森下裕道の名言

森下裕道のプロフィール

森下裕道、もりした・ひろみち。日本の接客・営業コンサルタント。東京出身。大学卒業後、ナムコへ入社。1年で新規事業点の店長に抜擢され、独特な接客法で不振店舗を多数立て直し、カリスマ店長と呼ばれる。その後独立し、接客、セールス、人材育成術などを様々な業種の人たちに教えた。著書に『自分の居場所の作り方』『なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか?』。スマイルモチベーション代表。

森下裕道の名言 一覧

自信なさげな態度は、ビジネスマンにとって致命的な弱点です。部下や後輩にこんな人がいたら、上司はいい仕事を回すはずがない。


周囲には、経験の浅い人や知識を積んでいない人もいるはず。そうした一人ひとりに合わせた言葉を選ぼう、という姿勢がまずは必要。


緊張すると文字どおり「腰が引ける」もの。そんなときは、勇気を出して一歩前に出るようにすると、不思議と言葉が出てくる。


人と会うときに大事なのは、自分に興味を持ってもらうことではなく、自分が相手に興味を持つこと。


相手の言動に苛立つのは、自分の中にも同じ種があるから。だとすれば、「自分がステップアップする課題を見せてもらえたのだ」と発想の転換をすることも可能でしょう。


雑談を盛り上げるための3原則は『相手の長所を見つけ』『相手に共感を示し』『称賛を口にする』ことです。この3つを守れば、話に詰まることはありません。相手の方から話してくれるからです。このようないい関係の中で交わされる会話は、日常生活を楽しく彩ってくれることでしょう。


褒めるうえで回数も大切です。「おしゃれですね」と一度言ったきりで済ませるのではなく、次に会ったときも、その次に会ったときも繰り返しましょう。最初は「お世辞かしら?」と思っていた相手も、7回目にはもう疑いません。なぜかますますおしゃれになるという現象も起こります。褒め言葉を聞いて嬉しく思い、ますます褒めてもらおうと思うからです。


会話に一気に弾みがつくのは相手を褒めたときです。聞くときはもちろん、会話の糸口も褒め言葉から始めることをお勧めします。


近しい人との会話の場合は特に、手を止めて話を聞くことが大切です。テレビを消す、携帯を閉じる、パソコンから相手へと向き直る。こうした態度は相手を尊重する態度の表れです。


会話で相手に好感を示すには、「相手の話を聞く」姿勢を打ち出すことが大切です。ここで優先すべきなのは、話を理解することより、「聞いている」姿勢を示すことです。


相手への好感――それが気持ちのいい会話の大前提です。


多くの人が抱きがちなのは「好かれたい、嫌われたくない」という気持ちです。自分を良く見せたい気持ちが強すぎて、かえってギクシャクしてしまった経験が誰にでもあるでしょう。そういうときは、「好かれたい」の方向を180度変えて、「相手を好きになる」よう努めることです。そうすれば、笑顔や挨拶も自然になり、言葉もスムーズに出てくるでしょう。


打ち解けやすい人とは、言い換えれば「感じのいい人」ともいえます。その感じのよさのもとは、「笑顔」「挨拶」「清潔感」「さわやかな受け答え」という4要素に大別できると私は考えています。いずれも簡単にできるように思えるかもしれませんが、これができる人は意外に少ないのです。


例えば妻や恋人が「ちょっと聞いて」と愚痴めいたエピソードを話した場合。良かれと思って「そういうときは、こうすればいいんじゃない?」とアドバイスすると、「私が悪いってこと?」などと逆に怒られたという経験はないでしょうか。この場合、状況を分析し、解決策を提示する必要などなかったのです。なぜなら、相手が求めていたのは共感だからです。相手の気持ちに寄り添うこと。より正確に言うと「寄り添っていることを示すこと」これが会話をスムーズにするコツです。


部下とコミュニケーションを上手く行うための3つのコツ

  1. 相手の話をちゃんと聞くこと。
  2. ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉など)を使うことを心がけること。
  3. 相手のことを認めて、その人の可能性に賭けてあげること。

たとえその場は我慢が必要でも、相手に楽しい気分を伝染させられる人の方が、最終的には勝ちだと私は思います。


最初はウソでもフリでもいいから、「君なら大丈夫だよ」と相手の可能性を信じて任せてみることで、本当に上手くいくことも多いのです。仕事は自分一人ではできません。一緒に働く仲間や部下を信じた方が、得るものは多いと思いませんか?


