森泰吉郎の名言

森泰吉郎のプロフィール

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

森泰吉郎の名言 一覧

中途採用の人たちは経営実務のベテランとして期待したし、それなりの力もあったようだ。ただ、組織的な仕事の進め方から逸脱し、自分勝手な判断で仕事をするようになってしまった。ほかの社員にも悪影響が及び、僕ははなはだ困った。中核となる社員は若いうちから手塩にかけて育てなくてはいけない。そう肝に銘じた。


一度取り掛かったら途中でやめない。どんな状況下でもチャンスはある。必ず成功すると信じてやり抜くこと。【都心の再開発やデベロップメントでの成功の秘訣を問われて】


森泰吉郎の経歴・略歴

森泰吉郎、もり・たいきちろう。森ビルの創業者。日本の不動産デベロッパー。東京商科大学(現:一橋大学)卒業後、横浜市立大教授、同大学商学部長を経て、森ビル創業。米国経済誌フォーブスの世界長者番付で2年間世界一の資産家にランクされる。オペレーションズリサーチを取り入れ、プロジェクトチーム方式を採用。先進的な経営を行った

他の記事も読んでみる

坂井哲史

これだけ郊外型カフェのブランドが増えると、みんなどこかで他と違う特色を打ち出さなければなりません。そうでないと、立地に恵まれた店舗はともかく、どこかと競合した時に勝てませんよ。


大山健太郎

効率を考えれば、ロングライフ商品を出すのが一番でしょう。ただ、ロングライフ商品への依存は企業が思考停止に陥る前段階で、結果的に大赤字の元凶になると私は考えています。


天野篤

メジャーなところでなくても、小さなところから積み上げていけば一人前の道をつかめる。


茂木友三郎

需要を創り出すには革新と差異化が重要。人々がこんなものがあればいいなというモノができれば、ちょっと高くても消費者の購買につながる。そうすれば企業の付加価値も高まり、企業の収益が増し、同時に分配力も増す。


小日向文世

劇団を解散したときに貯金はゼロでした。焦りは不思議となかったですね。最初は仕事がすぐ来ると思ってたんですよ。しかし来ない。考えてみれば映像の世界では無名ですから。でも、ある程度知られていけば仕事は来るだろうなと。とにかく仕事を一つ一つこなしていけば、きっと回り始めるだろうなと勝手に思ってましたね。やっぱり自分が23歳から42歳まで19年間、劇団で、役者というものの土台をしっかり作ってもらって。それはそれなりに自信があったというか、これでやっていけるというものが培われたと思ってましたから。だから、きっと仕事が来れば、やる自信はあると。


秋元久雄

働き方改革より前にやるべきなのは「楽しみ方改革」だ。つまり、社員が仕事の楽しさを感じられるような環境整備を経営者はしろよ、ということなのよ。若い連中にどんどんチャンスを与えて、失敗も成功もたくさん経験させる。そこで何かつかんだ時に初めて、本当の仕事の楽しさが分かる。新しくて付加価値の高い商品やサービスというのは、そういう楽しさを知っている社員が生み出すもんだ。強い商品があれば、むやみに長時間働かなくても、企業競争力は保てるだろ。本当に時短をしたかったら、まず「楽しみ方改革」を頑張らないと。


齋藤孝(教育学者)

緊張する場面ほど、真面目一本やりでは空気が重くなる。いいアイデアも浮かばなくなるだろう。一言でも雑談が入れば、場は緩む。まして笑いが生まれれば、話しやすい雰囲気になるはずだ。


桜田厚(櫻田厚)

モスバーガーの看板メニューは「モスバーガー」です。時代に応じて改良を加え続けた結果、創業以来、今も一番人気です。


鎌上信也

攻めの姿勢は打ち出しますが、守りも大事。今のOKIの弱点は財務です。自己資本比率が20%台では、我々の事業規模からすると脆弱過ぎる。会社を取り巻く経営環境は目まぐるしく変わるので、まずは厳しい状況になっても耐えられる財務基盤を作る必要があります。そのためには、自己資本比率をもっと上げなければいけません。


森下篤史

20年自転車に乗っていても、両手を離しては10mも進めない。「手を離して乗ってみよう」という「テーマ」を持って乗るだけで、手が離せるようになるのと同様に、生きて行くうえで、人に言われてからするのではなく、自分で「テーマ」を持ち、やるべき事はなにかを知り(業務分解)、「作業割り当て」「スケジュール」を立てて実行することで、目標は達成できるようになる。


宮嶋宏幸

品揃え、価格、商品知識、アフターサービスなど、消費者が専門店に求めるすべての要素を当社が満たしているとすれば、ほかの店に客は行かないはずです。他店に行かれるということは、至らないところが必ずあるわけです。その部分を追求し続けていかなければなりません。


大沢幸弘(経営者)

待遇を引上げたいなら、サービスレベルを上げて、顧客満足度を向上させるしかない。


森川宏平

まったく違った考えの人と話すことによって、新たなものが生まれてくる。そして、変えることを恐れないことが大切。


牧野正幸

リーダーシップには2つの重要な要素があると私は思っています。それはゼロベース思考とプリンシプルを持つということです。どちらも新しい問題に対処する時や方向性を考える時に極めて重要だ。プリンシプルがあればブレが少ないし、ゼロベース思考ができれば、過去に縛られずに思い切った方針転換ができる。


稲盛和夫

若い頃、私は思想家・中村天風さんの言葉に出合いました。「新しき計画の成就は、ただ不屈不撓(ふくつふとう)の一心にあり。さらばひたむきに、ただ想え。気高く強く、一筋に」。新しいことをやるには何事にもくじけない強い精神力がいる。であれば気高く、強く、一筋に思いなさいという意味の言葉です。


ページの先頭へ