梁瀬次郎の名言

梁瀬次郎のプロフィール

梁瀬次郎、やなせ・じろう。日本の経営者。ベンツ等高級車ディーラー「ヤナセ」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、家業の梁瀬自動車に入社。取締役などを経て社長に就任。父が創業した事業を継承し、GM車・ベンツ・フォルクスワーゲン・アウディの高級車のディーラー事業をスタートさせた。米国自動車殿堂入り。

梁瀬次郎の名言 一覧

自分の力以上に自分を見せてはならない。


梁瀬次郎の経歴・略歴

梁瀬次郎、やなせ・じろう。日本の経営者。ベンツ等高級車ディーラー「ヤナセ」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、家業の梁瀬自動車に入社。取締役などを経て社長に就任。父が創業した事業を継承し、GM車・ベンツ・フォルクスワーゲン・アウディの高級車のディーラー事業をスタートさせた。米国自動車殿堂入り。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

人は時として、絶体絶命の窮地に陥ることがあります。私も幾度となくそのような経験をしてきました。その中で、忍耐の大切さを学びました。


河合敦

吉田松陰は黒船に衝撃を受けて「とても刀で戦って勝てる相手ではない」と感じ、黒船に乗り込んでアメリカに密航し、彼らの技術を学ぼうと決意します。敵を知るために命を捨てる覚悟で敵地に乗り込もうというのですから、大したものです。


佐藤康博

どこ出身だろうと関係ない。海外に行きたい若手にはきちんとチャンスを与える。地道な努力で垣根を取り払わなければいけません。2つの銀行(みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)を本当の意味での「One MIZUHO」に変えていくには、もっと努力が必要ですね。


糸井重里

自分たちが欲しいと思うものが実現可能か、本当にそれがいいのか、ひとつひとつ調べて試していく。当時、社員が他社の手帳を調べようとしたので、「それはやめよう。横を見てはいけない」と言いました。普通の発想だとマーケティング調査をしたくなる。でも、横を見ると、それだけで仕事をした気になっちゃうんですよね。そこから生まれるものはほとんどなくて、まず自分の頭で考えることが大切なんです。


佐藤優

中途半端にお金に頼るより、家族や友達、地域のつながりなど、強いコミュニティーを持っているほうがセーフティーネットとしてはずっと強い。人がホームレスになるのはお金がない、働く場がないというよりもむしろ、身近に助けてくれたり、その人たちのためにひと肌脱いでくれたりする、密な人間関係が欠落しているのが原因だと言います。「痛み」を分かち合い、助け合える関係を築くにはむしろお金は邪魔になることの方が多い。お金の大切さを知ると同時に、その限界も知らなければいけない。


大和賢一郎

コミュニケーションにおいて「文書(メールや配布資料)」と「会話」を適切に使い分けることも重要です。両者には、一長一短があります。たとえば、相手の熱意や本気度といった「気分的なもの」を探るには、メールは適しません。言葉の裏に隠された感情や真意を読み取るには、相手の表情や口調を見聞きしながら、直接会話をするのが手っ取り早いのです。


西野裕

企業が人員削減のリスクを最小限に抑えるポイントは(1)削減人数の確保(2)労使トラブルの回避(3)コア人材の流出防止(4)残った人材のケアの4つです。


宮田玲(経営者)

社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。


上野光夫

商品やサービスのアイデアのみでなく、売り方や売る相手まで考えることが大事。


高橋和志(造船技師)

もう、船だけを造っているのではダメだとはわかっていた。異業種に参入し、自分たちの提供できる付加価値で勝負をしなければ。でも、あちこちに可能性を探ってみてもお金は出ていくばかりでね。高い授業料を払った。よその分野に授業料を払い続け、話を聞き、そのうち何となく自分たちの分野の強味が分かるようになっていったんです。建築の分野における造船技術の強味は、1から100まで、すべて自分たちで造れるところです。造船の世界では設計と施工が分かれてないからね。建築の世界では細かく分業化されてるでしょ。建築家が設計図を書く、ゼネコンが下請け業者に仕事を回す。すると、ただ「アルミを溶接する」なんてひとつの工程でさえ、専門家を呼ばなければ対応できないわけだ。造船の世界じゃ、そういうのは全部できないとオーダーメイドの船は造れない。どんな素材を切るのも、金属板の溶接も三次元加工も、お手のものなんだ。


和田一夫(経営者)

気力を与えてくれたのは、若いころ、母から聞いた「無一物中無尽蔵」という教えでした。すべてをなくしてしまっても、神、仏は無尽蔵に何かを与えてくれるというお釈迦様の言葉です。私は20代のときに火事で店を失い、40代ではブラジルでの店舗展開に失敗するという辛酸をなめました。そして、どん底でいつもこの言葉を思い出し、再起を目指してきました。


中村義一

うちは土日も社員が機械を使えるようにしてあるけど……いまの若い職人たちというのは、あんまりそういう技術の鍛錬はやらないね。休みの日には、クルマやバイクであちこち駆けまわることに興味があるみたいだ。技術に興味を持って同世代と競い合うなら札束を拾うようなものなのになぁ。それについてはもったいないとは思う。


了徳寺健二

医師でもない人間が科整形外科経営なんてとんでもないという事で、沢山の抵抗や困難があった事は事実です。そうして今で言うコンプライアンスや手法を研究して、独自の体制を作りあげた。私の整形外科の経営手法は明確でした。その手法は見える化の推進・間違わないシステムの構築・経営にも速度が必要と言う概念でした。


徳重徹

私は常に、仕事上の課題について考えています。飛行機の中でも電車の中でも、「解決するまで絶対に諦めない」という気持ちで考え続けます。


齋藤孝(教育学者)

私は、「前回1時間かかった仕事なら、次は45分で、あるいは30分でできないか」ということを常に考えながら仕事をしています。そもそも、一度やった仕事は、前回よりも上達しているはずですよね。本来なら、より早い時間でできて当然なのです。


ページの先頭へ