名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

森田直行(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森田直行(経営者)のプロフィール

森田直行、もりた・なおゆき。日本の経営者。京セラ副会長、KCCS会長。福岡出身。鹿児島大学工学部応用化学科卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。常務取締役経営情報システム事業部長、などを経て副会長。また、京セラコミュニケーションシステムズ(KCCS)社長・会長、KCCSマネジメントコンサルティング社長を務めた。

森田直行(経営者)の名言 一覧

人のために尽くせば、相手は必ずお返しをしようと思う。他を利することが、結局は自分を利することになる。


メンバー全員のベクトルが正しい方向に揃うと、結果が最大化する。


「Aをやると、代わりにBができなくなる」というとき、京セラなら「AもBもやれ」と叱られる。両方を実現する方法を考えればいい。


稲盛(和夫)さんは、「できます」と言う人に仕事を任せた。前向きな人の方が成功する確率がはるかに高いことをご存じだからです。


自分を磨き続けるリーダーが、組織を永続的に発展させていく。


経理は会社の財産を守るのが仕事。


予算制度の問題は、予算という名目だと使いきることが正しいと思いがちになることです。


部門別に数字が出ていれば、社員たちも問題点に気づきやすいし、対処も容易だ。


私は経営というのは長期戦だと思っています。


長期的な戦いで勝てるチームはどこもチームワークがいい。スター選手は少なくとも、チームワークがいい組織は長期にわたって良い成績を残していけるんですね。リーダーを中心に一体感があり、一致協力の体制が取れています。


経営者が社員を幸せにしようとするから、社員も一生懸命仕事をし、お客様を大事にする。その結果、業績が良くなっていけば株主も喜ぶということになるのです。


現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。


経費を可能な限り細かく分けることも大事なポイントだ。決算書を見ていると、ほかの経費項目より「雑費」の方が多い場合がよくある。経営の実態を良くつかむためには、膨らんだ経費の項目を細分化することが必要である。すでにある項目についても可能なものは分ける。光熱費の項目があれば、それをガス代、燃料代、電気代、水道代といった具合に分けていく。こうすることによって、どの部分を削減しなければならないのかを可視化することができる。


各組織のメンバーが知恵を絞って努力すれば、売上が増えてもそれにかかる経費を増やさない、あるいは減らすことができる。どこに無駄な経費が使われているかをわかりやすくするのが部門採算制度導入の目的である。


京セラの時間当たり採算表が生まれたのは、もともと技術者だった稲盛(和夫会長)は、経理にはそれほど詳しくなかった。損益計算表ではなく、社員みんなが理解できる家計簿程度の知識で採算を管理する方法はないか。試行錯誤の末、独自の方法を生み出した。


企業が競争優位を確保するためには、現場力が不可欠だ。現場が経営の実態をつかみ、自らの創意工夫で商品力を高め、コストダウンを図ることができれば、必然的に企業の競争力は向上する。


製造部門が市場の動向に敏感であれば、家電が値下がりを続けているにもかかわらず、売れない商品をつくり続けることなどありえない。例えば京セラの製造部門であれば、製造したところで赤字になることがわかれば、工場を止めてしまう。製造部門がより収益を上げられる製品を探して、それに切り替えていく。


JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


稲盛(和夫)さんはJALの幹部社員に対して、「残った社員を幸せにするのが幹部の仕事だ」と熱心に説いていきました。利益が大事だという意識を植え付けようとした際には、「利益より安全が第一だ」という声が上がりました。これに対し、「安全が第一なのは分かる。でも、修理をするにもお金が要るじゃないか。それならば利益も必要だろう」と話すと、誰も反論できませんでした。


「夢なんて自分でも持てないのに、どうして部下に与えられるのですか」と聞いてくる人がいましたが、そんなに難しいことではありません。例えば、毎月3000万円の売り上げがある部のリーダーなら、「来月は5000万円、売ろう」とメンバーに声をかければいい。それが部の夢になるのです。メンバーが「どうすればいいのですか」と聞いてきたら、「それをみんなで考えよう」と言う。すると、アイデアを考えるようになる。そういう部署は面白くてやりがいがあります。


