名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森稔のプロフィール

森稔、もり・みのる。日本の経営者。森ビル会長。京都府出身。森ビル創業者森泰吉郎の次男として生まれる。東京大学教育学部卒業後、森ビルに入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、社団法人不動産協会理事、社団法人経済同友会理事、東京都首都移転問題専門委員なども務めた経営者。

森稔の名言 一覧

できない理由を並べ立てるのはやめにして、前例は自分たちでつくる。


常識とか既成概念に縛られずに、何が一番問題かを突き詰めて考える。


ただ経済の街だけでは駄目。文化の香りがする街でないと、内外から人が集まってこない。


本当の評価は誕生した時点ではわからない。時代の波を受け止めながらどう成熟していくのか、社会経済にどんな効果をもたらしたのか、それによって何を実現したのか、長い歳月をかけてわかってくる。


私は東京を世界に誇る環境共生都市にしたいのです。理想を実現するためには、またいくつもの困難を乗り越えなくてはいけませんが、諦めるつもりはありません。志を忘れなければ、きっとつかめるはずです。


状況が変化すれば、それに合わせて微調整する必要はあるでしょう。しかし、志を見失って方向性まで変えてしまっては意味がありません。とくにリーダーはブレてはいけません。自分の信念や理想を貫いてこそ、リーダーたる資格があるのです。


正直なところ、「ここで私がやめたいと言えば、すべて終わりにできる」と考えた瞬間もありました。しかし、そのたびに、都市の再生なしに日本の発展もないと信じて踏んばってきました。長期にわたるプロジェクトをなんとか形にできたのも、街づくりに対しての志を捨てなかったからです。


アークヒルズや六本木ヒルズの開発プロジェクトでは、実に様々な困難が立ちふさがりました。再開発には地権者の理解を得る必要がありますが、それぞれの人の事情をひとつの方向に揃えていこうとすれば、当然、摩擦が起こります。これは当たり前のことで、粘り強く再開発のメリットを説くしかありませんでした。


夢を描くだけでは何も実現しません。理想を形にする際には、現実にいくつもの困難が待ち構えています。そこで求められるのは、志を貫く強さではないでしょうか。


私たちの仕事は、その場所にふさわしい人々、そのエリアに求められる人々のライフスタイルや価値観に合った舞台や仕掛けをつくること。建物や街をつくるのであっても、街を成熟させ、街の個性を創り上げていくのは、そこに住み、働き、集う人間である。


街は生きている。その呼吸を止めるほうが不自然だ。都市は、いまこの瞬間を生きる人の営みを受け止め、これからのライフスタイルや価値観を実現するものでなければならない。


森稔の経歴・略歴

森稔、もり・みのる。日本の経営者。森ビル会長。京都府出身。森ビル創業者森泰吉郎の次男として生まれる。東京大学教育学部卒業後、森ビルに入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。そのほか、社団法人不動産協会理事、社団法人経済同友会理事、東京都首都移転問題専門委員なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

天達武史

気象予報士の資格があるのを知って、「取ってもいいかな」くらいの軽い気持ちで勉強を始めたんです。でも、実際には合格率10%以下の狭き門。試験は年2回あるんですけど、1年目の1回目、2回目はまったく受かる気配もなく、むしろ問題が何を問うているのかもわからないという状態でした。合格後にわかったんですが、気象予報士試験を通るには最低でも大学生ぐらいのレベルの数学・物理の基礎知識が必要なんですね。どちらも欠けていた僕は、とりあえずわかるところまで戻ってみようとした結果、小学校4年生の算数ドリルから始める始末。本当に話にならない学力だったんです。


村上太一

課題に対して、思っていても変わらない。とにかく行動で変えていくしかない。


國貞文隆

ベンチャー企業家は淘汰され、いくつもの企業が生まれ、死んでいくのがベンチャーの世界です。したたかに生き残っていくには運と自己変革が必要です。失敗しても何度でも立ち上がらなければなりません。そのためにも折れない心を鍛えようとして、トライアスロンなど自己鍛錬を兼ねたスポーツをやる社長が多い。それを乗り越えることで、また自分に自信を取り戻すことができるのでしょう。


小山聡章

入社以来14年間、「加入してください」と絶対に言わないと決めています。大切な言葉はお客様から言っていただかないと意味がありません。たとえば「これはいい商品だと思いませんか? この保障なら安心ですよね?」では、お客様はハイしか答えられません。私は商品の説明をするだけで、お客様から「いい商品ですね。すごく安心です」と言ってもらいたいんです。そうすれば、お客様の心に納得感が染み込み、最後に大きなイエスにつながるものです。


田中実(経営者)

どんなサービスを提供すれば、お客様に喜んでもらえるか。それが大前提です。


ケネス・クラーク

ある種の機械の製作に関する疑問が最初にあった。次に、アルキメデスの影響ものもとに、動力学の第一の法則に疑問が出てきた。それから、風、雲、地球の年齢、世代、人間の心について、それまでに問われたことのなかった疑問が次々に出てきた。【覚書き:ダ・ヴィンチの手記を時系列で分析した結果についての発言】


粟田貴也

成功者の本を読んで夢想することで、やる気を高めています。スポーツマンもよくイメージトレーニングをすると聞いたことがありますが、それと同じ。イメージトレーニングの時間をもつことで、心を充足させるとともに、自分の目標を明確にして、諦めずに追いかけるマインドが形成されます。


齋藤正勝

張り切り過ぎちゃって、倒れたんです。入退院を2回も繰り返して、これで自分が担当したプロジェクトも中断してしまうと思ったら……。何の影響もなかった。結局、自分は会社の歯車で、僕の代わりなんかいくらでもいるんだという、大組織の底力を思い知らされました。

【覚え書き|SE時代を振り返って】


ハワード・シュルツ

正直に言うと最初のうちは自分に資金集めの才能があるとは思えなかった。しかし、経験を重ねているうちに、趣旨説明や質疑応答もうまくできるようになった。


日覺昭廣

問題が発生した時、対策のリストが上がってくることがありますが、それでは全く解決になりません。原因が分かっていない状態で手を打っても、すぐに新たな問題が発生するので時間の無駄です。対策の前に原因を追究することで、「やるべきこと」はおのずと見えてくる。だから、対策会議はいらない、原因究明会議をせよと言っています。


阿部祐二

相手の話をよく聞き、理解すれば、根掘り葉掘り質問しなくても、相手から話してくれることはよくある。


鈴木章裕

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。