名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森内俊之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森内俊之のプロフィール

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入会。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

森内俊之の名言 一覧

将棋だけが人生じゃないと思って盤の前に座れるようになった時、自然体で自分の将棋が指せるようになった気がしました。


子供の頃から将棋で一番強くなりたい、競争相手に勝ちたいと思い続けてきました。


体力や反射神経などは若手棋士の方が勝っています。私の方はこれまでの経験を生かし、バランスの取れた判断力という総合的な部分で勝負することが多くなってくるでしょうね。


やはり1回勝てた経験は大きなもので、「1」から「2」へは、すんなりいきやすい。本当に難しいのは「0」を「1」にすること。とにかく一度、力を出し切り、成功を経験する。これが自分を成長させる早道。


楽勝なんてつまらない。勝ち負けの数字よりも内容にこだわりたい。


人生は登っていく時期もあれば、必ず下っていく時期もある。


経験を積むとミスを避けるような指し方もできるようになる。しかし、ミスを避ける指し方では勝てない相手もいる。リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない。


将棋には無限の可能性があって、終わりがありません。いつまでも挑戦し続けることの楽しさを感じていたい。それが今の正直な気持ちです。


将棋は多くの仕事と同じく、一度の負けですべてが終わるわけではありません。ペース配分を考えず、全力投球をし、終盤の考えられないポカで負けた若い頃の経験も、自分の力を底上げする財産になっています。


最近のタイトル戦では、勝ち負けのどちらでも充実感を感じる対局が多くなっています。余裕があるからか、負けているときでも発見があります。


最終局を指せること自体がありがたいと考えて勝負に臨みました。

【覚え書き|2011年の名人戦で三連勝後、三連敗し、最終局を向かえたことを振り返って】


最盛期にある若手との対戦から、彼らにしかない感覚を学び、自分たちの世代がもうひと頑張りする。そうすれば、若い世代がさらにレベルアップして、将棋界が盛り上がっていくはず。そのためにも精一杯、第一線で戦っていたい。


ミスを恐れずに挑戦者の気持ちで指し、ミスを繰り返さないことが大切。そのために必要なのは、1回目のミスを許容する余裕。ちょっとくらいいいかと受け止め、意識を転換させる。すると結果的に、それがミスを減らすことにつながる。


小学6年生でプロ棋士を養成する奨励会に入りました。奨励会の先輩方からは勝負の世界について教えられ、自分はこの先ずっと勝ち負けを背負って生きていく世界に入ったのだという覚悟が固まっていきました。また、同じ道を志している仲間ができたのも財産です。


最初に名人になった翌年、A級順位1位で名人位への挑戦権を手に入れた羽生(善治)さんにストレートで負けました。プロである以上、負けて嬉しい将棋というものはありません。しかし、このときは自分のすべてを出し切ったという充足感のある負けでした。


幸い私は、名人位の通算獲得数8期を数え、永世名人の資格を得、40代初の竜王位の獲得も果たすことができました。言わば、棋士として一番上まで登ったわけですから、今後はいかに階段を降りていくかが課題になってくると思います。


30歳までの残り時間を感じる焦りのなか、やるだけのことはやろうと将棋の指し方を改善しました。以前の私の将棋は要領が悪かったんです。こだわりが強く、勝負において損をしていた。野球の投手に例えるなら、打者27人を三球三振で抑えようとしていた。1回から全力投球のため、終盤に集中力が落ち、ミスをしてしまう。配分を考えて指せばいいとわかっていても、力加減を調整することを良しとしなかった。その考えを改め、序盤の形については研究によって攻守のパターンをつかみ、後半戦に力を温存するようにしたのです。結果、31歳で初めてタイトルとなる名人位を獲得することができました。


