタート。ストック型の既存事業で確実な成長を確保しつつ、その利益を積極的な新サービスの開発・展開、そしてアライアンスに投資し株主ならびに投資家の期待に応えていきたい。


おもてなしのできる人材になって欲しい。目の前にいるお客様、親、友人におもてなしができなければ、ネットでおもてなしはできない。


ビジネスにつながるものばかりではないのですが、これから先を考えると人脈やご縁があってこそです。そのご縁の質・量がマザーズ上場で上がり、東証1部でさらに太くなった感じがしています。


シリコンバレーのITは人間的要素が薄く、ロジカルで功利的。確かに効率的ですが、私は温かみの部分を、いかに冷たいITに乗せることができるかにチャレンジしたい。それができるのはシリコンバレーでも、中国でもなく、日本企業だと思う。


質、生産性が重要ですから、当社は採用を進めると同時に、教育に力を入れています。特にエンジニアが勉強しなければならないテーマは日々変わりますから、教える側も勉強しながら教えています。言ってみれば、誰かが教えるのではなく、みんなで学び合う感じです。


おもてなしは相手のして欲しいことを予測するわけですが、このための手法がAIだと思うんです。相手がして欲しいことをグッドタイミングで、それをスマホで、パソコンで、リアル店舗でやっていく。AIは我々がおもてなしをするための技術として使っていきたい。


東証一部になったことでよかったと感じるのは、やはり採用です。ここ2~3年、エンジニアの採用に苦労していたのですが、今年は様々なチャネルからご紹介いただけるようになっています。中途でいろんなチャネルからご紹介いただけるということです。


これまでのウェブサイトは、より使いやすいものに改善するには新しく作り替えるスクラップ・アンド・ビルドの考え方が主流でした。しかし、それではいくら資金があっても足りないし、制作会社も時間に追われた過酷な作業から抜け出せない。リアルの世界でも繁盛しているのは新装開店を繰り返しているきれいな店ではなく、多少店は古くてもきちんとした接客や気が利いたおもてなしをしているところです。ネットでも心地よくストレスを感じることなく商品を購入することができるはずです。できるだけ今あるものを有効に活用しながら、人にも地球にも優しいエコなウェブマーケティングの形を提案していきたい。


当社が行っているのは、インターネット上でのおもてなしです。お客様が運営しているウェブサイトをより「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」しています。皆さんは今、インターネットで日々いろいろなホームページを見ていると思いますが、見やすいものもあれば、そうでないものもあります。買い物をする際に、入力しやすいサイトもあれば、そうでないものもあります。まずはそれらを解決するのが、ネット上でのおもてなしの第一歩だと考えています。人間と同じことをITでも実現することを、私たちは目指しています。


森雅弘の経歴・略歴

森雅弘、もり・まさひろ。日本の経営者。「ショーケース・ティービー」社長。石川県出身。金沢大学大学院機械工学研究科修了後、リクルートを経てフューチャーワークス(のちのショーケース・ティービー)を設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

山本梁介

今後はアジアでの展開に力を入れたいと思います。ITによるシステムは万国共通でも、日本の経営陣と現地スタッフとのあいだでの理念の共有が最も大事だと痛感しています。


篠原菊紀

3日坊主を避けたいなら、自分が取り組んでいる勉強のことを、フェイスブックやツイッターなどに書き込むといいでしょう。「やったー、勉強、終わった」とか何でもいいのです。単なるつぶやきですが、本人にとっては自己開示することの快感があります。脳活動を見ても、線条体を含む報酬系の部分が活性化することが示されています。


トマス・エジソン

いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ。


泉谷しげる

怒りたくない人間になりたいのか、怒り続ける人間になるのか、その選択さえちゃんとすればいい。ムリにやさしくなる必要はない。怒り続ける頑固オヤジは、それはそれで役目があるからな。俺が子供の頃は、悪さをすれば、「コノヤロー!」ってホウキを持ってひっぱたいてきたオヤジがいたよ。他人の子供でも平気でパーンと。


鈴木貴子(経営者)

「価値の提供」はとても大切です。私は、エステーに入社する前に外資系高級ブランド会社に在籍していました。高級ブランドのバッグはとても高価なのに、お客様は喜んで買ってくれるのです。そのバッグを持つことで得られる満足感を体験しているからにほかなりません。


岡田裕介(東映)

最近、つくづく思うのですが、オリンピックを見ていても「案外、日本やるじゃない」という話になりますよね。つまり、若者は若者で、ある種の価値観の中で、しっかりやっていける可能性があると思うんです。


嶋津良智

営業の仕事は大嫌いだったんです。ただ、最初に内定をくれたところに入ろうと思って就職活動をしていたら、それがバリバリの営業の会社でした。同じ支社に配属された14人が、連休明けに7人になっていました。私は辞めようとは思いませんでしたが、営業が嫌だという気持ちは変わりません。ところが見回したら、一人だけ営業していない人がいた。支社長でした。偉くなれば営業しなくていい。そう気づいた瞬間、営業の仕事が昇進というゲームに変わりました。


川本隆一

経営者にとって、自らの命(めい)、すなわち社会に対する役割を強く意識するようになりました。仕事を通じて社会貢献することを、人生の一部として歩んでいこうと思っています。


菊入みゆき

手がける仕事すべてに意義を見出そうとしないというのも解決策です。意義が感じられない仕事はやる気がしないというのでは、行き詰まってしまうこともあるでしょうから。


大久保尚武(積水化学工業)

社名の「積水」とは、古代中国の思想家・孫武の作とされる『孫子』の一節「勝者の民を戦わしむるや、積水を千尋の谷に決するがごときは、形なり」にちなんだものです。世界中で広く読まれているフランシス・ワンの『孫子』では、積水の一節について「チャンスを逃さず一気に勝つためには、着々と水を積み上げていくような事前の準備が大事である」との解釈を示しています。


山本吉兵衛

心の片隅に相手に対する愛情がないと、本当の商売はできない。


安齋肇(安斎肇)

僕の人生、親父をはじめ、彼女に、同級生に、友達にって、みんなに助けられて動いてます。