名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

梅原一嘉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梅原一嘉のプロフィール

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

梅原一嘉の名言 一覧

一番大事なのは、自分がやりたい事業、情熱を感じる事業を手掛けること。「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない。


自分が楽しいと感じていないものは長続きはしないし、誰も共感も応援もしてもらえない。まずは自分が楽しむ。それから一緒に取り組む仲間も楽しく取り組めるように心がける。それが一番の近道。


何のために事業を行うのかが重要。


良い関係がなければ、良い取引は出来ない。


嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない。従業員が楽しく仕事ができる環境を創り、お客様にも楽しい時間を過ごして頂くことを心掛けています。


単なるお客ではなくファンを作りたい。


お客様が喜ぶことなら何でもあり。面白いと思ったらやってみればいい。


他店は価格で勝負していますが、弊社の武器はサービスです。うちではお客に商品の話をできるだけでは二流。お客と何でも話せるくらい親密な関係を築くことが大切。


目指すのは日本一楽しいスーパーマーケット。価格の安さだけでなく、プラスアルファの楽しさでこそ選ばれたい。


社員、パートさん、アルバイトさんは、いずれも、一緒に働く仲間。違うのは働き方だけだ。


大前提は、自分たちは「どうなりたい」という自社のビジョンや、会社として大切にしてきた企業理念が明確であること。ビジョンや理念を確立しないまま、あれこれやっても、期待したような結果を出すのは難しい。


会社や仕事に対する満足度調査は、組織の状態を把握し、改善するのに大変役立っています。調査は、年2回、社員、パートさん、アルバイトさん全てを対象に実施しています。モチベーションが下がっているなど、調査結果から、課題が見つかった店には役員が店に入って話を聞くなどして、課題の解決に当たります。調査の結果は、経営者にとって通信簿のようなもの。正直言って、結果を見るのに勇気がいる。でも、組織の規模や時代の変化に合わせて組織を変えていかなければならないので、この調査を続けています。


実は以前は、理念やビジョンといったものには否定的でした。弊社のビジョン「日本一楽しいスーパー」や企業理念「ありがとうの理念」を明確にして、研修などを通じて社内に浸透を図り始めたのも、業務スーパーフランチャイズ加盟から数年後のことです。ビジョンや理念の確立・浸透の前後で比べると、業務スーパー事業の売り上げ、利益率など、全てが改善しました。今では、自分たちの目指す姿、大切にしてきたことを言語化して、共有することが、いかに重要か実感しています。


パートさんの売上意識を変えるのに、デジタルサイネージが効果的でした。従業員の休憩室に設置したデジタルサイネージは、お客様から頂戴した感謝の言葉をまとめた「39のありがとうワード」の他、各店舗のイベントの様子や全店の売り上げなどが分かるようになっています。売り上げがいい店は青、もう一歩は黄、悪いところは赤と、お互いの店の状況が色分けされて一目でわかるので、さすがに「頑張ろう」という気になってくれます。


梅原一嘉の経歴・略歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

他の記事も読んでみる

ジョン・ジェイ(アートディレクター)

先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


兒玉圭司

集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。


小室淑恵

作業に優先順位を付けるのも重要です。上司が「この仕事を真っ先に仕上げて欲しい」と思っていたのが部下に伝わっていなくて、夕方になってから「なぜこの仕事を今日中にあげなかったの?」となることは往々にしてあると思いますが、それは上司の考える優先順位と部下の考える優先順位がズレているために起こることです。


菊入みゆき

本来の仕事に付随してくることに楽しみを見つけることでやる気を出すこともできます。私は「フリルをつける」と呼んでいます。外回りが楽しくないのなら、受付の女性にたくさん会うことやランチのお店探しを楽しみにしても良い。こうした「フリル」をたくさん作れば仕事自体も楽しくなります。


山本真司

30代の出世頭というのは、よく仕事をして数字をあげて、みんなに可愛がられて、他部署との調整も上手くて……という人ですよね。つまり、「いかに仕事をするか=HOW」を考えていればよかった。ところが、40代に入ると仕事の質が変わります。経営人材として、「何をやるのか=WHAT」を考えることを求められるのです。


森岡毅

ゴールから逆算して考えることが何よりも大切。


山本為三郎(経営者)

私はことを処するのに、相手の立場に立ってものを考えるということが身についた。私は、その人になりきってしまって、その人が怒るときには私も怒り、その人が泣くときは私も泣いてものを考えている。ただ、その人と私の違いは、私には感情や憎悪や利害関係がないということで、そういったものを取り除いて考えると、大抵のことはスムーズに解決できるものだ。


山田真哉

最近は、不況の影響で仕事が減り、働く時間が減った人も多いと聞きます。しかし、考えようによっては、まとまった勉強時間がとれるよい機会です。このスキルアップのチャンスを逃がす手はないのではないでしょうか。


手倉森誠

五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。


岡野雅行(岡野工業)

頭がいいのと利口ってのは違うんだ。勉強ばっかりしていれば頭はよくなるかもしれないけど、利口にはなれない。利口を教えてくれるのは世間だよ。人の中でもまれて、遊んで、いろんな経験をしなきゃ利口の単位はもらえない。命がけで人と付き合って、遊んで、利口になっていくんだよ。利口な奴は仕事で行き詰ってもふっと発想が違う方向に向かう。頭がいいだけじゃこれができない。


佐藤章(経営者)

就任後、営業や工場、商品企画など全国の現場を回るなかで、「広告が地味すぎる。もっと刺激的なものを」など生々しい意見を多数聞いている。商品のつくり方をはじめ、残すものは残し、変えるものは大いに変えていく。


鈴木喬(経営者)

私ね、怠け者だからひとつの商品をつくったら、浮気をしないで思いを込めて売るんです。いろいろ商品をつくるとくたびれるでしょう。たくさん商品を出すと癖にもなる。