名言DB

9412 人 / 110637 名言

森健次朗の名言

twitter Facebook はてブ

森健次朗のプロフィール

森健次朗、もり・けんじろう。日本の集中力プロデューサー。長崎県出身。名古屋工業大学高分子工学科卒業、名古屋工業大学大学院博士前期課程材料工学科有機材料コース修了。ミズノに入社。オリンピック競技ウェアの開発に携わり、「サメ肌水着」を開発。その後、元気塾、アーティストファクトリー・ジャパン(のちの株式会社集中力)を設立。

森健次朗の名言 一覧

「姿勢を正す」「深呼吸をする」「一点を見つめる」という3ステップを実践した後で、集中すべき物事に取りかかると、一流のアスリートが体感する集中した状態「ゾーン」に入りやすくなる。


「すぐに気が散るんです。意志が弱いのでしょうか」と、仕事に集中できないことに悩む人がいますが、「集中力」と「心の弱さ」は基本的には関係がありません。集中力は「引き出し方」さえ知っていれば、誰でも出せます。


「集中力が続かない」という悩みを持つビジネスマンも多いと思います。しかし、集中力が持続できないこと自体は、まったく問題ありません。周りから「なぜ、あの人は集中力が続くのか」と思われている人も、実際にはずっと集中しているわけではないのです。むしろ、「集中」と「リセット」を上手に繰り返しているのです。


集中力とは、「その瞬間、自分のすべてのパワーを一点だけに集める力」のこと。勉強のために机に向かうときは、他のことはまったく考えず、勉強だけにパワーを集中する。これができたとき、人は高いパフォーマンスを発揮することができる。


集中するためにまず大切なのは、「うかつに勉強を始めないこと」です。直前まで取り組んでいたことや、勉強の前に起きた出来事を引きずったまま机に向かっても、集中できるわけがないからです。そこで重要になるのが、勉強モードにスイッチを切り替えるための「儀式」です。参考になるのは、アスリートが試合中に行なうルーティンです。野球のイチロー選手は打席に入ったとき、ピッチャーに向けてバットを立てるというルーティンを行ないます。自分の中で勉強前のルーティンを作っておくと、それを行なうだけで自然と集中力のスイッチを入れることができるようになります。


お勧めなのが、「一点集中法」です。私たちは、焦ったり落ち着きを失ったりしたとき、目が泳ぎがち。基本的に、人間の心と目の動きは同調しているからです。逆に、視点を安定させれば、心も安定し意識を集中させやすくなります。そこで、「ある一点を凝視する」というルーティンを意識的に行なうことで、視点を安定させ、集中力を高めることができるのです。


森健次朗の経歴・略歴

森健次朗、もり・けんじろう。日本の集中力プロデューサー。長崎県出身。名古屋工業大学高分子工学科卒業、名古屋工業大学大学院博士前期課程材料工学科有機材料コース修了。ミズノに入社。オリンピック競技ウェアの開発に携わり、「サメ肌水着」を開発。その後、元気塾、アーティストファクトリー・ジャパン(のちの株式会社集中力)を設立。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

何を言っても、結果が出ないことにはやる気も元気も出てきません。とにかく黒字にして、利益を出して、ボーナスを出して、利益で環境を少しでもよくして、園内をキレイにしていく。結果が出れば社員にも、「社長の言っていることがひょっとしたら正しいんじゃないか」と思い始めてもらえます。ボーナスをもらえば、実感もわいてくるでしょう。だからまずは結果を出すしかないと思いました。


鈴木秀則

変化の出来ない会社は必要とされません。ですから、会社の体質として社内から出た意見を吸い上げて改善していくという仕組みを徹底しています。


小宮山宏

今、我々に求められるのは、問題認識をアクションにつなげること、すなわち行動を起こすこと。


泉龍彦

アトランタに1年間駐在し、その後フロリダで2年間働きました。日本企業の現地法人と違って私以外は米国人。目の前の仕事を大胆かつ素早く片付ける仕事のやり方を肌で知りました。資金繰りなど会社経営で重要なことを学んだのもこのときでした。