若い頃、負けた悔しさを自分の中で消化できず、東京から横浜まで走って帰ったことがあります。しかもスーツに革靴で……。いまはじっくり負けの内容を分析してます。


羽生(善治)さんは、私にとって常に追いかけるべき特別な存在。同じ年に奨励会入りはしたものの、彼は1年半も早く四段になり、中3でプロデビュー。力の差は開くばかりで、四段となった日もプロ棋士になった喜びはありましたが、達成感よりも早く追いつきたいという気持ちのほうが強かった。しかし、そう思える存在がいるのは幸せなこと。同期や同世代に強い棋士がいるからこそ、頑張れたし、成長することができた。


森内俊之の経歴・略歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入会。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

遠藤功

現象面で現状を見ると、大規模な会社はダメで、中堅企業は比較的元気。実は、これは偶然ではありません。数千億円、数百億円規模の会社なら日本人のリーダーでも回せます。しかし、数兆円規模の会社になると、普通の日本人のリーダーでは回しきれない。


榊原節子

資産運用で大切なのは、自分が人生で何をしたいかという明確な目標を確立すること。そして自分の資産と負債はどのくらいあるのかという客観的な現状認識の上で判断することです。


神田正

27歳の頃、私が働いていたラーメン店のオーナーが突然「店を辞める」と言い出した。急に仕事がなくなって、私も困った。どうしようかと思っていたら、店の建物の家主さんが「あんたがやったらいいじゃないか」。一生懸命働いているのを見て見込んでくれたうえに、開店資金を銀行から借りる保証人にまでなってくれました。ところが、自分で経営して分かりました。その店は2階で目立たないから何しろ客が来ない。働いていても「暇だなぁ」とは思っていたのですが……。もう借金はしているし、どうにもできません。仕方なく、前のオーナー時代から夜10時までの営業だったのをそのまま延ばしてみました。すると、夜遅くなるほどお客さんが来るのです。そこではつと気がつきました。岩槻市(のちのさいたま市)は人形の町で遅くまで働いている人が多い。でも、当時は夜やっている店なんてなかった。だから受けたのです。店は立地だけではない。時間を変えればすごいマーケットが取れるということをその時学びました。


山本ケイイチ

多くの人が自分の考え方を変えられず、人と衝突し、ムダなエネルギーを使い、仕事の成果を下げていると思います。そうではなく、本来持っている自分の思考特性に合った仕事の仕方をすべきです。ムダを省けば、成功も近くなることでしょう。


大橋徹二

ダントツのハードウエアがないと、ダントツのソリューションは生まれない。


黒田武志

熱い雰囲気の場に自分の身を置くようにすると、考えも前向きになってくる。


高橋広明(パナソニック)

P-EDP(パナソニック・グローバル・エグゼクティブ・デベロップメント・プログラム)の研修中のコミュニケーションは基本的に英語で行われます。国際舞台で英語ができないとどれだけハンデになるかといったことを、身をもって知らしめるというのも、この研修の目的のひとつです。


理央周

短い時間で密度の濃いコミュニケーションをとることが大事です。伝える相手と内容を考え、メールがいいのか電話がいいのか、よく考えて判断すべきです。


中本晃

日本に限らず世界においても、科学技術の分野で新しいアイデアを数多く創出しているのは大学の先生方で、新技術の半分強は大学発ではないかと思っています。その点、当社では、二代目源蔵の時代から、産学連携を行なってきた実績があります。


澤上篤人

購入者が飛びつきそうなテーマ、たとえば環境、エネルギー、新興国など、販売サイドが売りやすいテーマのファンドをつくる。手数料も稼げるし、ビジネスとしてはやりやすい。しかし、流行が終わったらおしまいです。成績も下がるし、純資産総額も下がってしまいます。こういう投信ではなく、今後は長期保有型の投信が主流になるだろうと私は考えています。


和泉昭子

老後資金の計算では収入は控えめに、支出は多めに想定するのが、あとで誤差を少なくするためのポイント。


福永雅文

真正面から壁を突破しようとするのは大間違い。突破口を見つけ出した人は、上手に壁のないところを探してそこから抜け出している。ビジネスであれば競争相手のいない死角を見つけて、そこで勝負をするということ。