名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

梅澤高明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梅澤高明のプロフィール

梅澤高明、うめざわ・たかあき。日本の経営者、コンサルタント。A.T.カーニー日本代表。東京大学法学部卒業後、マサチューセッツ工科大学でMBA取得。日産自動車を経て、A.T. カーニー(ニューヨークオフィス)に入社。米国企業のコンサルティングに従事する。その後同社の東京オフィスに異動。国内大手企業のコンサルティングを行った。テレビ報道番組のコメンテーター、経済産業省産業構造ビジョン2010策定支援(文化産業立国、インフラ輸出)、経済産業省クール・ジャパン官民有識者会議委員なども務めた。

梅澤高明の名言 一覧

脳ミソと身体がビジネスの一番の資本ですから、そのメンテナンスをしないことには長期戦は戦えない。


やる気のない「やらされ仕事」と、「これは面白い!」「この人と仕事がしたい!」といった想いがある仕事。生産性に決定的に差がつくのは当然。


アイデアのネタになる情報に触れても、アンテナが立っていなければスルーしてしまう。


仕事の面白さで、生産性に十倍の差がつくことは珍しくない。


最初に明確なアウトプットイメージ、すなわち仮説を持って作業を設計しないと、極めて効率が悪いことになる。


常に留意してきたことは、最終的なアウトプットのイメージを早く持ち、そこに到達するための道のりを考えて仕事を進めること。


長期的な株価推移は、会社が環境に優しいか、行動様式が社会的に正しいかといった多様な側面も反映している。


お金にならなくても、社外の人と一緒に何かのプロジェクトに関わる。また、もし社内起業の機会があれば、社外の人たちと協力して仕事をするチャンスなので、積極的に手を挙げる。たとえ、そのプロジェクトがうまくいかなくても、そこでできた人脈は、長い人生のどこかで仕事の役に立ちますし、人生も楽しくなりますから。


成長性と収益性の両方を実現しなければグローバル超競争の時代を勝ち抜くことは難しい。日本企業は概して成長力不足です。この状態のままでは、買収ターゲットとなるリスクも高まります。


価値創造成長企業の多くは、コア事業における世界でのリーダーシップ確保に集中しています。一方、停滞する企業の多くは、グローバル市場よりも国内市場に軸足を置き、周辺地域への多角化により注力する傾向があります。


現在、デジタル化、グローバル水平分業の波が押し寄せ、勝者総取りの市場構造ができています。


グローバル超競争で勝つために必要な5つの指針とは。(1)グローバル視点での大きな目標。(2)制約条件を取り払った大胆な戦略構想。(3)これを実現するための長期的スパンでの事業基盤への投資。(4)有機的成長を加速するためにM&Aを戦略的に活用する。グローバル成長をドライブできる組織構造と文化を構築する。


今後、AI(人工知能)がどんどん進化すれば、AIに取って代わられる仕事が増えます。AIができる仕事では、人間は絶対にスピードでかなわない。効率ではなく、新しい価値を生み出せるかが、人間の勝負どころになってくるはずです。個人、あるいはチームとして、どれだけ創造性のある仕事ができるか、ということです。


多くの仕事をこなしながら、高い成果を出しているハイパフォーマーは、みんな「リセット」をする場を持っている。瞑想に限らず、運動でも、風呂でも、やり方は人それぞれでいい。


プレゼン資料を作るときは、「相手は誰で、届けるべきメッセージは何か? 獲得したい目標は何か?」をまず考える。クライアントへの提案、一般聴衆向けの講演、テレビでの一分間のコメントと、シチュエーションが変われば目標も異なり、その結果、適切な伝え方も変わってきますから。


たいていの仕事は多少粗くても通用します。最終的なアウトプットが必要な水準をクリアしていれば、中間のアウトプット、たとえば、社内の人しか見ない文書は、粗くたってかまわないはずです。すべてに完璧を求めてしまいがちな日本人の国民性が、仕事の遅さ、作業の長時間化につながっているのでしょう。


日本のビジネスマンの仕事が遅い原因は2つ。ひとつは、会社や組織としての意思決定のプロセスがまどろっこしいということ。決められないからスピードが遅い。もうひとつは、ワーク・ライフ・バランスを取るべきだという社会的なプレッシャーが弱いこと。だから、会社に残りダラダラ仕事をしてしまう。その二つの「合わせ技」で、仕事が遅くなっているのではないでしょうか。


会社の壁を越えたチームで、様々なプロジェクトに取り組むことをお勧めします。「人生100年時代」と盛んに言われ、職業人生も長くなっています。ずっと一つの仕事をしていればいいわけではなく、「多毛作」をしなければなりません。そのためには、いつまでも学習し続け、自分の幅を広げ続けなければならない。そうしたマインドを持ち、そのための行動を取ることは、一つの組織の中だけに閉じていては難しいでしょう。


