名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森永卓郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森永卓郎のプロフィール

森永卓郎、もりなが・たくろう。日本の経済アナリスト。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、日本専売公社(のちの日本たばこ産業・JT)に入社。日本経済研究センター予測研究員、経済企画庁総合計画局労働力及び人的能力担当計画官付委嘱調査員、三井情報開発株式会社総合研究所研究員・副主任研究員、三和総合研究所研究開発部主任研究員、三和総合研究所経済・社会政策部部長兼主席研究員、UFJ総合研究所経済・社会政策部 部長兼主席研究員、獨協大学経済学部教授などを務めた。テレビ、新聞、雑誌など幅広いメディアでコメンテーターとして活躍。

森永卓郎の名言 一覧

ヒット商品は、「こんなモノあったらいいな」という素人感覚から生まれるもの。


お金って貯めることも大事ですが、それだけじゃダメ。使ってあげてはじめて活きるし、人生も楽しくなる。


お金って貯めることも大事ですが、それだけじゃダメ。使ってあげてはじめて活きるし、人生も楽しくなる。


こんな時代だからこそ、変人でいるべき。偉人や名起業家も、もとを正せば変わり者であることがほとんど。みなさんも個性的であることを恐れないでください。


会社は最高のビジネススクールです。30代は「これで食っていくんだ」というベースを作りつつ、好奇心を持っていろいろな仕事に首を突っ込んで学んでいってください。


いままで、多くの仕事をしていますが、若いころ必死に取り組んだ経済関係の仕事がベースにあったから派生していけた。これがなかったら私、ただの変態おやじですよ(笑)。


もともと好奇心が強いのか、やったことがないことは取りあえずなんでもやってきました。


自分の守備範囲で生きるのは居心地がいいけど、失敗する確率が低いから、いつまで経っても打たれ強くなれません。失敗してもいいから、外にどんどん出ていくべき。


少々おかしなことを言っても、いつものことだから「森永さんなら仕方ない」と許されることも多い。普通の人は「こんなことを言ったらバカだと思われるんじゃないか」といったプライドや羞恥心が邪魔をするから黙ってしまう。でも、実は、バカだと思われたほうが勝ちなんです。


何事もやってみないとわからない。「面白い発想がしたいなぁ」と思っているだけでは何も生まれない。他人が何を面白いと思うのかなんて、試してみないとわかりませんよ。だから、とにかくしゃべるし、やってみる。そうしなければ、自分を変えることはできないんじゃないでしょうか。


いまは、よいアイデアがひとつあれば勝負できる時代なんです。重要なのは、幅広く興味を持つことと、「これは」と思ったものをネットでアピールすること。ネタが多くなれば、お金につながるチャンスも増えていきます。100にひとつは当たりますから。


小ロットでマニアをターゲットにする。これからのモノ作りは爆発的なヒットではなく、少数のファンに支えてもらうコンセプトが必要。


マーケットが多様化するなかで、いきなり100万部のヒットを狙うのは難しい。だったら、一部のマニアに向けて1万部程度で採算がとれるように作れば損はしない。


老後に向けた準備で最も大切なのは、健康であることです。私はダイエットのおかげで持病の糖尿病が改善し、月1万円以上の薬代が浮いたのですが、これは大きなこと。病院にかかる人が減ると国の医療費負担も減り、税金を他に回すことができます。


これまで、個人のスケジュールやアイデアというものは、個人が持つ手帳やノート、頭のなかに留められることがほとんど。ところが、ウェブにつながった手帳アプリが普及することで業務効率は飛躍的に向上して、思いつきを共有すれば、新しいアイデアや商品が生まれる可能性も高いでしょう。


私は、基本的な経済知識というのは、読み書きソロバンに匹敵すると思っている。経済に疎いと、本人がそれを自覚するかどうかはともかく、日々の経済活動がスムーズに運ばなくなるし、いらぬ不利益を被る確率も大きくなるのだ。


私は、仕事のオファーはたいてい何でも受けるんですよ。それが自分にとって新しいものであれば。これは専売公社にいたころからまったく変わっていません。私にとって仕事は、好奇心を満たす手段のひとつ。新しい世界を知るには、仕事を通じて自分でやってみるというのが一番いい方法ですから。


