名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森岡毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森岡毅のプロフィール

森岡毅、もりおか・つよし。日本のマーケッター。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する「ユー・エス・ジェイ」CMO(最高マーケティング責任者)。兵庫県出身。神戸大学経営学部卒業後、P&G、日本ヴィダル・サスーン・ブランドマネージャー、北米パンテーン・ブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表などを経てユー・エス・ジェイに入社。CMOを務め、V字回復に貢献。同社退社後、マーケティング支援会社「(株)刀」を設立。

森岡毅の名言 一覧

市場価値を創出する手段はいくつもあります。新技術の開発も、技術の組み合わせもそうです。手段は無限でしょう。ただし、それが本当に意味を持つかは、消費者をどれだけ理解しているかに尽きます。


日本では「イノベーション」という言葉を、革新的な商品やサービスだと捉えがちです。もちろん、その通りですが、私自身は「市場価値を創出すること」がイノベーションだと定義しています。日々のビジネスでも小さなイノベーションは生まれますし、その積み重ねの中でブレークスルーが起きてきます。


マーケターは消費者の代理人。どんなに成功を重ねても、消費者視点という原点は忘れてはいけない。


ゴールから逆算して考えることが何よりも大切。


世の中のすべての現象は数値に置き換えて計算できる。


マーケティング思考は、あらゆる仕事における業務効率と成功の確率を劇的に上げる。


テーマパークに現状維持はない。常にバーは上がっていく。


戦略を立てる際には、何をゴールとするかを認識しておくことが大事。


僕が他のマーケターと違うのは、直感でひらめいたものをできるだけ客観の世界に変換し、いろいろ計算してみるところ。


消費者を理解するために重要なのがマーケティングです。業種は何であれ、企業は今すぐマーケティングの大切さを理解する必要があります。消費者の根源的な欲求を理解すれば、解決策、つまりイノベーションは起こせるはずです。


私が製造業の経営陣と議論すると「消費者が大事」と言いながらも、ふと気が付くと技術の議論になってしまいます。技術は大事ですが、消費者にとっての価値を定義せずに技術の価値は定義できません。2つはいわば双極的な関係なのです。


よく、「どうしてやることなすこと全部当たるんですか?」と言われますが、負けそうな戦は避けて、勝てる戦だけを見つけているからです。「どう闘うか」より「どこで闘うか」です。


数学は嘘をつきません。嘘をつくのは数字を解釈する自分の脳です。想定を間違えたり、想定しきれなかったり。けれど数学自体は決して嘘をつかない。


富士山に登ろうと思ったとき、青木ヶ原の樹海から富士山を見上げても道筋は見えないけれど、富士山の上から見下ろせば「あそこから登れる」「こっちは崖が崩れそうだ」とよく見えます。


なぜ直感やひらめきを大事にするかといえば、人間の意思決定は非常に感情的なものだからです。多くの人は、物事を情緒的に捉えて感情的に反応します。人間を相手にする集客ビジネスには、ひらめきや直感があるほど有利になります。しかし、直感に頼りすぎると人間は大きな失敗を犯します。そこで直感やひらめきでなんとなく見えてきた「行きたい場所」に対して、そこへたどり着くためのストーリーを考えます。これを戦略と言います。


マーケティング思考を使いこなすために、まずは戦略的思考を身につける必要があります。その核となる考え方が「選択と集中」。限られた資源をどう有効に使うか考え、やることを選ぶということです。無意味に資源を分散させるのはただの愚か者です。


僕はもともと数学しかできなかった。文系のマーケターたちは学生時代、おしゃれな服を着て、おしゃれなクルマに乗って、おしゃれに合コンして楽しんでいた。マーケターになっても、彼らはセンスや感覚でトレンドを読むというファジーな世界で仕事をしています。理系少年だった僕にはそういう強みがまったくないので、逆に世の中のすべての現象を数値に置き換えて計算するという、いわば自分の土俵でマーケティングをやるノウハウをずっと研究してきたわけです。


USJの復活、成功は奇跡でも偶然でもありません。理由はたった一つ、マーケティングを重視する企業となったことです。かつて新規事業の成功率は30%でしたが、今は97%にまでなりました。


マーケッターは消費者を理解する専門職。消費者の日々の悩みだけでなく、潜在的な悩みや欲求を解き明かし、解決策となる技術を探していく。これを突き詰めることが、イノベーションを生み出す確率を高めてくれます。逆にマーケティングがなければ、消費者無視の自己満足に陥ってしまいます。残念ながら、日本の大企業、とりわけ製造業ではこうした傾向が強いのではないでしょうか。


