名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

梅野勉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梅野勉のプロフィール

梅野勉、うめの・つとむ。日本の経営者。フォルクスワーゲン・ジャパン社長・会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、本田技研工業に入社。ホンダオーストラリア社長、本田技研工業東アジア大洋州部長などを経てフォルクスワーゲングループジャパンに移籍。副社長を経て社長・会長に就任。

梅野勉の名言 一覧

どんな仕事を与えられても、PDCAだけは意識してきちんとやる。これができるようになれば、将来確実に伸びます。MBAよりPDCAだと覚えておいてください。


成功体験が豊富な人ほど、それまでの必勝パターンや定石にはまって、毎回異なる新しい環境に謙虚になれなくなる恐れがあります。これはビジネスにとって大変危険なことなのです。


ホンダ時代はよく「五割任用」といっていました。いまの実力でタスクの5割は達成できると思える人材なら、恐れずユニークな感覚の持ち主を抜擢しろ、というわけです。いまもこの考え方に変わりはありません。


私自身、現職に就く際は、ホンダでの実績をすべて捨てました。当社の顧客は何を求めているのか、ディーラーのモチベーションはどうなのか、一から聞いて理解するところから始めたのです。


現在の数字だけで比べるなら、知識と経験がある人のほうが有利でしょう。だけど、戦力評価というのはそんな単純なものではありません。私たちがみているのは、その人の未来の姿なのです。極端な言い方をすれば、いまは負けていても、2年後には逆転するだろうと感じさせてくれる人のほうが、決まったやり方でそつなく結果を出す人より、大きな魅力を私は感じます。じゃあ何がそう感じさせてくれるのかといったら、それは、仕事に取り組む姿勢や情熱、勢いなのです。


数字でしか判断しない上司と戦うのも、ビジネスマンの試練ですよ。もっといえば、自分が目標達成できなかったのはこういう理由であり、その代わりにこれだけ会社に貢献したということを、ロジックとデータできちんと説明し、上司を説得できればいい。あるいは、逆に志の低い上司の考え方に影響を与えられるようなら、その人は間違いなく即戦力です。


たんに目先のノルマを追い求めるのではなく、中長期の視点をもって仕事に取り組むことが大切です。たとえば販売の現場なら、売上げ目標には到達したけれど、あとにはぺんぺん草も生えないような売り方の人と、目標には届かなくても、確実に見込み客を増やす営業をした人とでは、私は後者のほうを将来の期待値が大きいと評価します。


自分自身をプレゼンテーションする能力も必要でしょう。ただ、この部分は私自身、あまり上手じゃなかったような気がします(笑)。まあ、それほど意識しなくても、仕事ぶりから自然と伝わるものです。改善提案を出し続けるような人をみれば、ああ、彼は仕事に対する情熱に溢れているのだと、誰だって思うでしょう。


ものごとを大きく見ることが大切です。たとえば、大使館の広報経験者を採用したら、私は彼を物流や整備部門に配属します。もちろん、広報ならすぐにある程度の仕事は任せられるかもしれませんが、それでは幅の狭い見方しかできない広報マンができあがってしまう。エキスパートであっても、専門以外のことをいろいろ経験している人のほうが、視野は絶対に広くなります。一軍選手して通用するのはそういう人です。


仕事を円滑に行うのにスキルはあった方がいいし、足りない知識を補うために自分で勉強するのもまた大事なことです。ただ、それには弊害もあることを忘れてはいけません。実際のビジネスで、ケーススタディでやったことがそのまま当てはまる状況などまずないのに、なまじMBAを持っていたりすると、自分が勉強したケーススタディの範囲だけで答えが出ると思ってしまうのです。こうなると、環境の変化に対しダイナミズムをもって対応できなくなります。そんな人に、大きな仕事を任せようという気にはなりません。


現在も、輸入車販売台数では7年連続首位を走っていますが、ディフェンダーという気持ちは一切ありません。一時の成功にあぐらをかき、フレキシビリティ(柔軟性)をもって挑戦する気持ちを忘れたら、あっという間に淘汰されてしまいます。それぐらい厳しい業界に身を置いているのです。


このタスクを任せてみたいと上司に思わせる力、それが大切だと思います。経験やスキルよりも、彼なら斬新な切り口を提示してくれるんじゃないか、この局面をどんなやり方で突破してくれるのだろうと、期待させてくれる何かがあることの方が重要です。


梅野勉の経歴・略歴

梅野勉、うめの・つとむ。日本の経営者。フォルクスワーゲン・ジャパン社長・会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、本田技研工業に入社。ホンダオーストラリア社長、本田技研工業東アジア大洋州部長などを経てフォルクスワーゲングループジャパンに移籍。副社長を経て社長・会長に就任。

他の記事も読んでみる

中島孝志

質問力とは問題解決力。質問力を磨けば仕事のトラブルを回避したり解決することができる。人間関係も改善する。あらゆる問題を見つけ出し、それを解決に導く第一歩が質問力なのです。


安永竜夫

商社はジャングルガイドでなければならない。新しい地域であれ、新しい産業であれ、新しいビジネスモデルであれ、それにまず触ってみる。その中で自分たちが新しいマーケットを切りひらけないか。新しい産業の中で何をやるべきか。どういう役割が果たせるのか。それを常に考えるのが商社の仕事。ビジネスフロンティアを新しく切りひらいていくのが我々の役目。


江見朗

自分がどうなりたいのかという目的を考えた時、「一度きりの人生だから幸せになりたい」と思った。幸せとは何か。私の場合、それは成長でした。


小郷三朗

もともとお茶は家庭で茶葉を使って飲んでおり、お店や会社に行けば無料で飲めるものだった。それが今やフタを開ければ、すぐにそのまま飲めるペットボトルのお茶にお金を払うようになった。


深野康彦

夫婦間の溝を埋めるには、「相手の立場に立って、物事を見直してみること」が重要。


雲川俊夫

経営者として自慢できることは皆無ですが、ひとつ誇れることがあります。社長になったとき、社員は1141人でした。現在は1096人です。国際輸送業者として世界的な営業網を充実させ、業績は伸びましたが、社員数は逆に減りました。むろん、リストラで減らしたのではなく、採用抑制による自然淘汰です。


酒井俊幸(陸上選手)

励ました方がいい選手もいるし、調子に乗りやすい選手なら、キツめのことを言った方がいいこともある。そこは、選手の心理と性格を把握しないといけません。同じ選手に対しても、好調時と不調時では、言うべき言葉が変わるはず。


村田沙耶香

ほぼ全部が弱点ですね。幼少期から弱点をどう反転させていくかみたいなことがいっぱいあったので、弱点のようなものは強さの源だと思っているところがあります。


福沢諭吉

世間の物事は、進歩しないものは必ず後退し、後退しないものは必ず進歩します。進歩も後退もせずに一か所にとどまっているものなどあるわけがありません。


金川千尋

信越化学工業を世界の優良企業にすることが最大の生きがいです。人ができないことをやらなければ、私が社長である必要はありません。


大村浩次

リーマンショック前の数年間で、不動産ファンドやREIT(不動産投資信託)事業などを拡大してしまいました。私の判断ミスです。本業である賃貸仲介や賃貸管理を深掘りし、入居者やオーナー様に、高いサービスを提供することだけに経営資源を使わなくてはならないのに、変な下心が生じました。いまは真摯に反省しています。


宮沢次郎

一般に日本人は肩書を尊びますが、実はこれほど有害なものはありません。自分自身を見つめることを妨げるからです。肩書がついたためにこれまでとまるで別人のようになってしまう人がいるでしょう。自分を見失っちゃうんです。