「よく頑張っているね」「すごいなあ」「さすがだなあ」といった、ちょっとした言葉をかけるだけで、人は「自分のことを認めてくれている」と感じるものです。


現代人は皆、どこかに孤独感を抱えているものです。「自分のことを理解してほしい」「一人の人間として尊重してほしい」と思っています。その気持ちを汲み取ることが、コミュニケーション上手になる第一歩です。


結局のところコミュニケーションが上手くいかないのは、自分の視点から話そうとするからなのです。それによって相手がどんな気持ちになるのか、相手の視点で考えることが大事なのです。


なぜか相手に反感を持たれてしまう、部下や後輩が思い通りに動いてくれない。社内でのコミュニケーションが上手くいかない理由は、突き詰めるとひとつの原因に集約されると私は考えています。それは、相手に「この人は私のことをわかってくれない」と思わせてしまう、ということです。


人は誰でも、自分のことを認めてくれる相手を信頼するものです。認められれば仕事にやりがいを感じて、能力以上の力を発揮することもあります。とはいえ、明らかにヘマをしそうな相手に対しては、「仕事なんて任せられない」と思うかもしれません。キレイごとに聞こえるかもしれませんが、それでも信じてあげることが大事なのです。もしかしたら、これまでの失敗は、現在のポジションや環境がその人に合っていないからかもしれません。


ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉)は、たとえネガティブな状況であっても使うことができます。たとえば、部下が会議の遅れてやってきた際に、「時間を守れよ!」と注意することは簡単ですが、部下は「そんなことわかってますよ!僕だって忙しいんです!」と内心反発を覚えるはずです。そういう場合こそ、「忙しいのによく来てくれたね」とねぎらいの声をかけてください。部下は「次からは時間を守らなくては」と思うはずです。


よく、「部下を飲みにつれていっておごってやったのに、まったく本音を言わない」と憤慨する上司がいますが、それは、その人が相手の話を聞いていないからです。相手が本音を打ち明けようとしても、「それはお前がいけないんじゃないの?」と批判したり、「それはこうだよ」と結論付けてしまったりしては、本音など話す気になるわけはありません。


相手の話をちゃんと聞くことは、当たり前のことですが、できていない人が多いものです。相手が具体的な答えやアドバイスを求めているならば、ズバリ答えを教えてあげてもいいでしょう。しかし、自分の気持ちをわかってもらいたくて話すという場面もあります。その場合は、相づちを打ちながら聞く姿勢に徹することが大事です。


あなたは人から話しかけられた際に、相手の顔も見ずに、パソコンや携帯電話をいじりながら話を聞いてはいないでしょうか。さらには、「で、結論は何?」と、急かすような言葉を使ってはいないでしょうか。忙しいのはわかりますが、相手の顔を見て話すのがコミュニケーションの基本です。それができないようでは、相手は話す意欲を失ってしまいますし、二度とあなたに相談しようとは思わないでしょう。


売り言葉に買い言葉で、勢いで相手にひどいことを言いそうになることもあるでしょう。私も妻から「あなたは、いつも服を脱いだら脱ぎっぱなし」と小言を言われると、「いつもじゃないだろう!」と怒鳴り返したい気持ちになります。でも、そこはぐっとこらえて、笑顔で対応するようにしています。感情に任せて言い返せば、自分としてはスッキリするかもしれませんが、二人の関係は険悪になります。後になって「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔するに違いありません。これからも続く二人の関係を考えれば、ここはこらえて、楽しい気分で過ごしたほうが幸せです。


