名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

梅原大吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梅原大吾のプロフィール

梅原大吾、うめはら・だいご。日本のプロ・ゲーマー。青森県出身。2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制し若干17歳で世界一となる。勝負の世界に疲れ、一時期介護の世界で働く。その後、世界的ゲーム機器メーカー「Mad Catz」とプロ契約をして現役復帰し、日本人初のプロ・ゲーマーとなった。著書に『勝ち続ける意志力:世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』『ウメハラコラム 拳の巻 闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術』『勝負論 ウメハラの流儀』ほか。

梅原大吾の名言 一覧

「変化を放棄した時」が負け。だから、強い相手がひとりもいなくなったとしても、自分は変化し続ける。頑張るだけでは意味がない。変わり続けること。それがプロである責任。


試合形式がトーナメントなので、ある程度の技術があれば1度はフロック(まぐれ)で勝ち上がることができます。だから、ファンも1回優勝したくらいではプレーヤーとして認めない。


何か小さな発見があれば、それをメモにとって、「この発見があったから、今日の練習はムダじゃなかった」と自分を納得させる。それが義務感を解消する秘訣。


一番頭を使うのは、義務だと感じなくする工夫ですね。プレー中はどんな小さなことでも、前の日と何か違うことをみつけることを考えます。


ルーティンと感じ、手を抜き始めたら、中学から本格的に格闘ゲームに打ち込み、覚悟を決めた自分に殺されますよ。


他人と自分で勝敗をわける大きな差があるとしたら、それは変化をやめないこと。例えば、圧倒的な差で勝ったとしても、相手が戦い方を工夫し変化を続けている間は勝った気になれない。そこで甘んじない。


中学生になる頃には、「ゲームにしか打ち込めない。だから、とことんやるしかない」と思い、ゲームセンターに通っては、対戦型格闘技ゲームの修業をしていました。


物事を徹底的にやりこめば、才能や年齢といった「抗えない壁」なんて突き破れると思っています。


僕にとって勝ち負けはどうでもいいこと。むしろ、勝つために努力する工程こそ勝負の本質だと思います。


格闘ゲームの世界は理詰めです。こうすれば有利に物事を運べる、というセオリーがあります。しかし、セオリーにはまってしまっては、成長できません。


ゲームの世界では20代後半になると反射神経がピークアウトすると言われていますが、まだ僕自身は自分のことを最強のゲーマーだと思います。それくらい日々、努力していますから。


「神の手」なんて言われていますけど、僕より才能のあるプレーヤーはたくさんいると思います。ですが、僕は勝ち続けるためにいろいろな努力をしています。


昔から「ただ勝つだけでは意味がない」と思っていました。とくにプロとなってからは「後で見て、かっこ悪いなと思う試合はしない」ことを意識しています。それが観客の沸く勝ち方につながっているのかもしれませんね。


ある一定のレベルまで達すると、成長は実感しにくいものです。そこでモチベーションを保つことが大切になってくる。前日と違うものを見つける、意識的にプレーに変化をつけることで、何百時間とやりこんだゲームでも、集中してプレーできる。


この先、どれだけプロゲーマーとして活動の場を広げられるか。勝ち続けることはもちろんですが、プロの認知度を上げていくこと、ゲームの楽しさを一般の方に伝えていくことも自分の仕事だと思っています。


プロになって1年目のある日、ゲームセンターでプレーしていたら、学生服を着た男の子が、「梅原さん、お仕事中失礼します。サインしてください」って。「あ、オレ、仕事中なんだ」って。あれは面白くて、印象的でした。


介護の世界では、貴重な体験を得ました。今も僕の行動指針になっているのが、「やるか、やらないか、迷ったら”やる”を選ぶ」ということです。介護の現場で配属されたのが重篤な患者が入院している病棟でした。5分前に食べたものも覚えていない、走ることも歩くこともできない患者に寄り添ううちに、介護の大切さを知る一方で、「いつか日常的な動作ができなくなる日が来る」。そう思うと、迷った時は迷わず本当にやりたいことを選ぶべきだ、と考えるようになりました。


世界的なゲーム機器メーカーからスポンサーのオファーがありました。正直、プロとして食っていけるとうれしい反面、「そもそもプロとして食っていけるなんて聞いたこともない」と迷いもありました。ですが、迷ったなら本当に好きなことに取り組むというのが僕の方針ですから、思い切ってプロになることにしました。


