名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森章(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森章(経営者)のプロフィール

森章、もり・あきら。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田信託銀行(のちのみずほ信託銀行)を経て「森ビル」に入社。森ビル常務などを経て「森ビル開発(のちの森トラスト)」社長に就任。

森章(経営者)の名言 一覧

道具が変わることに伴い、発想や考え方を変えることで、全く新しいものができる。


優秀な人であるほど、自分の過去の学習方法にこだわってしまう。


私はこれまで事業を行うにあたって、まず目標を設定し、それに合ったツールやシステムは何かという発想でビジネスを組み立ててきました。


新しいシステムを運用する際は、往々にして経験が邪魔をする場合があります。


不透明な中だからこそ、事象を俯瞰して眺め、企業として安定的な基盤を整えつつ、多面的に布石を打っていく必要がある。


基本的には自然体で。ただし、投資余力は十分あるので、いわば「攻撃的自然体」で臨んでいきたい。


新しいシステムの性能がもたらされる由来を知るより、その性能を何に、どのように活用すると有効な成果を得られるのか発想する力の方が重要。


世界、社会の資金の流れがどう変わっていくのかを常に見ていきなさい。


既成概念にとらわれず、社会に必要なものを見出して目標を設定し、進化し続けるツールを活用し、時には必要な制度・システムを作りながら実現していくような柔軟な発想力を若い人に持って頂きたい。


日本は経験者を重視してしまう傾向がありますが、機械の進歩は飛躍的に進んでいます。経験や、今あるものから積み上げて発想しても、あっという間に陳腐化したり、時代に不適合となる可能性が高い。


これまで私達は「コンラッド東京」や「シャングリ・ラ・ホテル東京」、「ウェスティンホテル仙台」などを誘致しており、特に相手を決めずに、その場所やプロジェクトに合ったパートナーを選ぶことにしています。今後も特定の相手とのみパートナーシップを結ぶ考えではありません。


都市開発の面でアプローチするならば、ヒト・モノ・カネを呼び込める「都市の活力」づくりが重要。


森章(経営者)の経歴・略歴

森章、もり・あきら。日本の経営者。「森トラスト」社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、安田信託銀行(のちのみずほ信託銀行)を経て「森ビル」に入社。森ビル常務などを経て「森ビル開発(のちの森トラスト)」社長に就任。

他の記事も読んでみる

中野勘治

かつてニチレイで冷凍食品を担当していたころから、常にマーケットインを心がけてきました。それまでのマーケティングの仕事は、開発があげてきた商品をどう売るか、という完全なプロダクトアウトの発想でした。


岩井俊憲

強調しておきたいのは、「勇気づける」と「ほめる」とは違うということです。「勇気づける」とは「困難を克服する活力を与えること」であり、お互いの間で相互尊敬・相互信頼にもとづく共感的な態度が欠かせません。それに対して、「ほめる」の場合、評価的な態度から始まり、相手が自分の思い通りの反応をすると相手をいい気持ちにさせることがありますが、自分の期待に添わないと、くさしたりけなしたりすることもあるのです。


おちまさと

最初はとにかく前向きにアイデアを出す。ある程度出たら、現実的か、起きそうな問題はないかとマイナス思考で徹底的にチェックする。繰り返すことで斬新で隙のない企画になる。


外山滋比古

学生に卒業論文を指導していて感じたのですが、みんな驚くほど「思考の方法」を知らないのです。とくに、学校の成績が優秀で本をよく読む学生ほど、思考力に問題がありました。彼らはもっぱら、「知ること・記憶すること」に努力していますから、考える習慣が身についていないのです。


池谷裕二

「やる気」はそもそも、「行なわなくても死なない」ことをするときに求められるものです。猛獣に追われたら、どんなにやる気のない人も全力で逃げるでしょう。これに比べると、仕事や勉強にはそこまでの切迫性はない。その程度の対象に精力を傾けるのは、ある意味で不自然なことなのです。だからこそ、意識的に心をコントロールする工夫が必要。


鈴木喬(経営者)

私の経営は独裁といっても、独善とは違うのです。現場の社員と対話し、世の中の流行にも敏感であらねばなりません。そうでないと、トンチンカンな方向に行ってしまいます。


木股昌俊

やや甘く、突っ込みどころを見せないと、誰も意見を言ってくれない。


柄澤康喜

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。


相澤賢二

上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。


ロバート・キヨサキ

「お金に関する無知」が、いまになって深刻な現実を生んでいる。想定していたまともな生活水準を維持しようとすると、「引退」できなくなってしまった人が大勢出ている。


ケヴィン・ダットン

サイコパスは利益にならないことには集中力を発揮しない。その場合の集中力は一般の人以下かもしれない。


佐々木常夫

家族ときちんと向き合えない人間が、会社で部下と向き合えるでしょうか。私はそうは思いません。父として、夫として、家族にも責任をもたなければいけません。だから、仕事も家庭も徹底的にマネジメントして時間を作り、必死の思いでやり抜いてきました。それが私にとってのライフ・ワーク・バランスなのです。