人前で緊張してしまう人は、自分がどう見られるか、という視点を180度転換させ、徹底的に相手を観察するといい。「この人はどんな人だろう」「この人を楽しませる方法はなんだろう」という考えに集中すれば、緊張が入り込んでくる余地はありません。


業務上の伝達や報告の際に話が冗長だったり説明不足だと、業務に支障をきたします。また、会議で意見を言いたくても「話下手だから」と黙っていれば、評価は上がらず、アイデアも共有できない。本人もチームも損ですね。


自信のないことについて話さなくてはならないとき、人は話す量を増やしてごまかそうとしたり、質問の隙を与えないように早口になったりしがちです。ミスを報告するときに長々と言い訳をするのはその典型例。しかしそれは、かえって相手の苛立ちを増幅させてしまう。


大勢の前で話すときも、場全体を見ること。一番先に入室し、内装や机のレイアウトなどを眺める。人が入ってきたら人数を数える。見られる側ではなく、見る側に回れば場のイニシアチブが取れます。


「部下がホウレンソウをしない」と怒る上司は多いのですが、そういう人にかぎって、普段から「報告ありがとう」というひと言を言っていないもの。毎日イライラした様子を見せているせいで部下が寄ってこない、という可能性もあります。


自己主張ができない人は、自信たっぷりになれる根拠がない、と考えがちですが、自信には本来、根拠などありません。ビジネスマンは皆、最初は実績ゼロなのですから。営業マンだとしたら、自分はできる営業マンだと思い込むことが第一歩。


最初に「いつも丁寧に仕事してくれてありがとう」など、相手を褒めてから話すと印象が良くなります。話す直前だけでなく、普段からそうしたコミュニケーションをこまめに取ると、さらに良いですね。相手の気持ちに寄り添うことで、結果的に自分のしてほしいことに導くのが、真の意味での賢い方法と言えるでしょう。


報告の際は、まず起こった出来事を一文で伝えること。会議やプレゼンでも、「今日は○○について話します。それにより皆さまにはこういうメリットがあります」と、目的をまず話す。そのあと内容の詳細に入っていくのが正解。


話下手な人は皆、相手を見ず自分流で話すのです。緊張で話せないのも、「自分がどう見られるか」で頭がいっぱいなのが原因。「相手を見る」ことが解決のカギですが、それに気づかない人は多いですね。


二度目以降の印象を良くするために、ぜひ初対面のときにしておきたい「魔法の質問」それは「好きな芸能人は誰ですか?」。相手が男性なら男性の芸能人を、相手が女性なら女性の芸能人を聞き出してください。といっても、あくまでも雑談の中で自然に聞き出すのがコツ。そして重要なのは、「どうしてその芸能人が好きなのか」という理由を聞くこと。なぜなら、「好きな理由」=「自分がそう見られたい願望」だからです。


メールのどこかに、必ず自分ならではのパーソナルな言葉を盛り込みましょう。「先日のゴルフのお話、楽しかったです。さっそく、教えていただいたスイングのコツを思い出しながら素振りをしてみました!」といったひと言が添えてあるだけで、相手はこちらに親近感を持ってくれます。


人は満面の笑顔を向けられると、「自分は相手に受け入れられている」と感じます。人は誰もが「自分をわかってほしい」「人から認められたい」という欲求を持っているので、会った瞬間に「私はあなたを受け入れますよ」とメッセージを送られたら、その後の会話がどんな内容であれ、相手に好印象を抱くもの。


あがりやすい人の多くが、過去の「あがって失敗した経験」を気にし過ぎています。そして「また同じ失敗をするのでは」と心配になり、ますますあがるのです。しかし、その心配には何の根拠もありません。前に失敗したからといって、また失敗するとは限りません。過去の失敗はきれいに忘れてトライしてください。


人と話すときは失敗を気にし過ぎないことも大事です。ある心理学実験によると、人は20分経つと、話していたことの42%は忘れているそうです。二度三度と繰り返さない限り、記憶はどんどん薄れるもの。あがりやすい人はえてして失敗を引きずりがちですが、「20分後には半分忘れているんだ!」と思って、気楽に構えましょう。