梅原大吾の経歴・略歴

梅原大吾、うめはら・だいご。日本のプロ・ゲーマー。青森県出身。2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制し若干17歳で世界一となる。勝負の世界に疲れ、一時期介護の世界で働く。その後、世界的ゲーム機器メーカー「Mad Catz」とプロ契約をして現役復帰し、日本人初のプロ・ゲーマーとなった。著書に『勝ち続ける意志力:世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』『ウメハラコラム 拳の巻 闘神がキミに授ける対戦格闘ゲーム術』『勝負論 ウメハラの流儀』ほか。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

脳は、少しでも進歩すると、喜びを感じます。すると、ドーパミンという物質が脳内に放出され、喜びを感じた脳内の回路が強化され、成長するのです。これを「強化学習」と言います。こうした脳の学習メカニズムは、歳を取っても衰えることはありません。だから、いくつになっても脳は成長するのです。


佐藤可士和

聞く作業には集中力を使うし、正直疲れます。でも、表面的な言葉だけでなく、相手の意識の部分まで踏み込んで、とにかくすべての情報を集めたい。それを全部並べて、優先順位を付けていくと、相手の中のブレない部分が見つかります。難しい作業ですが、ある視点を見つけられた瞬間は本当にうれしいです。


滝一夫

時にはトップが突破口を開く。今秋、アメリカで商品供給が始まりますが、これは私がトップセールスして決めたものです。こういう先例をつくると、続く者が出てくる。


岸由二

ひ弱で小さいオスと、ケンカの強い大きなオス。どちらが子孫をより多く残せると思いますか。この場合の正解は「それだけでは分からない」です。環境によって答えは変わる。


松﨑晃一(松崎晃一)

怒りの感情はあなたが内側からつくったものでしかないんです。だから、あなた自身がちょっとした実践法を使えば、怒りの感情はコントロールできる。またそれは簡単なトレーニングで誰だってできるようになる。


斎藤英明(経営者)

この先の技術進歩や、世の中のコンセンサスがどういう方向で形成されつつあるかといった情報は、書籍や新聞、雑誌などからある程度分かります。これらはビジネスの上で大きな助けとなるはずです。


山口真由

分野を問わずお勧めしたいのが、「覚えているときの自分」と結びつけるという方法です。「この本はあの店でコーヒーを飲みながら読んだ」「この部分は○○線の車中で覚えたところだ」と、インプット中に自分が何をしていたかというエピソードとセットにすると、学んだ内容も強く記憶され、思い出しやすくなるのです。ちなみに、私は美容院で髪を切りながら勉強することがよくあります。「髪を切る」という、ある意味特異な状況と結びつけることが、印象を深めるうえで効果的。


盛田昭夫

会社は競争をしている。競争に勝つためには、やはり最小の努力で最大の効果を上げること、つまり、社員の一人一人が最も効果的に働くということが一番大事だ。世の中には、一生懸命に働いているのだが、効果があまり上がらない人もいる。私はそういう働き方はもったいないと思う。まじめに一生懸命働くことは大事なことだ。しかし、そうして働いても、効果があがらなかったら全然意味がない。


沢渡あまね

新たな仕事がチームにどう貢献するかを明確に示すことも不可欠。別の仕事を任せることは、未来を示すことによって本人のやりがいを増やし、生産性を上げるチャンスでもある。


マーク・ザッカーバーグ

世界をより開かれた、よりつながりの強いものにする社会的な使命を達成するためにフェイスブックを設立したのだ。お金を儲けること自体は目的ではない。


加藤夏希

演じることは、私にとって「非現実的なことも現実に変えてくれる魔法」みたいなもの。ヤンキー役なら日常で絶対に言わない「くそったれ!」みたいな言葉を使えるし、役柄によっては空を飛んだり、魔法を使ったり……。新しい役に取り組むたびに、誰よりも人生を楽しんでるな、って思えるんです。


小笹芳央

当社では、四半期ごとに優秀な成績を上げた社員を表彰していますが、その際のスピーチで出てくるのは、たいてい「崖っぷちに立たされてそれを乗り越えたことが自分の成長のきっかけになった」という話です。社員に対してそのような機会をつくることが、経営者の役割の一つです。