名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

梅原龍三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梅原龍三郎のプロフィール

梅原龍三郎、うめはら・りゅうざぶろう。日本の洋画家。京都出身。華やかな色彩美で多くのファンを魅了した。印象派の巨匠ルノワールに直接教えを受け、数多くの作品を残し日本美術界の重鎮となった。東京美術学校(のちの東京芸術大学)教授、ヴェネツィア・ビエンナーレ国際審査員などを務めた。

梅原龍三郎の名言 一覧

個性がないと絵もそれを見る人間の目を引かない。個性を出した絵でないと人を打たぬし売れもしない。とはいっても、私はどんな小さな作品でも商品だと思って描いてはいないけどね。


梅原龍三郎の経歴・略歴

梅原龍三郎、うめはら・りゅうざぶろう。日本の洋画家。京都出身。華やかな色彩美で多くのファンを魅了した。印象派の巨匠ルノワールに直接教えを受け、数多くの作品を残し日本美術界の重鎮となった。東京美術学校(のちの東京芸術大学)教授、ヴェネツィア・ビエンナーレ国際審査員などを務めた。

他の記事も読んでみる

村田昭治

他社にない自社独自の競争の武器、つまりコアコンピタンスをどの会社ももっていると思う。その長所をどう活かしていくか、これが企業を存続させる基本条件ではないだろうか。


施崇棠(ジョニー・シー)

我々はお客様が商品を見たり触ったりしたときの反応を非常に重視しています。見るとか、聞く、触る、反応を感じるという、五感を使って全てにおいて当社は完璧を求めています。


岡本太郎

他人に対して自分がどうであるか、つまり、他人は自分のことをどう見ているかなんてことを気にしていたら、絶対的な自分というものはなくなってしまう。プライドがあれば、他人の前で自分をよく見せようという必要はないのに、他人の前に出ると、自分をよく見せようと思ってしまうのは、その人間にコンプレックスがあるからだ。


吉田栄作

映画で俳優のキャリアが始まり、テレビドラマも多く経験しました。だから、「自分は映像出身」という意識が常にあります。舞台や音楽の仕事もしていますが、ホームは映画でありドラマであるという感覚でしょうか。ただ、ひとつの仕事だけではフラストレーションがたまることもあるので、右足が映像、左足が舞台や音楽と考えて、両足でバランス良く立つのが今の理想ですね。


加藤学(冒険家)

自分一人の仕事で100%の利益を手に入れたとしても、異次元のパートナーと組んで手にする2割には到底及ばない。格の高い仕事は格上の人間とするからこそできる。


市村清

明治記念館を経営してみて、私が悟ったことがひとつある。それは、「儲ける」と「儲かる」の違いである。儲けるのはどんなに上手くても限度があるが、儲かるということは無限だ。そして道にのっとってやるのが、この「儲かる」ことなのである。明治神宮の名でやるのだから暴利はい絶対にいけない。飲食物も3割以上の利をみてはいかんと言いつけてある。それが大衆の心をとらえたのだ。
【覚書き|戦後、明治神宮の結婚式場を立上げ、経営したときを振り返っての発言】


関口雄一

ディクテーションとは、聴き取ったすべての単語を書き出す作業です。細かな単語まで捉えているかどうか、チェックすることができます。できれば、同じ教材を何度も繰り返し聴くことをお勧めします。ただ、それだけでは続きません。興味のある分野の会話をディクテーションすることが一番のお勧めです。


本田謙

マーケターは、適切な人に、適切なタイミングで、適切なメッセージを送りたいと考えていらっしゃいます。これまでのマスマーケティングではできなかったこの問題を、当社はテクノロジーで解決しています。


橋下徹

政治家は原理原則として、人から好かれる人間でなければいけません。敵が多い僕のような人間は、所詮ワンポイント・リリーフ。


吉田尚記

あんまり一括りにするのは良くないかもしれないけど、いまの若い人達は積極的にやりたいと思える仕事が見つからない、あるいは自分がやりたいことをやるための手段が分からないから、就職活動とかで壁にぶち当たるわけですよね。


吉野佳秀

社内勉強会を始めたのは、もう10年以上前からです。業務時間が終わってからも仕事の話ばかりしていましたから、「せっかくなら缶ビールの1本ぐらい飲んで、和気あいあいとやろう」ということになったわけです。最初は社外から様々な分野の方を呼んで、異業種交流会という形で開催していました。ただ、他の会社では飲むわけにいきませんから、「ベステラで開きましょう」と提案して、弊社内で始めたという次第です。


山海嘉之

サイバーダインでは、「研究開発」「産業創出」そして「人材育成」を一体的に同時展開していくことが大切だと考えています。この3つはセットなのです。日本が次のフェーズに行けるかどうかは、未来開拓型の人間をつくれるかどうかにかかっています。