名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森田康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森田康のプロフィール

森田康、もりた・やすし。日本経済新聞社長。東京大学経済学部卒業後、日本経済新聞社入社。大阪本社経済部長、大阪本社編集局長、取締役電算機本部長を経て代表取締役社長。子会社の日経マグロウヒル、日経リサーチ、日経サイエンス、テレビ東京などの取締役も兼務していた

森田康の名言 一覧

英国の劇作家バーナード・ショーは「余暇は休息ではない、休息は睡眠のようにとらなければならないものである。本当の余暇とは我々が好きなことをする自由であって、何もしないことではない」と書いている。余暇を単なる閑ではなく遊びの世界に高めることは、人それぞれの価値観があり、生活の知恵でもあり、人生の生き方そのものであるので、閑中遊ありもまた心がけ次第となる。


仕事の出来が完全無欠であったかどうかの判断は自分自身でやることではない。それは世間一般の第三者がやるべきことであり、常に広く社会という鏡に照らし、照らされながら仕事をしていくと考えるべきである。


仕事がうまくいって成功した。これで完全だなどと思っては、それ以上の成長、発展はあり得ない。後は守るだけで、進歩の芽が育たなくなる。仮に完全無欠だと思っても、そこは大胆に切り捨てることが大切である。意識して切り捨てるのではなく、より完全無欠を目指して、試行錯誤を繰り返すことである。そのうちに、気付いてみたら初めのものはすっかり切り捨てて、まったく新しいものにすりかわっている。欠点を見つけては直しながら完全無欠を目指していくことが仕事であり、進歩への道でもある。


人間のやることに完全無欠はあり得ず、何をやってもどこかに欠点が残る者である。それに気づいて直すと、また欠点に気付いて直す。仕事とはこの繰り返しであり、この努力の積み重ねが成長、発展につながって初めて進歩する。


遊びがあればこそ、生物は変化する環境に適応して生き残り、繁栄を続けることができるが、遊びがなければ環境に適応できずに滅んでいくことになる。生物の適者生存の原理は他ならぬ遊びのあるなしによる環境適応力の優劣に委ねられているようなものである。


仕事には区切りがあるようでないものです。少なくとも、仕事をいとわず前向きに意欲を持って打ち込む仕事師であればあるほど、仕事には際限がなくなり多忙がついて回ることになります。長い間、新聞記者であった習性もあって、仕事とは決して他から与えられるものではなく、自らの手で見つけ出すものと信じているものにとっては、なおさらきりのないことで、さらに多忙を極めることになります。


森田康の経歴・略歴

森田康、もりた・やすし。日本経済新聞社長。東京大学経済学部卒業後、日本経済新聞社入社。大阪本社経済部長、大阪本社編集局長、取締役電算機本部長を経て代表取締役社長。子会社の日経マグロウヒル、日経リサーチ、日経サイエンス、テレビ東京などの取締役も兼務していた

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

「あの人が言うから、本当だ」「あの人が言うからたいしたことではあるまい」。どちらも、会社や団体でもよく聞こえてきそうな発言です。語り手が醸し出す信憑性、つまり本当らしさや信用は、プレゼンの中では最も付け焼き刃が利かないことです。


山崎将志

どれだけ頑張っても利益が上がらないときに、これから自分はどうなるんだろうという不安にかられる。沈滞した職場を明るくするのに、お金もかからずすぐにできる方法が、声をかけることだ。部下への声かけが、「新規どれくらい増えた?」とか「売上伸びた?」あるいは「目標達成できた?」といった言葉に終始してしまうのも残念である。これらのワードは、すべて会社側の都合によるもので、お客さんの視点が抜けている。「売上増えた?」ではなく「お客さん、増えた?」、「新規どれくらい増えた?」ではなく「お客さん、喜んでる?」と言うようにするといい。同じような意味でも、視点が変わることで意識がまったく変わってくる。結局、それが売上増加にもつながる。


所ジョージ

「CM入ります」とか「○○のコーナーへ」というカンペならわかりますよ。でも、最近は、その場面で言うべきセリフが全部書いてあるカンペを出すスタッフもいるんだよ。あなたが教師で、私は生徒かって言いたくなる。たしかにラクだよ。極端な話をすれば、台本を覚えないままでスタジオに入っても、スタッフの出すカンペを読んでいるだけで、収録を終えるタレントもいるかもしれない。私なら、そんな仕事の仕方をしたら、楽屋に帰ってから落ち込むなあ。「あれ、今日の仕事は文章を読んだだけだった」なんてね。絶対に嫌ですよ。芸能は、見ている人に何かを届ける仕事だと思うんです。その「何か」は自分自身が生み出したものでなければ、面白くないでしょう。スタッフの書いた文字をただ読むだけでは、クリエイティブな部分がまったくない。


谷耕月

料理で大事なことは、前菜に塩、甘酒にショウガをほんのちょっと入れるのがコツなんです。ニンジンならニンジンの、ダイコンならダイコンの味を殺さないで、そのままの味をいかに出すか、というのが大事なポイントなんですね。人間でも、企業でも同じ。その人や企業にしかないものを持っていると思うんです。それをどう生かすか、ということですね。


南壮一郎

当社は社長の給料が最も高いわけじゃないんです。一番給料を多くもらうのは一番社業に貢献している人でいいじゃないですか。


小林陽太郎

組織の上に立つ者が、まず頭を切り替えなければ、競争に勝てる戦略は生まれてこない。
【覚書き:オイルショック後、利益を維持するために商品の価格をあげたことが裏目に出て、他者にシェアを奪われたことに対しての反省の言葉】


鈴木康夫(経営者)

私が社長に就任してから、アークの事業領域を再定義しました。顧客であるティア1(自動車メーカーの一次下請部品メーカー)が「やりたくない仕事」に集中することにしたのです。


中川邦夫(コンサルタント)

机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


松本洋(コンサルタント)

業績を上げ個人の質を高めるには「自責」の思考法が必要。問題を率先して解決し予防する責任は自分にあるのだと考えて積極的に関わっていく態度です。会社の業績を飛躍的に良くする為には、「自責」で考える社員を一人でも増やすことが一番効果的です。


ウォルト・ディズニー

成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

愛は決して眠ることはできない。


堀場厚

会社というものは、組織が大きくなるに従って、各セクション同士のコミュニケーションが希薄になることがあります。そうならないように、この(大津市にある)工場はコミュニケーションの取りやすさを重視したつくりになっています。また、皆が食事をともにする機会を増やすために、以前からコミュニケーションサポートという補助金制度をつくっています。社員が宴会を開いたら1人あたり2千円、滋賀県にある研修所に宿泊すれば1人あたり1万円を支給するという制度です。今の人たちは、昔のように同僚同士で積極的に飲みに行かなくなっているようですが、この制度のおかげで、当社ではかなり頻繁に宴会が開かれています。