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の再建時には、ハリー・ポッターのアトラクションのような大きなブレークスルーがありました。ただそれは何十回もある価値創造の中で出てきた話です。小さなイノベーションでも消費者を幸せにしますし、業績も上がります。あまり大上段に構えすぎるのは良くないでしょう。


森岡毅の経歴・略歴

森岡毅、もりおか・つよし。日本のマーケッター。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する「ユー・エス・ジェイ」CMO(最高マーケティング責任者)。兵庫県出身。神戸大学経営学部卒業後、P&G、日本ヴィダル・サスーン・ブランドマネージャー、北米パンテーン・ブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表などを経てユー・エス・ジェイに入社。CMOを務め、V字回復に貢献。同社退社後、マーケティング支援会社「(株)刀」を設立。

他の記事も読んでみる

藤屋伸二

顧客から選ばれるには、特定分野で首位に立つことが大切。例えば、近所で3番目においしいラーメン店は、そのままでは苦しい。しかし、深夜帯に店を開けば、ニッチで一番手となり、来客数向上が期待できる。


山田満(経営者)

現場の実態を知らずして、ものづくりはできない。現場第一主義は必須条件。


山口多賀司(経営者)

今から考えたら、大阪で会社を設立したというのが大きかったと思います。東京は実績主義です。だから、東京で営業をかけても「誰が作ったの?」「どこの学校を出たの?」「他はどこが導入しているの?」と聞かれて、いろいろなデータを取り揃えてから、じゃあ考えましょうと。そして、ようやく買いましょうとなる。しかし、大阪は実利主義で、いいものであれば取り入れてくれる。どこで、どんな人が作ったかは関係なくて、自分たちが使ってみて、いいなと思ったら採用してくれます。ですから、私は大阪へ来て良かったと思います。東京で旗揚げしたら、会社づくりは10年は遅れていたと思います。


稲葉善治

忘れてはならないのは、会社が強い体質を維持したまま存続すること。


天野雅晴

月1回、全社員が参加する勉強会では『理念と経営』という雑誌を使い、誌面に登場した企業について、設問に従い自分の意見を書き込んだ設問表をもとに、店舗ごとに討論してもらいました。反発もありましたが、継続することで定着し、社員の意識も変わって行きました。


田中通泰

ASEAN諸国に進出して工場を作ることは、米国や欧州でビジネスを展開する上でも重要だと捉えています。米国の大手健康食品小売りチェーンとの取引では、日本の亀田の商品だけでなく、タイで作った商品も入れています。今後はこうしたクロスボーダーの取引を進めることで、良い商品をより安く届けることが可能になるでしょう。


茂木友三郎

常に技術的な優位性を保つこと。特定の分野でいいので、ここは絶対に負けないという強さを持つことが大切です。


遠藤功

筋トレは多くの人が経験していると思うが、決して楽しいものではない。それでも続けることで体力がつく、体調が良くなる、仕事がはかどるなど効果を実感できれば、続けるモチベーションが上がってくる。筋トレをしないと気持ちが悪いというレベルまで達して初めて習慣づけることができる。


濱松誠

立ち上げ当初は1社3人以上、いまは1社5人以上の団体で活動していることが参加条件です。結局、1人だと会社に戻ったときに活動として広がりにくいんですよね。1人だと変人かもしれないけど、5人いれば変革の志士になれる。熱を大企業の中で伝えてもらうには、少なくとも5人は必要かと。


鳥越俊太郎

若い頃やりたかったことに挑戦すると、かつての好奇心やワクワク感が取り戻せる。僕は70歳になった時初めてパーマをかけて、もう一度ダンスを習い始めたよ。


姫野友美

甘いものを食べると脳にエネルギーが補給され、シャキつとすると思われがちですが、糖分の摂りすぎは逆に脳の働きを悪くします。お菓子やジュース、缶コーヒーに入っている糖分は意外と多く、摂取すると急激に血糖値が上昇します。すると体内ではインスリンが多量に分泌され、血糖値を下げようとするため、集中力の低下や疲労感、眠気を引き起こします。脳はこの状態を糖分が足りないと判断。また甘い物がほしくなって、つい食べてしまいます。これでは血糖値が乱高下して、よけいイライラが増す悪循環に。インスリンの過剰分泌は脂肪がつきやすくなるうえ、糖尿病や高血圧の原因にもなりますので、甘い物は要注意です。


鈴木修

会社というのは、いろいろ手間がかかっても、いちから自分でつくりあげたほうが、いい結果が出る。世の中ではM&Aブームと言われた時期もありますが、少なくとも自動車産業でM&Aをやって大成功しているところはありません。自力でコツコツと積み上げてきた企業が成功し、ダイムラーとクライスラーのような大合併は、結局失敗だったと思います。フォードもせっかく買収したジャガーを売ってしまいました。