世の中のサラリーマンはもっと枠からはみ出してもいいと私は思います。前例や慣習があっても、それがおかしいと思うなら、上司とケンカするくらいでちょうどいい。悪意があってはいけませんが、それが会社のためになるのなら、思い切ってやってみればいい。もちろん反発にあうこともあるでしょうが、味方をしてくれる人も同じように現われるはずです。


多くの人は真面目であることを大事に考えていますが、たとえ医者や政治家のような真面目さが求められるような仕事だって、その仕事なりの楽しさを追求していくことは大切だと思います。


「仕事は苦行」だと感じている人も多いと思うのですが、私は、それでは「いい仕事」をするのはなかなか難しいと思います。むしろ、「仕事は遊び」と思ったほうがいい。なぜなら、人間は本来的に「楽しさ」を求めるものだからです。どうやったら楽しくできるかと考えることで、そこに進歩が生まれる。


たとえ興味本位の動機であっても、身近なところから自分の知見を広げていくと、だんだんと仕事の全体像がみえてくる。そうして、自分の仕事の位置づけがわかれば、つまらないと思っていた仕事も、捉え方が変わってくることは十分あり得ます。


どんな仕事にも、必ず工夫や改善の余地はあるものです。専売公社に入ったばかりのころ、タバコエ場のラインに入って梱包作業の実習をやったことがありました。次々と流れてくるタバコの箱を、決められた数を取って封をして、次の工程に回すという作業です。単純作業には違いありませんが、どういう掴み方をすればより効率がいいのか、また、どういう置き方をすれば次の人の作業がしやすくなるかなど、工夫できることはいろいろあります。「どうやったらよりよくできるか」という発想をもてば、あらゆる仕事を「新しいもの」にすることはできるはずです。


このあいだ、自分から頼んである映画に出演させてもらって、非常に勉強になりました。新聞の号外を配るワンシーンだけの役だったんですが、手が滑って号外を一人に二枚渡してしまった。どうせ映っていないだろうと思って続けていたら、監督からストップがかかったんです。「いま、2枚配りましたよね?」って。映画監督って、シーンのイメージが明確にあって、それにとことんこだわって映画を撮っていくものなんだなぁと、自分の体験から理解することができました。こういう発見は、本を読むだけではなかなか得られるものではありません。だから私は、新しい仕事は、ダダでもやりたいって思っているんですよ。


ネットのニュースサイトは、いま何が起こっているのかを知るには便利だが、(記事が短いため)そこで思考がストップしてしまうのが怖い。この点は、センセーショナルな発言だけ編集してオンエアする情報バラエティーにも同じことがいえる。


週刊誌にしてもテレビにしても、そこに出てくる経済評論家の発言は、おおむね体制側に寄っていると思っていた方がいいだろう。反体制だと、しかるべき筋から圧力がかかるなどというようなことはさすがにないが、時の政権をあからさまに批判するような人を、メディアがあまり使いたがらないのは事実だ。私自身も、小泉内閣の政策に終始一貫して異を唱えていたら、みるみるうちに仕事が半分以下に減ってしまったという経験をしている。


新聞を1紙だけ読んでいると、視点がひとつに固定してしまい、物事の本質を正確に捉えられなくなってしまうのである。これを防ぐには、1紙に書かれたことを鵜呑みにせず、複数の紙面を比較すればいい。つまり、新聞を読む際は横読みというのが大事なのである。


専売公社時代の話ですが、街のタバコ屋さんを回るルート営業を担当しました。最初は楽しかったんですが、慣れてくるとやはり飽きてしまった。そこで、仕事のスピードを上げて空き時間をつくって、自分のルート以外の、百貨店やパチンコ店の営業を手伝わせてもらったんです。同僚について回ると、百貨店の館内放送にはどんな意味があるかとか、パチンコ店の裏事情などについて、直接見聞きすることができた。どんな業界や会社にも、独特のローカル・ルールがありますよね。そのルールがどういうもので、なぜそのルールができたのかなど、背景を知っていくことがじつに面白かったんですね。だから、もし自分の仕事がつまらなければ、面白そうなところに足を運んでみればいいと思うのです。日本の会社は身内にはガードが甘いですから、仕事の邪魔さえしなければ、聞くといろいろ教えてくれます。


