名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

森崎博之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森崎博之のプロフィール

森崎博之、もりさき・ひろゆき。日本の俳優、脚本家、演出家。演劇ユニット「TEAM NACS」リーダー。北海学園大学法学部法律学科卒業。在学中に演劇研究会に所属し、TEAM NACSを結成。大学卒業後、営業マンを経て演劇の道に。舞台、テレビドラマ、映画、バラエティ番組、ラジオなどで活躍。

森崎博之の名言 一覧

表現というものを、上辺だけではなくて、心底から伝えていきたいですよね。憑依っていうのかな。実際に彼らを演じる瞬間、自分がどういう気持ちになるのか、毎回怖いですよね。でもそれが演技っていうものなのかなと今は思います。


『LETTER』や『RECOVER』の頃は5人で芝居ができるのがとにかく嬉しくて、まさか20年以上経ったいまも続けているとは、これっぽっちも想像しませんでした。夢にも思わなかったことが、現実に叶ってしまっている。限りなく幸せですね。


この公演はこれまでの道のりの集大成でもある。


この企画(舞台『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』)自体は、実はもう10年くらい前から温めていたんです。ただ、なかなか骨太な題材なので形にできずにいたんですけど、メンバーも全員40代になりましたし、今回は勇気を持って挑んでいこうと。


稽古初日はいい感じでうわずりましたよ。気合いはみなぎってるんですけど、体がついてこない(笑)。子供の運動会で、お父さん一生懸命走ったけど転んじゃったみたいな(笑)。でもやっぱり、いい意味で高揚感がありますね。


伝えたいことの背景には、東日本大震災も関係しているんです。僕たちはあの震災で、悲しみとか苦しみとか、一言では表せない何ともやるせない思いを抱えて、そしてやっぱりそこから立ち上がってきた。僕自身も震災を経て、発信者としての仕事をどう続けていくのか深く悩みました。それをなんとか超えたときに、決定的に表現すること、物事を伝えることへの思いが変わったんです。


(北海学園大学)演劇研究会の定期公演なのでほかにも20人くらい出てるんですけど、僕が脚本を書いたから、(のちにTEAM NACSを結成した)5人をメインに据えました。「彼らなら何かやってくれるはずだ。そして本当に何かやってくれる」。5人で舞台を作るようになったのは、そういう僕の期待というか、信頼感から始まっていると思います。いまだに消えることのない、強い信頼感ですね。


僕らも3年ぶりにTEAM NACSで舞台を作れて、すごく嬉しいんです。すごい高揚感がある。観客の皆さんも、同じような高揚感で観に来てくださっているのかもしれませんね。それを最後まで裏切りたくないですね。観終わった後に、「よかったー!」と思っていただければ、それが一番です。一緒に来た方との帰り道に、「次いつなんだろう。次もまた絶対来たいね!」なんて、おしゃべりしていただけたらいいですね。


林(民夫)先生の脚本は、読むだけで涙が出てしまうような素晴らしい完成度なんですけど、僕は演出として、何というかとてつもない感動を生み出せたらいいなと。とんでもなくきれいな朝日を見たときって、泣くのとはまた違うけど、果てしないパワーをもらえる気がしませんか? そういう自然に近い感動。僕は北海道にいて農業のロケもしているから、一番自然のパワーに触れていると思うんです。芝居のテクニックだけではなくて、そういう人間の本質的な、ナチュラルな部分の感動を作っていけたらいいなと思っています。


幌筵島(ぱらむしるとう)の資料はあまり多くないんですけど、できる限り集めて読みました。兵士たちは15日の敗戦を知って、絶望の淵に沈んでいました。しかしソ連の侵攻に対して、彼らは再び力を振り絞って立ち上がる。そのとき、彼らは一体どんな気持ちだったのか。今回の公演で伝えたいのは、彼らの思いです。あの時代にああいう人たちが生きていて、そして何を考えていたのか。思想的視点を超えて、ドキュメンタリーでも再現ドラマでもなく、演劇として伝えたいと思いました。彼らを演じることで、その心がどこに向かっていたのか、考え抜いていきたいと思います。


