森田直行(経営者)の名言

森田直行(経営者)のプロフィール

森田直行、もりた・なおゆき。日本の経営者。京セラ副会長、KCCS会長。福岡出身。鹿児島大学工学部応用化学科卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。常務取締役経営情報システム事業部長、などを経て副会長。また、京セラコミュニケーションシステムズ(KCCS)社長・会長、KCCSマネジメントコンサルティング社長を務めた。

森田直行(経営者)の名言 一覧

人のために尽くせば、相手は必ずお返しをしようと思う。他を利することが、結局は自分を利することになる。


メンバー全員のベクトルが正しい方向に揃うと、結果が最大化する。


「Aをやると、代わりにBができなくなる」というとき、京セラなら「AもBもやれ」と叱られる。両方を実現する方法を考えればいい。


稲盛(和夫)さんは、「できます」と言う人に仕事を任せた。前向きな人の方が成功する確率がはるかに高いことをご存じだからです。


自分を磨き続けるリーダーが、組織を永続的に発展させていく。


経理は会社の財産を守るのが仕事。


予算制度の問題は、予算という名目だと使いきることが正しいと思いがちになることです。


部門別に数字が出ていれば、社員たちも問題点に気づきやすいし、対処も容易だ。


私は経営というのは長期戦だと思っています。


長期的な戦いで勝てるチームはどこもチームワークがいい。スター選手は少なくとも、チームワークがいい組織は長期にわたって良い成績を残していけるんですね。リーダーを中心に一体感があり、一致協力の体制が取れています。


経営者が社員を幸せにしようとするから、社員も一生懸命仕事をし、お客様を大事にする。その結果、業績が良くなっていけば株主も喜ぶということになるのです。


現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。


経費を可能な限り細かく分けることも大事なポイントだ。決算書を見ていると、ほかの経費項目より「雑費」の方が多い場合がよくある。経営の実態を良くつかむためには、膨らんだ経費の項目を細分化することが必要である。すでにある項目についても可能なものは分ける。光熱費の項目があれば、それをガス代、燃料代、電気代、水道代といった具合に分けていく。こうすることによって、どの部分を削減しなければならないのかを可視化することができる。


各組織のメンバーが知恵を絞って努力すれば、売上が増えてもそれにかかる経費を増やさない、あるいは減らすことができる。どこに無駄な経費が使われているかをわかりやすくするのが部門採算制度導入の目的である。


京セラの時間当たり採算表が生まれたのは、もともと技術者だった稲盛(和夫会長)は、経理にはそれほど詳しくなかった。損益計算表ではなく、社員みんなが理解できる家計簿程度の知識で採算を管理する方法はないか。試行錯誤の末、独自の方法を生み出した。


企業が競争優位を確保するためには、現場力が不可欠だ。現場が経営の実態をつかみ、自らの創意工夫で商品力を高め、コストダウンを図ることができれば、必然的に企業の競争力は向上する。


製造部門が市場の動向に敏感であれば、家電が値下がりを続けているにもかかわらず、売れない商品をつくり続けることなどありえない。例えば京セラの製造部門であれば、製造したところで赤字になることがわかれば、工場を止めてしまう。製造部門がより収益を上げられる製品を探して、それに切り替えていく。


JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


稲盛(和夫)さんはJALの幹部社員に対して、「残った社員を幸せにするのが幹部の仕事だ」と熱心に説いていきました。利益が大事だという意識を植え付けようとした際には、「利益より安全が第一だ」という声が上がりました。これに対し、「安全が第一なのは分かる。でも、修理をするにもお金が要るじゃないか。それならば利益も必要だろう」と話すと、誰も反論できませんでした。


「夢なんて自分でも持てないのに、どうして部下に与えられるのですか」と聞いてくる人がいましたが、そんなに難しいことではありません。例えば、毎月3000万円の売り上げがある部のリーダーなら、「来月は5000万円、売ろう」とメンバーに声をかければいい。それが部の夢になるのです。メンバーが「どうすればいいのですか」と聞いてきたら、「それをみんなで考えよう」と言う。すると、アイデアを考えるようになる。そういう部署は面白くてやりがいがあります。