黙っていたり無難なことを言ってお茶を濁すくらいなら、何か考えてスベッたほうがいい。挑戦しないと、コメントカも成長しませんから。


人前に出たときにプレッシャーを感じるのは、失敗したら自分の評価が下がるのではないかという不安があるからです。私は最初に大きな失敗をしたので、失うものは何もない。おかげで、それ以降は本番でも緊張しなくなりました。


私自身、会話の選択肢を用意していなくて失敗したことがあります。ある番組で、フィギュアスケートの世界選手権で優勝した安藤美姫選手に中継がつながりました。すると、司会者がいきなり私に、「何か質問はありますか」と振ってきた。スポーツコーナーだから出番はないだろう、と油断していた私は大慌て。とっさに思い浮かんだのが優勝候補の一人だったキム・ヨナ選手の転倒シーンだったので、思わず「ヨナ選手が転んだとき、やったと思いましたか?」と間いてしまいました。当然、テレビ局に抗議の電話が殺到。私のブログも大炎上して、抗議のメールは半年くらい続きました。このような事故を起こしてしまったのは、私がぼんやりしていたからです。頭が真っ白になるのは頭の働きが鈍いからであって、度胸とは関係ない。逆に言うと、つねに会話の選択肢を2、3用意していて、相手の反応に合わせて適切なものを選ぶ頭の良さがあれば、どんなときも冷静でいられるのです。


人脈も立派なコネ。人脈は普通のサラリーマンでも十分につくれます。「自分はあなたにとって、こんなにメリットのある存在です」と、能力や実績を売り込んで、引き立ててくれる社内外の人脈をつくりましょう。使えるコネはどんどん使うべきです。


いまは忘れているけど、過去に情熱を燃やした、あなたがオタクになれるジャンルはありませんか? 古本店に行って、そのジャンルの本を買いまくってみましょう。そのオタク知識が、AIにはできない、自分だけの、オンリーワンな儲け方につながるのです。


立場や視点を変えるだけで、話って面白くなりますよ。蚊に刺された話を、蚊の立場になって話してみるとか。それだけでちょっと面白そうでしょ?


テレビやラジオに出たときは、言いたいことがあればまず言ってみる。そのコメントがスベってもいいじゃないですか。とにかくバットを振っていれば、1割や2割は当たるものです。すると、それを見た誰かが、私を使ってみようかと考えてくれるのです。


人間にとって最悪の事態は、頭が真っ白になること。つまり、思考停止に陥ることです。思考を止めないために必要なのは、どんな場面でも絶対にアガらないこと。


私が教えている大学のゼミでは、最初の半年間はしゃべるトレーニングばかりやらせます。たとえば、目の前の様子を30秒で実況中継させて、次にその内容を10秒でまとめさせ、最後は5秒で言わせる要約のトレーニング。短く話すには物事の本質を見抜く必要がありますから、要約は非常に良い思考の訓練になります。


私の場合は、まず動く。つまり、とりあえず先にしゃべってしまうんです。すると、相手の反応によって、判断ができる。


三井情報開発総合研究所研究員時代、いろいろな仕事に首を突っ込んでいました。締め切りに追われている同僚の仕事を手伝って「こんな仕事をしているのか」とかね。社内のいろいろな仕事に首を突っ込んでみると「会社」がわかるようになるのです。


就業後に投資や副業に熱中するのもいいですが、仕事で稼ぐための力をつけるために時間を使うことは、長い目で見て大切なこと。それを続けていけば仕事を効率的、面白くでき、出世や収入アップにつながります。まずは本業の地固めにトライしてみましょう。


仕事に付加価値をつけるために具体的に何をすべきか。まずは日々の業務の洗い出しから始めます。単調で誰がやっても同じような業務を効率化できないか、そこから考えてみましょう。そして、短時間で処理できる方法を見つけたら、余った時間をクリエイティブな業務に充てるべきです。