相手の「良いところ」を探すようにしましょう。初対面の場合、性格や人間性まで見通すことは不可能ですが、それでも「優しそう」「姿勢がいい」「笑顔がさわやか」など、見える部分だけでもたくさんの長所が見つかるはずです。すると自然に、相手に対する好印象が芽生えます。その好意が、こちらの笑顔や声のトーンに乗って相手に伝わります。人は、自分に好意を向けてくれる相手には好意を持つものなので、相手もこちらに対してフレンドリーになります。こうして心理的距離を縮めていくことが、打ち解けるための第一歩です。


人と接するときにあがってしまってうまく話せない、初対面の相手や目上の人の前に出るとなおさら緊張してしまう……。こんな悩みを持つ人は多いですね。この悩みは、実は簡単に解決できるのです。そもそも、人前であがってしまうのはなぜでしょうか。それは相手に「どう見られているか」ばかりを考えてしまうからです。ならば、その意識の方向を逆にしてみましょう。自分が相手を「見る側」に回るのです。たとえば、後輩や部下から相談ごとを受けた場合を想像してみてください。そのシチュエーションで緊張する人は少ないでしょう。それは、「何を悩んでいるのだろう」「どう答えればわかってもらえるか」などと考えながら相手をよく見ているからです。このように、観察する側に回れば、緊張は治まるのです。


口の重い、沈黙しがちな人と話すときは、「話が上手ですね!」「○○さんとは話しやすいです」と言ってみましょう。驚くくらい、なめらかに話し始めてくれます。相手は、自分の口ベタを弱点だと思っています。そこを褒められると大きな喜びと自信になり、話ができるようになるのです。一見嘘をついているかのようですが、これは相手自身も気づいていない魅力に気づかせるコミュニケーション。自分も相手もハッピーになれる方法なのです。


親しい同僚にプライベートなことや少しデリケートな話をするときは、「○○さんだから話すのですが……」というひと言を添えると、心の距離が縮まります。相手に対して特別に信頼感を寄せている、という気持ちを強調しましょう。


仕事の話以外はしない同僚より、色々な話をできる同僚のほうが好印象を持たれます。「この話題はダメ」などと線を引かず、何でも話して良いと思います。就業時間以外の休憩時間やランチタイムを使って会話すると良いでしょう。


その場をひとまず離れると視界が変わります。すると気分も変わるもの。トイレに行く、給湯室で水を一杯飲むなど、場所を変えて気持ちをリセット。また「指ぶら体操」もお勧め。腕を垂らして、濡れた手の水を切る感覚でブラブラと振ります。すると、頭に上った血が下がり、ピリピリした神経も穏やかになります。これは力を抜いて行なうことがポイントで、緊張をほぐすのにも有効です。


正当に評価されていないと思うなら、上司に「認めていただけていない気がします」と告げてみましょう。ただしグチではなく、「どうすれば認めていただけますか」と、建設的な方向で話すこと。人間には元来「人を助けたい」という気持ちが備わっていますから、真剣な問いかけに対しては、誠意を込めて助言してくれるでしょう。


森下裕道の経歴・略歴

森下裕道、もりした・ひろみち。日本の接客・営業コンサルタント。東京出身。大学卒業後、ナムコへ入社。1年で新規事業点の店長に抜擢され、独特な接客法で不振店舗を多数立て直し、カリスマ店長と呼ばれる。その後独立し、接客、セールス、人材育成術などを様々な業種の人たちに教えた。著書に『自分の居場所の作り方』『なぜ、あの占い師はセールスが上手いのか?』。スマイルモチベーション代表。

他の記事も読んでみる

河森正治

富野由悠季さんが若手のアニメーター志望者を集めた講演で、「江戸時代の呉服屋さんで修業する奴は、三年間本物の生地しか触らせてもらえなかったんだ。お前らアニメなんか観てちゃいかん。三年間は観るな!」と言っていたんです。じゃあやってみようかと思って、三年間観なかったんだ。三年間観なくてさ、「よーし三年目だ。ガンダム観よう」と思って観たら「つまんねー!こんなのにハマってたんだ!」と思った。あれはびっくりした。まあ「つまんない」ってのは言い過ぎで、「わかんない」だった。どうやってこの作品に入っていけばいいんだろうみたいな。


