名言DB

9413 人 / 110706 名言

梅村真行の名言

twitter Facebook はてブ

梅村真行のプロフィール

梅村真行、うめむら・まさゆき。日本の経営者。「グローバルゲイツ」社長・会長。福岡県出身。大学卒業後、米国の大学院でホテル経営を学ぶ。その後、旅行会社、ホテル業界、不動産業界などを経てグローバルゲイツを設立。

梅村真行の名言 一覧

当社では国籍、年齢を問わず志の高い人材を採用、抜擢しています。人材を確保しながら、日本の高い清掃技術をもって世界で勝負します。


私達は単なる清掃業ではないハウスキーピングマネジメントという事業を確立しました。スタッフは品質向上と効率化を考えながら日々仕事に取り組んでいます。


梅村真行の経歴・略歴

梅村真行、うめむら・まさゆき。日本の経営者。「グローバルゲイツ」社長・会長。福岡県出身。大学卒業後、米国の大学院でホテル経営を学ぶ。その後、旅行会社、ホテル業界、不動産業界などを経てグローバルゲイツを設立。

他の記事も読んでみる

家入一真

仕事とは関係のない人と積極的に会うようにするなど、自分の世界を広げる手段はいくらでもあるはずです。僕は、食事をしたり飲みにいったりするときは、毎回違ったメンバーに声をかけるようにしています。いつも同じ顔ぶれで集まっていると、段々と話題がなくなり、仕事の愚痴や社内の噂話など、どうでもいいことばかりを話すようになる。そういう場にいると、なんだか自分がすり減っていくような気がしてしまいます。


鈴木敏文

市場のデータを見て、商品の価格の低さに価値を感じる顧客と、質を重視する顧客がいて、その割合が6対4だったとき、どちらをターゲットにすべきか。通常は、より大きな6割のほうに目を向けるでしょう。しかし、もしそうしていたら、セブン&アイグループの大ヒット商品であるプライベートブランド(PB)の「セブンプレミアム」は生まれませんでした。私は不況の中にあっても、グループ企業の販売データを見ながら、価格の安さだけでなく、質の良いものを求める顧客が増えていることを見抜いていました。現代はもの余りの時代で、誰もが慌ててモノを買おうとはしませんから。


引田淳

人はそれぞれ個性も、性格も違いますから、人のマネをしてもだめです。自分の尊敬する先輩、上司が非常に優れていたとしても同じ人間ではないのでマネはできません。だから、自分のスタイルをつくりなさいと伝えているんです。


安斎隆

いま管理職を束ねる立場になって思うのは、どんなに本人に能力があっても、部下を生かせない人間はダメだということ。


有森裕子

何もしなければ、なんとかなるなんてことはないし、奇跡も起きるはずがない。自分の目標が明確になっているなら、あとはやるかやらないか。結果を出せるかどうかはその差でしかない。努力は絶対に裏切りませんから。


宮坂学

データは単にためるのはコスト。使って初めて価値となる。


村口和孝

全く予測がつかないことが世の中では、歴史的に繰り返し起こってくる。それは、イノベーションによって、新しい商品が市場投入された場合だ。


越智仁

業務の棚卸をせず、今やっているやり方が正しいと思っているから生産性が落ちる。そういう無駄をバサッと切ることが、本当の業務改革。


山本康博

売り込もうとするのではなく、何か困っていることを助けてあげるという視点から企画を書くことが大切。


西井孝明

市場が安定成長期に入ってから攻めたのでは遅い。勢いよく成長している今こそ、事業の足場を固める最も大切な時期。


さかなクン(宮澤正之)

自分の中で、ひとつ支えになっていたのは、小学校6年生の時の家庭学習です。週末に出る宿題で、自分の好きなお魚を調べて絵と文を書き続けました。当然、毎回毎回、お魚のことを提出していたら、担任の先生が「職員室ですごい評判だよ。絵も上手だから廊下に貼り出そう」と、仰ってくださって。自分の描いたお魚の絵をちりばめた壁新聞を、周りの友だちも立ち止まって見てくれたんです。それで、描く喜びがさらに増していき、お魚のことを伝える楽しさを知りました。この時の嬉しさは、いま、新聞や雑誌で連載させていただいている喜びの原点です。


ニーチェ

苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。


萩本欽一

人間の顔って、その人のことがぜ~んぶ書いてあるんです。同じ親から生まれたら同じ顔で生まれてきてもいいはずなのに、一人一人みんな顔が違うでしょ? 双子だって似てるけれどやっぱり違う。それは「すべての情報が顔に集中してますから、みなさん顔で判断してくださいね」っていう意味だと僕は思ってます。顔というか、目にその人のことがよく表れるの。


熊谷正寿

インフラとサービスインフラというのはなくならない、生き残るビジネスです。だから、電気やガス、水道、道路と同じように、インターネットでなくてはならないインフラやサービスインフラに経営資源を集中させました。これが生き残ってきた一番のポイントです。


島津貴久

侍どもの中で、番狩・普請やその他の役務の間の日には、ただぶらぶらしておらずに、主人・家の子・女までも、朝早くから農業にいそしんでほしい。