クリエイティブというと、何もない中から新しいモノを創造することと思いがちですが、そうではありません。自分の行動を記録し、そこから新たなやり方を構築し、成功法則を見つけることこそ、本当のクリエイティブです。これができれば、おのずと仕事やお金もついてくるというもの。


人生を楽しむポイントは、他人と同じようなお金の使い方をやめてみること。自分がしたいこと、ハッピーな気持ちになれることに対して、ドーンとお金を使うことが大事。その価値観があれば、見栄など張らずにムダな支出は削れるはず。


社会人になってからハマったのはパソコン。プログラムの知識がのちに景気分析を行うときに役立ちました。またミニカーのコレクションも仕事に繋がるなど、思わぬ結果を生み出しました。


投資は水物ですから、全財産を注ぎ込んで一か八かの勝負に出てはいけません。お金持ちは、一度勝負に負けても、次に注ぎ込むお金がまだ十分にありますから、投資の世界でお金持ちを相手に戦っては絶対に負けます。一攫千金を狙うのではなく、今後の生活費を確実に確保するために、資産運用を行なってください。


一定程度の貯金をしておくことも大事。貯金があれば、お金のために神経をすり減らしてまで働かなくてすみますし、急な出費があったときにも対処できます。つまり、お金に自分の生活を振り回されないために、お金を貯めておくことが大切なのです。


米国は格差社会ですが、米国の低所得の人たちが必ずしも不幸なわけではありません。地方に行けば、仕事はほどほどにしつつ、家族や友達との交流や趣味を大切にしながら楽しく生きている人がたくさんいます。彼らは幸せの基準をお金には置いていません。日本人だって、そういう生き方に転換すれば良いのです。


私は、ミニカーやフィギュア、うまい棒のパッケージなどを集めていますが、「こんなレアなものが!」と、新しいモノを見つけるたびに興奮しています。これが、いまでも少年のような心を保てる秘訣かもしれず、仕事のアイデアにも活かせています。


発想の転換をするうえで私がおすすめなのが、異なる世界の人との交流。そう言うと、異業種交流会を思い浮かべるでしょうが、異業種交流会はしょせんサラリーマンの集まり。オタクや主婦、女子高生、外国人のように、自分にはない価値観を持つ人でないと意味がありません。いまはSNSが盛んで、普通なら知り合えないような人とも話せますから、異ジャンルの人と話す機会を積極的に作りましょう。柔らか頭で考えれば、「うちの会社の売れなくなったアノ商品、もしや……」と、アイデアが出てくるかもしれませんよ。


往年のファンはもちろん、新たな顧客も開拓できるリバイバル市場。閉塞状況のあるいまの日本企業にとっては、非常に魅力的です。が、そこで成功するには、「お客さんを創り出す」ための発想の転換も必要だと思います。従来と同じ客層を狙ってもパイは広がりませんから、発想をガラリと変えて、その商品を使っていなかった新たな層に買ってもらう努力が必要だと思うのです。


売れなくなったモノを、リバイバルヒットさせるには、時代背景を踏まえ、消費者の嗜好の変化に応じたひと工夫を施す必要があります。その際にポイントとなるのが、「変えていい部分」と「変えてはいけない部分」を見定めること。変えてもいいのは技術的な面や不便な点。変えてはいけないのはコンセプトです。そして、「不便さや不満の解消」がリバイバルの際には重要な要素になります。


社会には様々な危険がありますが、そこで痛い経験をして人は成長するもの。子供にはそうしたリスクについて教えておくべき。子供に「こういった危険もある」と教えましょう。その方がたくましい大人に育ちます。


私は、自身がオタクなので、過去に「オタク文化を語るなら森永」というように、とくにAKB48マニアをアピールしてきました。結果、松井珠理奈ちゃんのドラマに出してもらったり、イベントの審査員も任されるようになったりと、仕事につながりました。お笑い芸人「アンガールズ」の田中卓志さんはコケ栽培が趣味なのですが、そのおかげでコケ関連のテレビ番組に呼ばれています。ニッチな分野にくわしくライバルが少なければ、仕事を独占できる可能性が高まるのです。ほかにはないユニークなスキルや才能が、稼ぎに直結する時代になると思います。