森崎博之の経歴・略歴

森崎博之、もりさき・ひろゆき。日本の俳優、脚本家、演出家。演劇ユニット「TEAM NACS」リーダー。北海学園大学法学部法律学科卒業。在学中に演劇研究会に所属し、TEAM NACSを結成。大学卒業後、営業マンを経て演劇の道に。舞台、テレビドラマ、映画、バラエティ番組、ラジオなどで活躍。

他の記事も読んでみる

川邊健太郎

私は月一度、中途採用した社員たちと昼食を食べながら、ヤフーのいいところも悪いところもざっくばらんに話してもらうのですが、そこで多く出てきたのが「会議が多すぎる/長すぎる」「会議にコミットしない人が多い」ということ。そこで社内の人に聞いてみると、管理職含め多くの人が同じように考えていた。実に会議のうちの3割はムダであることがわかってきたのです。そこで、会議とはアジェンダを提示し「決める場」だということを徹底し、単なる情報交換はメールで行なうようにしました。もっとも、言っただけですぐに改善されるとは思えなかったので、会議室を利用するのにチャージ(料金)がかかるようにすらしました。ここまでやれば、会議を減らさざるを得ませんよね。


熊谷正寿

成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。


渡邉幸義

近年、日本の企業は何でも競争で、目先の効率化だけを追い求めています。そうやって弱い立場の人がどんどん切り捨てられてきました。だから私は、あえてこの逆をやるのです。「ありえない」と思われようが、「非常識だ」と言われようが、私はずっとこのスタンスでやってきました。これからもそうするつもりです。


眞鍋寿男

自分好みのジーンズはどこで売っているのかと考えた時に、どこにもなかった。それなら自分に合うものを自分でつくろうというのが「桃太郎ジーンズ」のスタート。


中西哲生

トップレベルの選手ほど、常に新しい情報を求め、取り入れています。僕も現役の頃から現在にいたるまで、自分のコンディションを高めるため、分野を問わずいろいろな情報を取り入れ実践してきました。現役当時はインターネットもありませんでしたが、海外の文献なども漁り、新しい情報を仕入れていました。


石井淳蔵

なんでもいいから跳んでみろというのでは、部下も組織もついてはこない。自身で確信を持ち、説得できるような未来像を持って跳ばないといけない。


石田退三

叔母さんの教育は「貧乏は駄目だ。とにかく出世しなければ」という思想だった。貧すれば鈍するということを身に徹して思い知らされているらしかった。「貧乏していたら、まず第一に誰にも頭が上がらないじゃないか」ともいっていた。それが近江商人の考え方で、私たちは朝から夜中まで、この思想でビシビシと鍛えられた。とにかく我武者羅に勉強させられ、将来の栄光のために現在の困苦に耐える鍛錬を積んだことは、のちの生涯のためにどれだけ役に立ったか計り知れないものがある。
【覚書き|旧制中学時代、5年間叔母の家で生活していたときを振り返っての発言】


小池利和

開発には失敗がつきものです。自由な発想で開発し、時代を先取りした新商品が生まれる一方、市場投入が早過ぎてうまくいかなかった例も数え切れないほどある。


齋藤孝(教育学者)

プライドは減らしていくというのが重要。30近くになったら、つまらないプライドなんか捨てていくこと。


渡辺謙

結局、仕事が上手くなるというのは、スキルを習得するうんぬんよりも、どれだけ自分や他人の人生に対して真摯に向き合えているかってことではないでしょうか。仕事って全人格的な表現だから、その人の人生との向き合い方が如実に現れてしまう。付け焼刃で誤魔化すことはできません。


松本光一(経営者)

自分を信じて行動し続ければ夢は叶います。必ず叶うとは言わないけれど、何もしないと叶いません。まずは自分の信念を信じて行動しましょう。


佐藤昌弘(コンサルタント)

苦手なタイプのお客様にあたったときは、褒められる部分をひとつでも探しましょう。たとえばツンとして感じの悪い女性のお客様がいたとしても、「ネイルがキレイ」「計算が速い」など、何かしらあるはずです。それを口に出して言いましょう。すると、相手の態度が変わります。相手が変わると、こちらの苦手意識も薄れるものです。