森山眞弓の名言

森山眞弓のプロフィール

森山眞弓、もりやま・まゆみ。日本の政治家、官僚(労働)。東京出身。旧制津田塾専門学校(のちの津田塾大学)卒業、東京帝国大学法学部卒業。労働省に入省。婦人少年局長などを務めたのち、政治家に転身。法務大臣、文部大臣、内閣官房長官、環境庁長官などを務めた。

森山眞弓の名言 一覧

目の前にある仕事をできるだけ早く片付けるようにすること。そうすれば後から事態が変化しても臨機応変に対応できる余裕も生じます。


前例がない中、垣根を一つずつ越えていくことが後に続く人たちのためになる。そんな思いを胸に仕事をこなす日々でした。


気にしても仕方がないことは気にしないようにしてきました。1つのことだけに思い煩わず、今できることをこなしていくという切り替えが結果的に良かったのだと思います。


限られた時間で仕事をこなす習慣を身に付けたおかげで仕事の生産性が上がっていった。


甘えず、力まずというスタンスを大切にしてきました。「自分は女性だから許されるだろう」と甘える姿勢を見せたり、変に力んでしまったりすれば良い結果につながらないばかりか、周囲に悪影響を及ぼす恐れもあるからです。


様々な役割を「重圧」とは受け止めず、新たな体験やポストを面白がりながら仕事をこなしていく。そうした姿勢が「森山になら任せられる」との評価につながっていったのではないでしょうか。


私は東大在学中に結婚し、入省後は3人の子育てと仕事の両立に追われました。「男は仕事、女は家庭」が当然視された時代です。男でなければ分からなかったであろう仕事の生きがいと、女でなければ味わえなかった母親の喜び当時では欲張りに思われたことをやり通すには、他人の倍の努力をしなければいけませんでした。


森山眞弓の経歴・略歴

森山眞弓、もりやま・まゆみ。日本の政治家、官僚(労働)。東京出身。旧制津田塾専門学校(のちの津田塾大学)卒業、東京帝国大学法学部卒業。労働省に入省。婦人少年局長などを務めたのち、政治家に転身。法務大臣、文部大臣、内閣官房長官、環境庁長官などを務めた。

他の記事も読んでみる

柳沢慎吾

『ふぞろいの林檎たち』パート2が終わった23、24歳の頃が一番きつかったですね。ドラマを4~5本掛け持ちでやっていたうえに、バラエティもやってましたから。寝る暇もなかったし、台詞だって覚えられないから、精神的にもイライラしてくるわけですよ。やっぱり、人間、寝ないと駄目だな。追い詰められると、どうしてもわがままになって、相手に「鼻持ちならない」と思われてしまいますから。でも、いまは「あの最悪の時期」があったから、いまの自分があるのかなと思えるようになりました。


大西健丞

非営利の経済と営利の経済がタッグを組むことで、新しい産業、新しい成長の形が生まれる。


鳥越恒一

「月末は忙しい」「第二火曜日に会議が入りがち」といった先方の情報があれば、長期の出張の予定が立てられます。アポが取りやすくなるのはもちろん、ホテルも早めに予約できるので、最近のホテル不足の影響も受けにくいです。取引先の事務の人や社長秘書と仲良くしておくと、こうした情報を得やすくなります。


岡田武史

代表選手選考の基準は特徴のある選手であること。よく若手を起用しますねって言われるんですけれど、そういう意識は本当にないです。ただ、何を目指しているのかというと、W杯で勝つことです。つまり、僕が見なければならないのは、現在の力ではないんです。いまの時点の力だったら勝てないんですから。アジアレベルでは役に立つだろうけれど、世界に行ったらきついという選手もいます。でも、アジアと戦うときだけ利用して、世界に行ったらサヨナラということはしたくありません。


國分文也(国分文也)

厳しいときは楽観し、順調なときは楽観しないことが大切。人間の本性はその逆で、順調だと楽観しやすい。


朝倉千恵子

私は日ごろから「社会の五科目」、すなわち礼儀礼節が大切だと思っています。五科目とは、「挨拶」「言葉づかい」「服装と身だしなみ」「下座上座を表す順序・席順」そして「態度」です。この5つがすべての基本だと思います。


白石尚久

「アジア人がサッカーを教えるの?」という視線の中で周囲の心をつかむのには苦労しました。W杯優勝国で日本人がサッカーを教えるわけですから。単に海外で暮らすのとは別次元のレベルでその国の文化や習慣への理解と順応が必要です。


鈴木大地

ソウルオリンピックの2年前、腰痛に悩まされていたときに、あるスポーツ選手の闘病記を読んで、つらい思いをしているのは自分だけではないんだとわかったんです。それで気持ちが前向きになり、もう一度チャレンジしようという気持ちが沸き起こってきたんです。


大橋未歩

周りからはいろいろ言われたり書かれたりしますが、私自身は局アナにブランド価値は必要ないと思っています。フリーで働くのであればイメージ戦略も必要かもしれません。しかし、私は局アナである以上、会社がやると決めた番組なら、たとえそれが際どい内容でも、会社と一緒に挑戦していきたいと思っています。


東村アキコ

学校では、スパルタはやっちゃダメだと思うんですよ。でも、漫画家になりたくて自分から私の所に来ている人には、スパルタでいい。もちろん殴ったりしませんが、「明日までにネームやってこなかったらゲンコツ1コだぞ!」みたいな気持ちでやっています(笑)。


宮内謙

世の中がどう動いているか、社員がどう動いているか、全て「見える化」を行うのが最も良い方法です。「見える化」することで、社員同士の競争心も湧き、自発的に奮起するようになる。


和田秀樹

結局、みんなと同じ見方をして、同じ考えを持ち、それを当たり前と思うビジネスマンには付加価値がありません。これは違うかもしれないと発想の転換が求められます。そのために、まず身の周りの「あたりまえ」を疑い、つきつめて考え、他人と逆の発想をするクセをつけることが一歩抜きん出ることにつながります。1日1つでいいからあたりまえを疑いましょう。


奥田碩

戦後の日本は物質的、経済的豊かさばかりを追求して、心の豊かさを求めてこなかったけれども、ここで心の豊かさを取り戻さないと、日本の社会のバランスはおかしくなります。その意味で、生きること、死ぬことの両方を考えて、人生を見つめなおしていくことだと思います。死について考えることが、人生をよりよく生きることになると私は思っています。


北畑稔

ここ数年は、ともかく価格が安いこと、そして価格を上回るクオリティーを兼ね備えていることが重要でした。つまり、コストパフォーマンスの良さが重要だったわけですが、これからは、商品にどれだけの価値を盛り込めるかが重要になると思います。


藤田晋

一時期、あるメディアに代理店の契約を切られたことが、影響力のあるメディアをつくらなくてばと思うきっかけになりました。


ページの先頭へ