「マニアックな分野でひとり勝ち」することをおすすめします。ニッチな分野なら、AIは「そんな小さな市場に打って出ても費用対効果が見込めない」と考えて、あえて参入はしてきません。なので、ニッチな分野の仕事、クリエイティブな仕事、ロボットにはできない柔軟性の必要な仕事でなら、人は生き残っていけると考えます。


仕事で収入を増やす方策の一つは社内で困っている人や部署(人)を助けること。たとえば「人が足りず納期に間に合わない」という部署があるとします。そんな場合、異なるチームとはいえ、陰に日向にサポートすること。助けてもらった部署は恩に着ますし、その評判は直属の上司や人事部に伝わるかもしれません。それが、自身の評価アップ=昇進や昇給につながる可能性があります。


私の大きな目標は、コレクションを並べる博物館として使える物件を購入すること。そのために資金をプールしています。また、資金が少しでも貯まるよう、行きつけの立ち食いそば屋では、必ず割引クーポンを使うなど、徹底して節約を心がけています。ちなみにハブラシやシャンプーは一切買わず、出張先のホテルのアメニティを持ち帰り、それをストックして使っています(笑)。


提案したいのは、何かテーマを持ち、いろんなタイプのものを集めたり撮影してみること。街で見つけた面白看板やヘンなモノでもいい。そういうコレクションが増えると目的意識が生まれ、好奇心も旺盛になる。道を歩く人や建物、風景を観察するようになれば頭の刺激になり、発想も豊かになります。それが次なるネタの手がかりにもつながるはず。


大学受験や就職活動、出世レースなど、競争社会のなかでなかなか勝つ体験ができない人は心の底に勝ちたいという欲求が眠っている。見下しマーケットでは、消費者のコンプレックスを刺激しつつも、ちょっと優越感を与えるようなモノがウケます。が、実際にそうした商品を作ると、モノによっては抗議される可能性もあるので、注意が必要です。となると、一部のマニアに向けたモノでも、別の切り口が求められます。


日本企業が海外展開でつまずく最大の理由は、計画性に欠き、やみくもに進めるから。例えば過去の円高時に海外拠点を作った企業は多いのですが、いまは円安になり、国内のほうがローコストでモノが作れます。ですが、一度設備投資したがため、採算は悪いのに後に引けない製造業が見受けられます。外的要因に頼った海外展開は、アキレスの踵になりやすいということ。


老後に向けた準備のひとつは、定年後も稼げる仕組みを持っておくこと。いまはネットショップなど手段が多様化しましたし、それこそ私は、皆がアーティストになればいいと思っています。文章でも写真でも何でもいいですから、趣味や特技を活かして作品を発表し、収入を得ている人は少なからずいます。趣味の延長と考え、気楽にトライしてみてはいかがでしょうか。


「年金だけじゃ足りないのでは?」「逃げ切り世代はズルイ」と不安や不満をため込むのではなく、年金が少なくても暮らせるよう、いまから老後に向けた準備をしたほうが、私は建設的だと思います。むしろ、長く準備期間を設けられる若い世代のほうが有利とも言えます。1日でも早く行動に移すのが吉です。現役世代には負担もありますが、準備期間もあります。いまのうちからライフスタイルを見直して、豊かな老後を迎える用意をしておきましょう。


株や投資信託、REITなどは、バブルの崩壊を念頭に、いつでも決済ができるよう、準備をしておくことが大切です。ただし、このバブル崩壊、悪い話だけではありません。株価が暴落するということは、バーゲンセール状態と同じ。ここで賢く動ける人が、チャンスをつかめます。我々には前のバブル崩壊やリーマンショックの体験があります。それを生かすも殺すも自分次第。リーマンショックで暴落した株に投資し、アベノミクスによる上昇で大儲けした人は少なくありません。積極的に行動を起こしていきましょう!


