名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森泰吉郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森泰吉郎のプロフィール

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

森泰吉郎の名言 一覧

中途採用の人たちは経営実務のベテランとして期待したし、それなりの力もあったようだ。ただ、組織的な仕事の進め方から逸脱し、自分勝手な判断で仕事をするようになってしまった。ほかの社員にも悪影響が及び、僕ははなはだ困った。中核となる社員は若いうちから手塩にかけて育てなくてはいけない。そう肝に銘じた。


一度取り掛かったら途中でやめない。どんな状況下でもチャンスはある。必ず成功すると信じてやり抜くこと。【都心の再開発やデベロップメントでの成功の秘訣を問われて】


森泰吉郎の経歴・略歴

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

他の記事も読んでみる

フィリップ・コトラー

新製品をともに作り出すという意識は、従業員やサプライヤー、流通業者といった利害関係者にも持ってもらうべきだ。


門脇竜一

リタイアすれば、「ただの人」になるんだからと割り切れば、自分の新しい役割も見えてくるはず。


関根勤

みなさん、大将(萩本欽一)のことを天才肌と思っているかもしれないですけど、お笑いに関してはゼロから経験を積んだ努力の人なんです。天才肌の人って、もともとできちゃうもんだから、誰かに教えるにも「なんでできないの。こう動くだけだよ」って教えようがない。でも大将は、自分が元々できなかったから、できない後輩の気持ちがわかる。だから、人にお笑いを教えるのがものすごく上手いんです。


田原総一朗

僕がこの年まで現役で仕事している理由は2つある。やたらに好奇心が強いこと、いやな仕事はしないこと。


陰山英男

集中力を養うためには、時間と量の目標を決めて、できるだけ高速で処理するトレーニングをする必要がありますが、ここで重要なことがあります。それは難しいことではなく、簡単なことをやらせること。私が授業で百ます計算を実践してきたのは、そのためです。


楠木建

ビジネスはスキルをどんどん獲得していけばうまく進められるような、そんな甘いものではない。もちろん基礎的なスキルがないと会社は回っていかない。ところが、経営はスキルと違い、担当部署があるわけではない。商売丸ごと動かして、それで成果を出すのが経営者だ。肝心要の経営がないと、担当の仕事というのも本来ありえない。だから、誰かが経営をしないといけない。担当者レベルのスキルを足し算して、いわゆるゼネラリストがいい経営者かというと全然違う。担当者と経営者の間にはつねに大きなギャップがある。それだけ経営人材は希少であり、どの国でも不足している。


川本隆一

企画書で最終的に相手を説得するには、読み手が見たことも聞いたこともないものを、いかに上手な比喩で表現するかも重要です。技術者として図面を描くときは、あらかじめ完成図のブループリント(青写真)が頭の中にできているものです。しかし、部外者に説明するとき専門用語を使っても伝わりません。


オリバー・ストーン

映画『ウォール・ストリート』をつくる際、入念にリサーチしました。様々な金融市場のプレイヤーたちの話を聞き、問題点や気づいた点を、スクリーンに描きました。金融危機のときに、国が金融機関を救うか否かを決める際、金融のトップは何ら罪悪感を持っていなかった。驚きました。そのシーンはいままでにないアプローチでした。


内藤誼人

相手に見くびられないためには、あえて初期段階でケンカしておくという方法もあります。人間って不思議なもので、一度衝突した相手とは二度とぶつからない。この線を越えると相手が怒るとわかるからです。


佐々木茂喜

「問題解決は内容が整理できれば、9割は片づいたも同然」とよく言われますが、同感です。自分のところに上がってきた報告から、大事なことを見つけて書き留め、最重要ポイントを抽出し、最終的な決断を下す。この過程を、私はノート上でやっている。


浦沢直樹

僕らが何でこんなにずっと描いているのかって、上手くなりたいだけなんですよ。


吉田浩一郎

3年後から必要な事業に対して、人の採用をしています。3年後まではいまのチームでできるので、その先に必要なものを考えて動いています。