森田直行(経営者)の経歴・略歴

森田直行、もりた・なおゆき。日本の経営者。京セラ副会長、KCCS会長。福岡出身。鹿児島大学工学部応用化学科卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。常務取締役経営情報システム事業部長、などを経て副会長。また、京セラコミュニケーションシステムズ(KCCS)社長・会長、KCCSマネジメントコンサルティング社長を務めた。

他の記事も読んでみる

野坂英吾

「厳しい道の方が近道なんだ」と信じ切り、最短の道を選ぶための辛抱だと思えば耐えられます。自分が実現したい目標があるのに、自らその道を閉ざすことはありません。


小池百合子

会社人間が評価される時代はもう終わり。これからは短時間で効率よく仕事ができる男性こそが「デキる男」と評価されるべきです。雇う側も働く側も思い切った意識改革が必要ですね。


高田明(ジャパネットたかた)

勝算があったわけではありません。大きな目標と条件を掲げ、それに向かって挑戦してくのが私流のやり方です。


西野七瀬

グループ(乃木坂46)に入ってから鍛えられた部分はあるかもしれません。今のメンタルで昔に戻ったら楽勝やんなって(笑)。最近になって、やっと「まずは楽しもう」と思えるようになってきたんです。


野尻哲史

投資を始めるときに最初にすべきことは、「何のために投資をするのか」「何のために資産形成に着手するのか」という、その目的をよく考えること。そしてこれに合った投資先を見つけることがスタート地点です。


能町光香

上司と定期的に目標設定の時間を持つ、報告や連絡の際はその延長として自分の課題や改善すべき点を指摘してもらう、といった方法を積極的に取りましょう。上司はそうした果敢さを持つ部下を歓迎します。部下が何を考え、どんな目標を持っているかを知ることで、組織にどう役立ってもらうかを判断できるからです。


村口和孝

いかなる成功も、経済の世界が変わる潮に乗らないと実現は出来ない。だから変化に注目する事が大切だ。


堀切功章

需要は創り出すもの。例えば、当社の「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」という商品は、加熱処理をしていない生しょうゆを、鮮度を維持する密封容器に入れた商品なのですが、「このしょうゆは美味しい」と話題になりました。これは新しい価値を付加できたからではないかと思います。


八ツ井慶子

貯蓄は、準備を早く始めれば始めるほど楽になります。家計の切り詰めはともすれば辛いものですが、準備期間が長ければ少しずつの努力で済み、さまざまな方法も試せます。


田中辰巳

信用は何年もかけて取り戻すしかありません。信用を失うのは一瞬、取り戻すのは10年かかると心得るべきです。


松井忠三

未知の環境で逆境を経験した時こそ、人や組織の本質が最も見える。


野中正人

当社は衣料品メーカーから商品を100%買い取っています。注文したものはすべて当社が引き取るため、作ったものが戻ってくる心配がありません。返品があると商品を運ぶための物流や事務処理などの追加コストが発生します。この追加コストがないため、メーカー側は安く商品を供給できるのです。当社と取引するのは楽だと喜ばれていますよ。返品がなければ、メーカーの担当者の業務量は減ります。返品や帳簿の書き方を覚えなくていいし、数量を数えなくても済む。戻ってきた商品を検品する必要もありません。売値は安くても、「しまむらさんとの取引はボリュームがあるからいい」と言ってもらえる。


ヒラリー・クリントン

自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段であり、隠れ家に引きこもってしまうよりずっといい。


山本昌(山本昌広)

アイク生原さんとの出会いが大きかったですね。何度も言われたのは、「上から投げなさい、ボールを前で離しなさい、低めに投げなさい」。これは投手にとっての基本なのですが、改めてそう言われて見直してみるとできてない。やっぱり基本は大事だということを痛感しました。球種が増え、基本に忠実に投げられるようになると、注意されることが徐々に減っていき、米国のマイナーリーグではありますが、登板ごとに勝ち数が増えていきました。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


ページの先頭へ