「何をすればいいかわからない」なら、忙しい人のそばに行くのはどうですか? そこには必ず仕事があります。良い例が元経済財政担当大臣の大田弘子さんです。元々生命保険文化センターという財団法人の嘱託職員だった彼女は、センターに出入りする多忙な大学教授らの資料作成などを手伝ううちに、仕事が認められ自らも教授となり、最終的に大臣にまでのぼりつめました。これはできすぎだとしても、今の時代、何がチャンスになるかわかりません。「足りないお金は自力で稼ぐ」。その気概が、問われているんじゃないでしょうか。


「将来の不安が消えない」という人には「会社員をしながら副業をすること」を勧めます。今でこそテレビで様々な解説をしている私も、出発点はある「副業」だったんです。私自身は大学を卒業後、日本専売公社、シンクタンク、大学教授と、一貫して「会社員」なんです。と同時に、副業経験も豊富で、結果、いまのような「マルチ評論家」に辿りついていきます。きっかけは、バブル前に買ったマイホーム。ローンを払うと月6万円しか手元に残らず、突然の冠婚葬祭などがあると、とてもじゃないが家計が回らない。そこで技術者向け雑誌でライターの副業を始めたんです。生活がかかっているから締切も必死に守りましたよ。それを続けるうちに信頼が重なり、コネができる。気づけば連載の本数が20本、30本と増えていったんです。


仕事で収入を増やしたいなら、仕事に付加価値をつけること。たとえば、機械ができることは機械にやらせ、自分自身は考えたり、新たなモノを生み出すことに集中するのです。実際、私は専売公社にいたとき、伝票の集計を電算化させ、空いた時間を使いマーケティングの予測システムを開発しましたが、ありがたいことに、評価は上々でした。手前味噌かもしれませんが、こういった人材は会社にとって貴重な存在で、やはり昇進や昇給スピードは他と異なります。銀行などでは付加価値の高い仕事ができる人とそうでない人では、退職時の年収が20倍以上も差が開くようです。


生活を潤す基本的な商品やサービスが出そろった感のある現代。斬新なモノを生み出すのは容易でありません。そこで企業が目をつけたのが、かつての自社のヒット商品。「あの夢よ、再び!」とばかり、一度市場から消えたヒット商品をリバイバルさせる戦略に打って出たのです。たとえば、カルピス。かつては大人気を誇りましたが、水で薄める面倒さが敬遠され、売上は右肩下がりでした。が、水で割った「カルピスウォーター」を発売したところ大ヒットしました。


手帳は自分のワークスタイルや目指すビジネスマンのイメージに合わないと効果がないのです。つまり、手帳術においては誰かをマネても仕事力が上がるとは限りません。本来なら、自分独自の手帳を作るのが最良だと思います。とはいえ、紙の手帳だと作る手間やコストがかかりますから、現実にはムリでしょう。そこで私がおすすめするのが、手帳アプリです。一見、機械の操作が面倒だと思うかもしれませんが、これがなかなか便利。自分が使いやすいようにカスタマイズでき、紙の手帳よりダンゼン使いやすい。じつは私もここ数年、スケジュールはモバイルとパソコンで管理していて、紙の手帳は数年前に卒業しました。それは、ウェブのメリットを十分に活かせるからです。


じつは、愛されるキャラクターには共通項があるのです。それは、「丸顔」「頭が大きい」「手足が短い」「2等身でぽっちゃり」「瞳が大きい」の5つ。実際、キティちゃんやドラえもん、リラックマ、ピカチュウ……も、この条件を満たしています。そして、この5大条件をうまくアレンジすることがヒットするキャラクターを作る秘訣なのです。反対に、人気がないのは、このセオリーから外れています。じつは初期のミッキーマウスはやせていて、いまより手足が細かったのです。が、これでは世界的な人気を得られないと、顔や手足に丸みを持たせ、かわいさを強調。世界的な地位を確立させました。


森永卓郎の経歴・略歴

森永卓郎、もりなが・たくろう。日本の経済アナリスト。東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業後、日本専売公社(のちの日本たばこ産業・JT)に入社。日本経済研究センター予測研究員、経済企画庁総合計画局労働力及び人的能力担当計画官付委嘱調査員、三井情報開発株式会社総合研究所研究員・副主任研究員、三和総合研究所研究開発部主任研究員、三和総合研究所経済・社会政策部部長兼主席研究員、UFJ総合研究所経済・社会政策部 部長兼主席研究員、獨協大学経済学部教授などを務めた。テレビ、新聞、雑誌など幅広いメディアでコメンテーターとして活躍。