名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

森泰吉郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森泰吉郎のプロフィール

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

森泰吉郎の名言 一覧

中途採用の人たちは経営実務のベテランとして期待したし、それなりの力もあったようだ。ただ、組織的な仕事の進め方から逸脱し、自分勝手な判断で仕事をするようになってしまった。ほかの社員にも悪影響が及び、僕ははなはだ困った。中核となる社員は若いうちから手塩にかけて育てなくてはいけない。そう肝に銘じた。


一度取り掛かったら途中でやめない。どんな状況下でもチャンスはある。必ず成功すると信じてやり抜くこと。【都心の再開発やデベロップメントでの成功の秘訣を問われて】


森泰吉郎の経歴・略歴

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

他の記事も読んでみる

上田準二

たとえ5つのうち、4つは外れても、1つ当たればいいと挑戦し続ける。そんな商品を次から次へと提供するのがファミリーマートの目指すコンビニエンスストアの姿なのです。


江崎利一

事業奉仕即幸福。事業を道楽化し、死ぬまで働き続け、学び続け、息が切れたら事業の墓場に眠る。
【覚書き|80歳の誕生日のとき、社員からの寄せ書きに対する返礼として書いた言葉】


植木義晴

社員が一丸となるためには、明確な目標が必要です。企業理念が最終到達地ではありますが、もう少しわかりやすく会社の進む道を示したものが、中期経営計画です。この中期経営計画を会社のトップが勝手につくった目標と捉えるのではなく、社員全員が自分の目標に落とし込むことが大切です。


田岡信夫

3位は2位を抱き込んで、1位と2位の条件を同じにさせるように誘導することが戦略となる。3位という地位は最も「政治力」が要求される。2位を抱き込みながら、2位が弱い者いじめの法則で3位に向かってくるのを逆に上に向かせるように誘導するという戦略だ。もう一つの戦略は、4位以下から注文をもらったりしないしないことである。下位に対しても一線を画せということである。


見舘好隆

上司自身が前向きに輝いて仕事しているだろうか。この人のようになりたいと思わせる魅力的な人がいる職場では、若手の離職率も低いはずだ。若手をなじるのは天に唾する行為に等しく、結局は自分たちに返ってくる。


松重豊

僕自身は50代になってから、体力的な衰えも感じるようになり、若い頃と同じことはできないな、と感じています。しかしその分、まったく違ったこともできるようになってきた気がしています。ものの見方や考え方、演技の仕方にしても、意外性のあるやり方ができるようになると良いな、と。


楠木新

左遷から立ち直り、それをチャンスに変えるためには、自らの出世や利益を中心に考える「自己への執着」から、一緒に働く仲間や家族などに対する「他者への関心」に姿勢を移す必要がある。


荒川亨

世の中が必要とするものを作っているのだったら、お金はそのうちついてくるんじゃないか。それよりも、本当の意味で夢を持てることをやろうよということなんです。


原田純子(経営者)

パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。


長内厚

ハーバードビジネススクールの故ウィリアム・アバナシー教授は、自動車メーカーの工場を観察し、無駄の多い工場からは新しいアイデアが出てくるが、無駄の少ない工場からは新しいアイデアは出てこない傾向があることに気づき、これを「生産性のジレンマ」と呼びました。新しいアイデアを生み出すには、効果の追求が必要です。効果とは、多様性のことです。様々なアイデアに基づきトライ・アンド・エラーを繰り返さなければ、新たな価値は生まれません。製品には必ず当たり外れがありますから、それを数多く繰り返せるほうが効果的です。ただし、そこには必ず無駄が存在します。現代のように、顧客のニーズが明確にわからないときには、無駄を許容して、新しいものを試すことが重要です。


和地孝

日本は、世界的に見て、平均して優れた人材がそろっています。これを有効に活用することが経営の合理性の追求を意味するんです。私が「人はコストではなく、財産だ」といっているのは、人情論ではなく、経営の合理性として、これだけ優れた経営資源を持っていながら活用しないのは、経営者の怠慢だと思うからです。


岡田茂

自分のモノサシでなく、お客さんのモノサシを大事にして考えることですよ。

【覚え書き|大当たりする企画づくりの秘訣を問われて】