佐野健一

(ビジネスにおける)国境の壁なんて、思っているほど高く、険しいものではありません。ちょっと指で押す程度で、音を立てて崩れてしまうかもしれませんよ。


和佐見勝

経営にはトップダウンも必要ですが、ボトムアップも大事。我が社には社員から改善の提案を受けると報奨金を支払う「改革・提案奨励金制度」があり、日々、様々な改善提案が出てきています。


大河原愛子

ジュネーブ大学を卒業してすぐ日本に来てみたら、女性は就職しても2~3年したら結婚して家庭に入ればいいという風潮が当たり前。これには大変なショックを受けました。しかも、私が仕事を求めても4年制大卒で、外国人。言いたいこともはっきり言うので、日本の男性からすれば「大人しくない女性」だったのでしょう。採用してくれる会社はありませんでした。ですから、仕事をしたかった私はアントレプレナー(起業家)の道を歩むことを選びました。


阿部孝司

TFP(全要素生産性)を日米で比較すると、日本が得意とする製造業でも2倍、サービス業では10倍以上の差があります。私はその原因がIT、中でもパッケージシステムの普及率の低さにあるのではないかと考えました。そうやって調べていくと、この業界では数億円かけたシステムが稼働に至らず廃棄になることが往々にしてあり、こういったIT投資ロスが世界で毎年50兆円ともいわれていることがわかったんです。しかもそのうち20%(10兆円)が日本のロスです。この数値は、当時の法人税収と同規模です。世界一高い法人税率が日本の国際競争力の足かせとなっていますが、それと同じ金額が日本企業の負担となっていたのです。


中山泰男

当社は、最初は警備業として創業しましたが、社会に安全・安心を届けたいという強い想いから、根幹としてのセキュリティ事業、人の命を守るということで医療や健康分野、そして情報通信にもウイングを広げ、今では7つの事業セグメントがあります。これら複数事業分野の強みとかけあわせることで安全・安心で、快適・便利なサービスを、新たな社会システムとしてお届けしています。


戸塚隆将

ゴールドマン・サックスで新人の頃は、とにかくミーティング中は手を止めずにひたすらノートを取れ、と教わりました。相手の発言の意図がその場では理解できなくても、ノートに書いておけば後で見直せる。そうした積極的な姿勢を見せることで、相手からのアドバイスも得やすくなる。


福島保

仕事には挑戦が必要ですし、失敗を恐れてもいけない。しかし甘さを残して新たな仕事を始めると、一緒に仕事をしているメンバーに迷惑をかけてしまう。何でもトライアンドエラーではいけない。


林ハミルトン

仕事をする上での信条は、常に諦めないことです。日本で数年間仕事をさせていただきましたが、日本人は新しいアイデアを聞くと、それを上手く実現できるかということよりも、なぜできないか、どう問題になるかというネガティブな方をまず考えてしまう。わざとではないのですが、それが基本になってしまっています。そうするとどうしてもネガティブな回転になってしまいます。ですから今、社内には常に挑戦する、難しいから諦めるのではなく、どうやって実現できるかを考えて欲しいと言っています。まずはやってみなければわかりません。必ず方法はありますから、成功させるしかないと考えることが大事です。


岩崎達也(マーケティング)

リーダーシップというと、ともすれば一番上のリーダーしか語られない場合が多いですが、実は中間のリーダーシップを持つ人たちが、目的の遂行に向けてブレずに、内外の圧力を払いのけていくことが大事。


夏川賀央

残業しないで変えることは、仕事をサボることなのでしょうか。そんなことはありません。8時間の労働時間はしっかりと働いたわけですから。むしろ大した仕事もないのに意味もなく残業をしているほうが、人生をサボっているといえます。


加藤諦三

なぜ、職場でトラブルを起こす人は、またトラブルを起こしてしまうのでしょうか。その人が抱える「心のトラブル」が、人間関係を通じて表れているからです。