葛西敬之

学生時代までは、実学も含め、書物と格闘するように向かい合うことも必要でしょう。しかしそれは、大学や大学院までにすませておいて、その後は、それを土台に自分の頭で考えていくべきです。そのためにも、読書と体験と思索を積み重ねて、教養を深めていくことを勧めます。


岡野雅行(岡野工業)

技術は盗むもんだと思ってる。給料払ってるのはこっちなんだ。なんで、給料払う方が懇切丁寧に教えて差し上げなきゃならない?そんな間尺に合わないことはないじゃねえか。腕のいい職人の技術を盗んで一丁前になるには、なんていったってやる気だね。いまは俺が修業した時代とは違うし、褒めてやる気を出してくれるんなら、いくらだって俺は褒めるね。気前にゃ自信があるし、大盤振る舞いは得意なんだ。


松本晃(経営者)

会社という組織を成長させようと思えば、投資をしなければ絶対によくならない。個人もよくなろうと思ったら、投資しないといけない。その投資とは何か。それは学ぶことだ。


重吉勉

老後資金をつくるには長期的な視点が必要で、それに見合った手堅い方法を取れば利益は出るもの。それを知らずに運用自体を避けるのは残念です。「リスクを取らないのが最大のリスク」という言葉がありますが、預金だけに頼って老後はそれを取り崩すだけ、ではあまりに心もとない。この長寿化時代にはなおさらです。


山内溥

余裕資金は保険の意味を持つ。当社は新しい市場を作る考えだが、どれだけお金がかかるかわからない。銀行は簡単に貸してくれないし、社債を発行すればリスクを伴う。自前で資金を持ち、必要な時に自由に使えるようにしておくことが必要だ。


渡邉英彦

ひらめいたことはすぐに文字にし手帳に書き留めます。メモが増えて混在し、どれがどれだか分からなくなるのを避けるために、書き留めた言葉を改めてネーミングやフレーズにまとめて、50音順にファイリングする。手帳でブレーンストーミングしている感じですね。


市村洋文

使命は「譲れないものは何か」「何ができるか」「将来どうなりたいか」が交わるところにある。その3つが見つかれば自分の軸が定まる。


井阪隆一

市場をきちんと理解していないと、仮説は立てられない。


岩崎裕美子

スケジュールは社内で共有しているグループウエアで管理しているので、紙の手帳はタスク管理だけに使っています。仕事が決まったら「実際にやること」を細かく分解して、本当の締め切りの1週間前に書き込むのが基本ルールです。私の場合、使っている手帳の「1日分の枠」に収まる量が、1日に処理できるタスクの大体の上限。


藤田晋

信用は「言ったことはやる」という約束を積み重ねて得ていくもの。言った以上はそれもしっかり守る。仕事の約束はもちろん、普段のつき合いの中で生まれる小さな約束を守っていきましょう。


孫正義

退却には攻撃の10倍の勇気がいる。退却の決断はトップしかできない。退却ではボコボコに非難される、やられる、恥ずかしい。これに耐える勇気がないと、もう戦えなくなる。


古森重隆

みんなで時間をかけて会議して、方針を決めていたら、みんなの意見が平均値となり、平凡な答えにしかならない。そんなことで非常時は打ち破れない。


米濱和英(米浜和英)

野菜の国産化を役員に提案したとき、出てきたのは懸念ばかりでした。野菜を国産に変えることに伴って増加するコストを試算すると、約10億円。当時の業績からすると、かなりの負担です。しかし、10億円分のコストを別に削減すればよいと、最後は独断で決めました。


堀義人

僕の考える「リーダー」の役割は3つあります。まずビジョンを描き戦略を作って、結果に責任を負うこと。次に企業を取り巻くステイクホルダー(企業の利害関係者)とコミュニケーションすること。最後に組織文化を形成し、理念を浸透させ従業員をやる気にさせることです。


ページの先頭へ