名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

梨田昌孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梨田昌孝のプロフィール

梨田昌孝、なしだ・まさたか。日本のプロ野球選手(捕手)、プロ野球監督、野球評論家。島根県出身。島根県立浜田高校野球部時代甲子園に出場。卒業後ドラフト2位で近鉄バッファローズに入団。同チームの正捕手として活躍。独特な打撃フォーム「コンニャク打法」を編み出した。数多くのタイトルを獲得し引退。野球評論家を経て野球指導者になる。コーチ、二軍監督などを経て近鉄バッファローズ監督に就任。同チームを日本一に導いた。また日本ハムファイターズの監督も務めた。

梨田昌孝の名言 一覧

投手出身でも野手について学び、野手出身でも投手の育成に関心を持つ。何にでも口を挟むのはよくないが、自分の知識として得意分野以外も学ぶ姿勢は、これからの指導者に強く求められると実感している。


プロ野球選手の優劣は、技術力、すなわち残した数字で決まる。だが、チームで高い成果を挙げるためには監督以下、コーチ、選手、裏方も含めてすべての人間の心をひとつにすることが不可欠である。


私の若い頃のように、選手が監督に呼ばれるのは怒られるときだけ、ということはなく、選手たちは監督の考えや思いを常に知りたがっている。「黙って俺についてこい」の時代は終わり、緻密な相互コミュニケーションが強い組織の土台になるとも言われている。そうした時代にあって、監督の参謀役は必ずしも一人に限る必要はないと思う。投手と野手、攻撃と守備、育成と熟成。監督にとって各部門に参謀、あるいは信頼できる相談相手を持つことも理想的なチームづくりのポイントになる。


二軍の監督をしていたとき肝に銘じたのは、決して一軍の監督のイエスマンになってはならないということ。一軍のチーム状態が良好なときは問題ないが、5連敗、6連敗と負けが込んでくると、佐々木監督からはイキのいい選手を送ってほしいと求められる。私も一軍の勝利に貢献できる選手を推薦したいのだが、残念ながらそうした選手が見当たらない時期もある。そんなとき、不調で二軍落ちした選手を再び昇格させよと命じられても、私が太鼓判を押せなければ「まだ駄目です。少し辛抱してください」と答えられるかどうかが重要だった。二軍監督には、選手の将来を預かる役割もある。戦力にならない状態で一軍へ上げても、その選手を潰してしまうことになりかねないのだ。一軍のために動きながらも、時には選手を守らなければならない。


監督も参謀役も経験してわかったのは、監督という仕事は選手からいきなり就任しても成功した人はいるが、若い参謀役が目立つ実績を挙げた例はない。つまり、参謀役とは監督以上に難しい仕事であり、指導者として豊富な経験が必要だということだ。


若い監督をサポートするには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。


梨田昌孝の経歴・略歴

梨田昌孝、なしだ・まさたか。日本のプロ野球選手(捕手)、プロ野球監督、野球評論家。島根県出身。島根県立浜田高校野球部時代甲子園に出場。卒業後ドラフト2位で近鉄バッファローズに入団。同チームの正捕手として活躍。独特な打撃フォーム「コンニャク打法」を編み出した。数多くのタイトルを獲得し引退。野球評論家を経て野球指導者になる。コーチ、二軍監督などを経て近鉄バッファローズ監督に就任。同チームを日本一に導いた。また日本ハムファイターズの監督も務めた。

他の記事も読んでみる

中村義一

とにかく自分の専門以外にも興味を持って調べてみることが大事。自分には関係ないと思うような分野の商品やサービスでも、実際に興味を持って近くで見ると、「ここがあそこに活かせそうだな」と、いろんなアイデアが浮かんでくる。そういう意味では、身の回りのすべてにアイデアのヒントが隠されている。


山田義仁

ベトナムでは2輪車のことを「ホンダ」、貼り薬のことを「サロンパス(久光製薬)」と呼んでいます。世界で血圧計のことを「オムロン」と呼ばれるように社員にはハッパをかけています。ヘルスケア事業は社業に占める割合は低いですが、血圧計は世界シェア50%を占めます。ブランド力向上と社会貢献を示すうえで消費者に分かりやすく、重要な役割を担っています。


青木仁志

セールスで経営者を相手にする場合は、社員や株主などへの責任もある立場を考え、「最終利益」に貢献できることを訴えます。また、中間管理職などミドル層が相手なら期待できる「粗利」や「前年比伸び率」などを提示してその人の実績になることを、現場レベルの人なら利便さや高機能性などをアピールするといいでしょう。


石本雅敏

トップアスリートに着てもらうことは、品質などを世界にアピールできる良い機会。ただ、オリンピックはボディーブローのようなものでアッパーカットのような即効性はない。販売増にすぐつながると期待はしていない。長い目で見た戦略の一つ。


前川賢治

我慢してボーッとしていると、いろんな考えが頭を巡る。人間はやることがないと思考する。


泉谷直木

極めて泥臭い話かもしれませんが、各国でビジネスをやる場合は、その国のローカルの人たちと心を一つにすることが非常に大事。みんなで現地へ行き、現場を見て、現場の人と一緒にやる。


出口治明

僕が30歳くらいの時に、商社で第一線を走っていた友人が、お父さんが病気になったので家業を継ぎました。その友人と飲んでいたとき、こう言うのです。「商社にいたときはメチャクチャ楽だった。迷ったときは、上司に投げればいいのだから」と。起業するために必要な能力をひとつだけあげるとしたら、「自分で決めることができるかどうか」でしょう。


松沢幸一

チームとして解決に取り組むと、みんなの気持ちもまとまりプラスの効果が生まれる。


山本正已

社長に就任して、当初の不安が次第に消えるのを感じました。初めての経験ばかりなのに、不思議と動じないのです。思い当たることがありました。私の出身部門は所帯が小さかったから、製品開発から生産、営業、アフターサービスのすべてに目を配らなければなりませんでした。常に浮かび上がる種類の異なる課題を解決しなければならない。付き合う人もさまざまで、異なるものの考え方に触れることが多かった。そのおかげで環境適応が早いのです。


櫻井英明

過去を振り返るだけでは、将来の予想や日本のあるべき姿は予見出来ません。些末にとらわれず大局を眺めることを心がけたいものです。


鈴木敏文

お客様の立場に立つというのも不変の真理だ。セブン銀行を作った時も同じ。銀行の営業時間は平日の午後3時まで週末は休み。金をおろしたりするのはきっと不便だろう。だから、24時間使えるATMをやれば必ず成功するだろうと考えただけ。要はお客様の立場に立った時、便利に使っていただけるかどうかを考えた。金融機関の人たちには絶対に成功しないと言われたが。


宿澤広朗

リーダーは選ぶものではなく、育てるもの。戦略は大胆に、戦術は緻密に。