私は、2020年の先を見据えて東京の将来ビジョンを構想し、東京に必要な様々な仕掛けを実現していく「NEXTOKYOプロジェクト」のリーダーとしても活動しています。NEXTOKYOでの動き方は、従来の仕事のスタイルとは違います。会社の壁を越え、「この人から学びたい」と思う人たちと一緒にプロジェクトを進めることで、大いに知的刺激を受けながら、結果として高い生産性を実現しています。


梅澤高明の経歴・略歴

梅澤高明、うめざわ・たかあき。日本の経営者、コンサルタント。A.T.カーニー日本代表。東京大学法学部卒業後、マサチューセッツ工科大学でMBA取得。日産自動車を経て、A.T. カーニー(ニューヨークオフィス)に入社。米国企業のコンサルティングに従事する。その後同社の東京オフィスに異動。国内大手企業のコンサルティングを行った。テレビ報道番組のコメンテーター、経済産業省産業構造ビジョン2010策定支援(文化産業立国、インフラ輸出)、経済産業省クール・ジャパン官民有識者会議委員なども務めた。

他の記事も読んでみる

ウォルト・ディズニー

私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。


堀義人

私が一番辛かったのは、自分の目標が分からなかった時期でした。目標がないと何をしていいか分からないし、面白くない。ですから、人生の目標が見つけられなくても、短期的な小さな目標でいいので、それに向かって行動をしてほしい。目標を達成した時に何か別の世界が見えてくることもある。


水留浩一

外食業界は1000本打って3つ当たるか、みたいなところがあって、あまり深追いしても良くない。


松井忠三

社員の意識を根本から変えたいなら、訓示を垂れたりするよりも、仕組みを作るほうが効果的です。行動を変えざるを得ない環境を、まず作ってしまえば良いのです。


ドナルド・N・サル

不況時に企業に大きなチャンスをもたらす要因は、実は外的なものより内的なものの方が大きいのです。なぜなら、不況によって企業の内部で変わろうとする機運が高まるからです。不況になれば従来と同じやり方を続けられないことが誰の目にも明白になります。


鈴木修

経営とは数字である。同じく、仕事も数字である。
【覚書き|鈴木氏は大学卒業後、中央相互銀行(現:愛知銀行)に5年間勤務している。金融界での実務経験が氏の経営観に大きな影響を与えたと言われている】


国吉拡

営業の現場にいくと、決まって聞こえてくるのが、「最近、モチベーションが上がらなくて……」という声です。私の実感では、97%の営業マンがモチベーションの低下で悩んでいます。つまり、やる気のある営業マンは3%ほどしかいないということです。ということは、モチベーションを高く保つことさえできれば、それだけでトップ営業マンになれるかもしれないのです。


阿部祐二

語学は1日でも離れるとガクンと力が落ちるので、どんなに忙しくても、5分でも10分でも触れるようにしています。いつでもどこでもできるよう、常に勉強道具を持ち歩いておくことも重要です。


御手洗冨士夫

コンパクトカメラでもレンズ交換式でも、やみくもに数量を追わないという姿勢を維持します。安売り競争に巻き込まれないように、付加価値の高い製品を提供し利益優先主義で事業を進めていきます。


横田雅俊

優秀な営業マンは、ムリな値切りを持ち出されたら、別のお客様へアプローチすればいいと考えます。当社の調査では、トップ営業は下位営業と比べて約7倍の案件を抱えています。彼らが値切りに負けないのは、分厚い見込み案件という自信の源があるからです。


森川亮

一般的な日本企業では、経営方針を掲げて朝礼で「行くぞ-」みたいなスタイルが多い。スポーツでいうと、打順が決まっている野球型が得意だ。NHNジャパンは、現場が自由にやることとトップダウンを組み合わせながらマネジメントする、サッカー型の文化に近い。日本人はゴール前でシュートしないでパスを回すという話があるけれど、当社でそのようなことはない。


佐藤優

仕事を教えてもらうには、師と仰ぐ人の懐に飛び込めるかどうかが大きい。僕の場合は仕事の話ではなく、僕が傾倒していた神学や哲学の話をすることで、こいつは面白い奴だなと思ってくれたのかもしれません。外務省のエリートというのは、頭が良くてプライドが高いので、小器用にうまく立ち回ろうという人が多い気がします。そういう部分を彼らは鋭く見抜くのです。その点、当時の僕は、どこか愚直に自分をさらけ出せていたんだと思います。