名言DB

9490 人 / 112001 名言

森俊憲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森俊憲のプロフィール

森俊憲、もり・としのり。日本のボディデザイナー。福岡県出身。西南学院大学卒業後、京セラで約10年商品企画業務に携わる。その後、ボーダフォン(のちのソフトバンクモバイル)勤務を経て、体型管理カウンセリングやパーソナルトレーニング指導の「ボディクエスト」を開業。著書に『読む筋トレ』『へやトレ』『人生を変える筋トレ』『へやトレ実践ノート』『部屋トレ肉体鍛錬術』『体脂肪燃焼術』ほか。

森俊憲の名言 一覧

以前、アメリカのシカゴに行った際、ビジネス街の真ん中にあるジムが昼休みのビジネスマンでいっぱいだったのに驚いたことがあります。筋肉が落ちて疲れやすくなれば、仕事のパフォーマンスは下がります。アメリカでは、健康であることは「ビジネススキル」のひとつであると認識されているのです。


私はもともとビジネスの世界にいたこともあり、身体づくりも「プロジェクト管理」の一種だと考えています。仕事でプロジェクトを進める際、まずは目標と期限を設定し、達成に向けてフェイズごとのタスクに落とし込んで……という手順を取りますよね。なのに、いざ自分の身体のこととなると、目標も期限も決めずに思いつきでトレーニングを始めてしまう。これではプロジェクトがうまくいくはずもありません。


筋肉は加齢によって減ってきますが、逆に筋肉は身体の組織の中で唯一、加齢に抗えるとも言われています。90歳の人でも、トレーニングをすれば筋繊維が太くなることがわかっています。若いほうが効果が出やすいのは確かですが、始めるのに遅すぎることはありません。人生で一番若いのは「今」なのですから。


筋トレで考えるべきは「効率」です。仕事でも、同じ効果が得られるなら効率的なやり方を選ぶのは当然です。同様に、筋肉をつけるうえでも効率を重視すべきです。ポイントは「大きな筋肉から鍛える」こと。仮に1%筋肉が増えるとして、大きな筋肉と小さな筋肉では増える量が違ってくるからです。人間の身体で最も大きいのは太ももからお尻にかけての筋肉ですから、ここをメインにします。次いで大きいのが胸と背中の筋肉です。二の腕など腕の筋肉は小さいので、実は非効率なのです。


エクササイズをするに当たり、最初に言っておきたいのは、「集中して時間をかけねば効果が出ないのでは」といった考えを捨てることです。基本的に、やればやっただけ効果が出るのが筋トレです。昼食を食べた後の1分だけ、あるいはスクワット1回だけでも、ちゃんと効果はあるのです。


自分の体力に自信を持つことは気持ちの面でも効果があります。私は若い頃、サラリーマンとしてマーケティングに携わっていたのですが、当時は筋トレが好きだと言うと「変なやつだ」と思われたものです。ですが、身体を鍛えていることによる自信が、プレゼンや交渉での余裕につながっていたと感じます。また、社内で「森? ああ、あの元気なやつか」と認識してもらえたのも大きなメリットでした。それだけで、仕事のチャンスを与えられる確率が大きく広がるからです。


筋肉は身体を動かすためのエンジンです。エンジンの排気量が大きいクルマなら坂道を楽に上れますが、小さければアクセルをべタ踏みしてエンジンをフル回転させなければいけません。当然、そのぶん疲れてしまいます。ここで誤解のないようにつけ加えておくと、筋肉をつけるとむしろ、体重が増加することがあります。ですが、筋肉というエンジンが強化されているため、身体は軽く感じられるようになります。


筋肉は何もしないと年齢を重ねるにつれ落ちていきます。運動をしないと、20代をピークに、男性なら年1~2%の筋肉が減っていきます。ほんのわずかに思えますが、5~10年のスパンで考えれば10%とか20%もの筋肉が落ちてしまうわけで、疲れやすくなるのも当然です。筋トレというと多くの人は「ボディビルダーのような身体になるため」と考えがちですが、実際には最低限の筋肉を維持するためにも必要なのです。


日本ではいまだに、ビジネスマンが身体を鍛えることの重要性が十分に認識されていません。だからこそ、他から抜きん出る「武器」となるのです。


森俊憲の経歴・略歴

森俊憲、もり・としのり。日本のボディデザイナー。福岡県出身。西南学院大学卒業後、京セラで約10年商品企画業務に携わる。その後、ボーダフォン(のちのソフトバンクモバイル)勤務を経て、体型管理カウンセリングやパーソナルトレーニング指導の「ボディクエスト」を開業。著書に『読む筋トレ』『へやトレ』『人生を変える筋トレ』『へやトレ実践ノート』『部屋トレ肉体鍛錬術』『体脂肪燃焼術』ほか。

他の記事も読んでみる

古森重隆

改革をしなければ生き延びることができない。


石川康晴

普通のことをしていたら、おそらく店は潰れていた。


藤井隆太

同じ製品だから同じマーケティングをしても通用するわけではない。その国の習慣や文化にどうやって融合させるかが大事なんです。


マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

多くの仕事をしようとする人は、いますぐ一つの仕事に集中しなければならない。


加藤廣

お金に余裕ができたとしても、50代で守りに入ってはいけない。小説家になろうと準備を始めたのは60歳を過ぎてから。10年かけて「信長の棺」を書き上げましたが新人賞に応募しても評価されず、最初は出版社も相手にしてくれませんでした。そのとき、デビューに力添えしてくれたのが、社外で知り合った新聞記者だったのです。私が50代で自己投資をやめていたら、75歳でデビューを果たすことも、小泉純一郎元首相が愛読書だと公言してベストセラーになることもなかったでしょうね。


角田秋生

学習塾はM&A(合併・買収)が非常に盛んな業態でもありますが、学習塾とウチはちょっと違うと思うんです。もし、そんなことをやろうとしても、ひとつひとつのコンセプトや考え方を確認していったら、「とても無理」となるんじゃないかなと思います。それよりも、自分たちのメソッドを磨きに磨いて、公文の教室に来てよかったと誰もが言ってくれるようなものを作っていくことに注力した方がいいと思っています。


西川世一

人も会社も「自分はこういう者です」と宣言することが大事。


菅義偉

前回(第一次安倍政権)は一気にあれもやろう、これもやろう、そうすれば国民から信を得られるとの思いでやっていましたが、必ずしもそうではありませんでした。今は中長期的に今回はこれをやり、次はこれに取り組むという感じで優先順位を付けて政権運営に当たっています。


森川亮

目標は高ければ高いほどいい。高い目標を目指して頑張れば、仮に目標まで到達しなかったとしても、低い目標を立てた場合よりは高い地点まで行ける可能性がある。同時に、それが達成できると思えるような具体的なプランを作ることが必須。


北条氏綱

無道の働きをもって名利を得た者は、天罰を避けることはできないと知るべきだ。


酒井光雄

接待相手の趣味嗜好や最近の会食状況を知るには、秘書や同じ部署の人に聞けばいい。店選びについては、インターネットのクチコミ情報に頼りすぎるのが最大の失敗要因となる。自ら足を運んだり、社内でその手の情報に詳しい人に相談すれば、防げるはずだ。とくに、外食の経験値が男性より高い女性社員は、格好の情報源。日頃のネットワークづくりが肝要だ。


横河正三

私は一人の従業員も解雇しない。誰も犠牲者にしない。
【覚書き:オイルショック後の賃上げ交渉の場での発言】