名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

森下洋子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

森下洋子のプロフィール

森下洋子、もりした・ようこ。日本のバレエダンサー。広島県出身。3歳の頃からバレエを開始。12歳でバレエを本格的に学ぶために上京。「天才バレリーナ」と呼ばれた。高校卒業後、米国留学。ヴァルナ国際バレエコンクールで日本人初の金賞受賞。「日本人にはバレエは無理」という世界的な偏見を払拭した。その後、日本を代表するバレエダンサーとして活躍した。

森下洋子の名言 一覧

私は毎日、二時間の基本レッスンをやっています。これは私の舞台を支えている大事なレッスンです。一日基本レッスンを怠ると、自分の体が不調になるのがわかります。二日怠ると、パートナーにわかります。そして、三日怠ると多くの人にわかります。


森下洋子の経歴・略歴

森下洋子、もりした・ようこ。日本のバレエダンサー。広島県出身。3歳の頃からバレエを開始。12歳でバレエを本格的に学ぶために上京。「天才バレリーナ」と呼ばれた。高校卒業後、米国留学。ヴァルナ国際バレエコンクールで日本人初の金賞受賞。「日本人にはバレエは無理」という世界的な偏見を払拭した。その後、日本を代表するバレエダンサーとして活躍した。

他の記事も読んでみる

常盤文克

「人のやったことのないことをやる」。社員が皆そう思っている企業文化があるかどうか。そこがすごく大切な点だと思います。


二子石謙輔

売上金入金サービスが生まれた事情を振り返ってみると、銀行の方は気付いてなかっただけで、セブンイレブンから見たら深刻な話だったわけですよね。同サービスを始める前は、何万とある店の数だけ銀行口座があったわけですよ。ところが、今は1つのセブン銀口座で集中管理できます。こういうのは流通の人から見ると普通の景色ですし、そういうものを素直にビジネスに反映してきたというだけです。


吉越浩一郎

仕事ができないと、自信がなくなる。するとなんとか生き残ろうと、いい人になる。いい人とはまさに、人目を気にする人です。でも今は、昔と違って会社に体力がありませんから、今後はいい人だけで生き残っていくには、いよいよ厳しい時代になるでしょう。


渋沢栄一

一個人のみ大富豪になっても社会の多数がために貧困に陥るような事業であったならばどんなものであろうか。いかにその人が富みを積んでもその幸福は継続されないではないか。故に国家多数の富を致す方法でなければいかぬというのである。


西田一見

人の感情は習慣でつくられます。生まれたときからマイナス思考の人はいない。成長する途中で「ダメ」「ムリ」と思うクセがつくと「すぐ諦める人」になる。裏を返せば、今からくじけない習慣をつければ、心は強くなれるのです。


夏川賀央

私がビジネス書の中で、オリジナリティの大切さについて書いたところ、賛同した方が日本全国から自然に集まったのが賀央会です。各地で自主的に集合し、勉強会が行なわれたり、異業種を研究する会として、四国のトマト農園を訪れたりするなど、活発に活動しています。究極は、3人の会員で「賢者の書店」という電子書籍の出版社を立ち上げてしまったのです。名刺代わりになるような電子書籍を発行するというコンセプトがあり、他にないオリジナリティあふれる出版社だと思います。このように、オリジナリティの関心が高い人の集まりに参加すれば、意見を交わすたびに大きな刺激を受け、自分のオリジナリティも磨かれるのです。


宇佐美進典

いい流れの時、時流に乗って会社を大きくすることもあります。しかし、経営者としての成長といった視点から考えると、潮目が変わった時、いかにその試練を乗り越えるかが経験になり、その経験が成長に繋がると思います。


越智仁

新興国が技術的に追い上げてきたことは認めざるを得ません。だからこそ我々は、高度な技術が必要な最先端の分野を攻めていかなければなりません。たとえば、現在、世界の液晶テレビの多くは、中国メーカーが製造していますが、液晶テレビのパネルに使うフィルムなどの素材は、ほとんどは日本の素材メーカーが提供している。それだけ、製造や加工が難しいからです。もっとも、いずれは彼らも追い付いてくると思います。我々は今のうちに先へ先へと素材の機能を進化させていくしかありません。


石井てる美

マッキンゼー時代、思い返せば、仕事が遅いというか、すべての仕事を抱え込み、効率的に処理できていなかった。


丸山栄樹

クライアントとのお付き合いも最初の印象で決めつけてはいけない。人の心も未知。


山下勝(経営学者)

組織論の見地から言えば、部下に口でうるさくがみがみ言うことは、上司の役割です。しかし、限度を超えて上司が口うるさいとなると問題です。ただ、上司側にも同情すべき事情があります。現在、日本の職場では上司がマネジメントを全うしにくい。純粋な管理職でなく自らも動くプレイングマネジャーであることが多いからです。


上田清司

06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。