名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

梁瀬行雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

梁瀬行雄のプロフィール

梁瀬行雄、やなせ・ゆきお。日本の経営者。オリックス社長。埼玉県出身。早稲田大学第一法学部卒業後、埼玉銀行に入行。あさひ銀行取締役、常務、専務、頭取を経て、合併で大和銀ホールディングス副社長、りそなホールディングス副社長などを経験したのち、オリックスに移籍。常任顧問、専務、副社長などを経て社長・副会長に就任。そのほかTDK社外取締役などを務めた経営者。

梁瀬行雄の名言 一覧

多様性に富んだ組織を動かしていくうえで、自分なりのルールがあります。それは、誰に対しても同質の情報を与えることです。だから私の話はその場が新入社員の研修会であっても、部長会議であっても全く同じで、相手によって変えたりはしません。もちろん理解できるかどうかは聞き手の理解力や問題意識によって違ってきますが、各自が自分の立場から話しを咀嚼し、行動に結びつけてくれればいいと思っています。


情報の与え方を制限することで、分担統治のようなマネジメントを試みる人もいますが、それはあまりに狭量な考え方で、結果的に組織の活力を弱めてしまうだけです。


オリックスで盛んに言われる言葉があります。「混血は美人をつくる」。つまり、多種多様な要素が組み合わさると、そこに優れた価値が生まれるという意味です。当社では、以前より中途採用を積極的に行っており、おもに60歳以上の中高年を対象にした採用枠も設けています。そのため社内は様々な経歴と年齢の社員が入り混じっています。もちろん、性別や国籍で何か区別するということもありません。


年齢という秩序によって、人を整然と統治していくやり方に受け入れやすい点はありますが、年功序列が徹底しているのは日本くらいなものだし、その日本にしても戦後から近年に至るまでのごく一時期に徹底されていただけで、古往今来、年功序列がスタンダードだったわけではありません。


人は立場や待遇が変わっても、そこでその人独自の能力が活かせることが実感できれば、落ち着いて仕事に専念できるものです。


会社側も退職者を再雇用するにあたっては、本人の専門性が発揮できる人事を行うなどの配慮が必要でしょう。当社では主に60歳以上の人材を、営業推進役、または業務推進役として採用しています。たとえば、営業推進役ならば、それまでに培ってきた豊富な知識と人脈を大いに活用していただき、優良顧客の開拓に尽力していただいています。


梁瀬行雄の経歴・略歴

梁瀬行雄、やなせ・ゆきお。日本の経営者。オリックス社長。埼玉県出身。早稲田大学第一法学部卒業後、埼玉銀行に入行。あさひ銀行取締役、常務、専務、頭取を経て、合併で大和銀ホールディングス副社長、りそなホールディングス副社長などを経験したのち、オリックスに移籍。常任顧問、専務、副社長などを経て社長・副会長に就任。そのほかTDK社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

原田曜平

私は長年、若者の研究をしているため、やや若者寄りの立場で発言しているところもあるかもしれません。とはいえ、若者の現状を直視しないと、いい人材を採用できないし、採用できてもすぐに辞められ、育成することもできません。その現実を経営者の皆さんにはぜひ知っていただき、若者の採用と育成こそが最大の経営戦略になることを理解いただきたい。


古森重隆

経営とは、最後は数字です。自分たちが生き延びていくためには競争力のない事業を減らして、埋め合わせられる部分をつくりだす。そんなソロバン勘定が必要になってきます。僕も必死に考えました。


梅原勝彦

よく「おたくはいいよな、自分で値段付けて、まけないですむんだから」などと言われますが、10円で売るべきものは10円で売らなくてはいけない。うちのようなトップメーカーが値段を下げたら、他の会社も下げなくてはならないのですから。


佐藤和則(経営者)

諦めなければ、たどり着ける。


谷口恒

いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。


髙松修身(高松修身)

企業も人もどんなピンチの時でも必ず糸口が見つかるもの。それには絶対に諦めないこと。


佐々木毅

周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。


本田宗一郎

経営から退くと決めた後、重役会に出ないようにした。出なかったら、自分たちで決めるより、しょうがないでしょう。辞めることにしたって、邪魔になるより、いなくなってもいいんですよ。


小澤征爾

できる者ではなく、最低の者のレベルを上げることこそ教える者の技である。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

誰かを誘って始める、もしくはそうした相手がいるスポーツサークルに参加するのが長続きさせるコツです。その相手は、「大事な人」であることも重要なポイントです。尊敬している先輩や仲の良い友人など、自分だけが勝手に止めたら心が痛むような相手を選びましょう。


中野貴志(経営者)

時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。


俣野成敏

不本意な職場の時のほうが、自分の「得意」が表にでてきやすい。