森田直行(経営者)の経歴・略歴

森田直行、もりた・なおゆき。日本の経営者。京セラ副会長、KCCS会長。福岡出身。鹿児島大学工学部応用化学科卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。常務取締役経営情報システム事業部長、などを経て副会長。また、京セラコミュニケーションシステムズ(KCCS)社長・会長、KCCSマネジメントコンサルティング社長を務めた。

他の記事も読んでみる

寺尾玄

かつてスペインを放浪していたとき、ものすごくお腹が空いてたどり着いた街のパン屋さんで買った、たった一個のパンのおいしさを私はいまも忘れられません。そのときの体験を届けたい。バルミューダ・ザ・トースターは、そう考えて開発しました。


塙昭彦

これまで誰もやっていないなら、お客さんが入るか入らないかも分からない。まずはやってみよう!


野村克也

「不調になったら汗をかけ!」。昔の野球界には、そんな言葉があった。いかにも古くさい考え方だが、じつは一理ある。というのも、思い切り走るなどして汗をかくと、それに没頭して、配球や打撃の不調など忘れられるからな。不調な時というのは、ムダに心が乱れ、冷静な判断ができなくなる。しかし、その根本的な原因である野球そのものから一度離れれば、冷静になれるわけだ。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

飲酒は睡眠の質を低下させます。とはいえ、接待や懇親会など、飲むこと自体が仕事の一環というケースもあるでしょう。その場合、熟睡感をなるべく損なわないような飲み方を心がけてください。具体的には、お酒と一緒にチェイサーとして水を飲む。水を飲めば早めにウオッシュアウトできて負担が軽くなり、熟睡感が損なわれにくくなります。量の目安は、お酒と同量。


朝田隆

脳室(脳内の空間)にたまった脳脊髄液が脳を圧迫することで認知障害が現れる正常圧水頭症は、脳脊髄液を抜けば症状が治まります。硬膜と脳の間に血がたまる慢性硬膜下血腫や、全身の機能が低下する甲状腺機能障害も、病気を治せは症状がなくなる。原因を調べずに諦めてはいけません。


河野裕(小説家)

未来の自分に無茶ぶりしておいたほうがシリーズものは面白くなる。私が唯一信頼している自分の能力は「後付け」の力なんです(笑)。


上川隆也

お互いのパーソナルエリアが物理的にも精神的にも遠慮なく近づきあえる間柄になることは芝居を大きく左右する。でも、その発芽のきっかけがどこにあるかわからない。長く一緒に過ごせばそうなれるものでもないんです。むしろ、とても稀で幸せなこと。


三須和泰

社内に対しては「変化しなければいけない」という話をしています。この105年間、我々の先輩たちも変化をし続けてきたから今があります。会社も、社員1人ひとりが変化、進化を続けることが重要であり、今年はそれを実現する年にしていきたい。


内藤誼人

相手に謝礼するのなら、相手が行動を起こす前の方がいい。どうせ謝礼を渡すなら、前もってあげてしまった方が説得のしやすさも違ってくるし、相手のやる気も違ってくる。部下に頼みごとをしようとして「あとで飯でも奢るからさ」と言う先輩と、きちんと食事を奢ってくれてから頼みごとをする先輩がいるとしたら、部下がやる気を出して言うことを聞いてくれるのは後者だ。


クリス・ジョンソン(ネスレ)

少子高齢化の変化は、我々にとってむしろチャンスです。なぜならネスレは食品・飲料だけでなく、栄養・健康・ウェルネスへと事業分野を広げているからです。スイス本社では基礎研究の成果を生かし、ネスレは世界で10万品目以上の商品を販売しています。今後も日本に合った商品を積極的に投入していきます。


西郷隆盛

志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。


水越豊

意思決定に必要な数字の「粒度(りゅうど、粒の大きさ)」は内容によって異なります。「広告宣伝費を減らすと売り上げに影響が出る」という議論をしているとき、売り上げの減少は1億円なのか10億円なのか、だいたいの数字がわかればいい。一方で食品の安全基準はより明確でなければなりません。数字を使って議論するときは、どの程度の粒度が要求されているかを考えて定量化することが大切です。