名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森信三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森信三のプロフィール

森信三、もり・しんぞう。日本の哲学者、教育者。愛知県出身。京都帝国大学哲学科卒業後、同大学院で学びつつ天王寺師範学校(のちの大阪教育大学)で講師となる。その後満州建国大学に赴任。太平洋戦争後帰国し、神戸大学教育学部教授、神戸海星女子学院大学教授などを務めた。

森信三の名言 一覧

教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岸壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。


人間には進歩か後退かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。


いやしくも生をこの世に受けた以上、それぞれの分に応じて、ひとつの心願を抱き、それを最後の一呼吸まで貫かなければならない。


私は人間は、第一はどこで生まれたか、第二は両親および家系にどんな特色があるか、第三は習った先生にどういう影響を受けたか。それによって人間は決まるという考えを持っています。


人間は一生のうち逢うべき人に必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎないときに。


「先の見通しがどれほど利くか」「どれほど他人の気持ちの察しがつくか」「何事についても、どれほどバランスを心得ているか」この3つで、人間の知恵は一応わかる。


死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。


金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである。


お金を軽視する者は、いつかどこかでしっぺ返しを受ける。


森信三の経歴・略歴

森信三、もり・しんぞう。日本の哲学者、教育者。愛知県出身。京都帝国大学哲学科卒業後、同大学院で学びつつ天王寺師範学校(のちの大阪教育大学)で講師となる。その後満州建国大学に赴任。太平洋戦争後帰国し、神戸大学教育学部教授、神戸海星女子学院大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

頭の固い上司に企画書を通すとき、絶対やってはいけないこと。それは、「完璧」な企画書を作ってしまうことです。そんな上司はどこかにスキを見つけては指摘してくるもの。まったくもって意味がありません。正しい攻略法は、上司の性格を逆手にとること。あえて不完全な企画書を提出し、明らかなミスを「疑似餌」にすることで、上司の関心がそちらに向くよう仕向けていきます。その後、修正された企画書を見た上司は、「自分が口を出したとおりに企画書が変わった」→「これはオレが手を加えた企画」→「つまりはオレの企画」と心境が変化。結果、「オレの企画」を通すために尽力してくれるというわけです。


中鉢良治

消費者の目線になれと言われて、いくらデータを分析してみたところで、対象者という実物と接点がなければ、相手の目線になることなどできないでしょう。


中山讓治(中山譲治)

私が余計な提案をして打たれなかったのは、踏んでもケガをしない程度の杭だったのかもしれませんが、いま思えば自分を守るための提案でなかったことが大きいと思います。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


長谷川滋利

人を紹介してもらう時に遠慮は不要です。「自分よりずっと上の立場の人を紹介してもらうのは失礼じゃないか……」と心配になる人もいると思いますが、アメリカには社員と会社のトップが気軽に挨拶を交わすような習慣が根づいているので問題ありません。むしろその積極性が評価されるかもしれません。


トマス・エジソン

私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。


松井知敬

仕事外で、IT系の集まりに顔を出すようになり、そこで出会う人たちが「自分のサービスで世界を変えるんだ」とギラギラしていて。それを見て羨ましく思ったんですね。もともと、学生の頃から「起業したい」と思っていたんです。自分にしかできないこと、人と違うことをしたい。自分なりの価値を追究していった結果、起業にいきつきました。


菅野智之

とくに苦労したのは、モチベーションの維持でしたね。「来年プロで活躍する」という大きな目標だけでは漠然としていて、毎日の練習意欲は保てないんです。だから、1日ごとに小さな目標も設定しました。「今日は何球投げる」とか、「この練習を何回やる」など、数字で細かい目標を決め、クリアする日々を積み重ねていきました。


桐島ローランド

やはりブランド力や人間力だと思います。写真もそうじゃないですか。良いカメラマンは世の中に何千人もいるわけですが、仕事が来る人にはなぜ仕事が来るのかというのと同じです。あるところまでは皆さんも追い付くと思いますが、そこから先にどういうことができるかという、ちょっとしたことだと思います。


古森重隆

10年、20年先に社会がどう変わるのか。その変化のなかで、自分たちがやれそうなことで何を手がければ生き残れるのか。どの企業も真剣に考えざるを得ない。


古賀稔彦

できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。


渋沢栄一

得意時代だからとて気を緩さず、失意の時だからとて落胆せず、常操をもって道理を踏み通すように心がけて出ることが肝要である。得意時代と失意時代とに拘わらず、常に大事と小事とについての心掛を緻密にせぬと、思わざる過失に陥りやすいことを忘れてはならぬ。