名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

桝村健右の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桝村健右のプロフィール

桝村健右、ますむら・けんすけ。日本の経営者。「Best Delight Group」社長。

桝村健右の名言 一覧

個々の取り組みの成果は第三者には見えにくい。でも新しい業態として成功すれば、追従してくる人が出てくると信じています。


どこにもない設備、おいしい料理、しっかりとしたサービスがあれば、お客様は必ず集まる。


ラブホテル街にあると、どうしても一般のお客様は入りづらくなります。どれほど素晴らしい設備を備えていても、体験していただくことが難しくなってしまう。駅前にあれば、誰でも何時でも気軽に訪れてもらうことができます。全ての大人が楽しめる空間づくり、それが私の目指すところです。


起業した当時も現在もそうですが、この業界には何かを変革しようとする経営者がほとんどいません。私のスタートは、買収した京都府福知山市のロードサイドにある小さなホテルでした。自らリニューアルを手掛け、アメニティーも当時の人気アイテムを網羅する充実した品揃えを用意しました。また、当時は全く考えられていなかったクーポン券を発行するなど、これまでのレジャーホテルには絶対にない新しいサービスを次々と取り入れた結果、半年後には単月の黒字化に成功し、あっという間にエリアナンバーワンのレジャーホテルに成長したのです。


桝村健右の経歴・略歴

桝村健右、ますむら・けんすけ。日本の経営者。「Best Delight Group」社長。

他の記事も読んでみる

シェイクスピア

私たちの疑いは反逆者であり、やろうとしないから失敗してしまうという安易な道に私たちを誘いこむのである。


佐々木常夫

私が営業部を統括していたときは、それまで月2回取引先を訪問していたのをやめて、代わりに注文や連絡はメールで行うよう指示を出しました。そうすると、人数もそんなにいりません。最終的に営業部の人数を3割カットしましたが、業績は変わりませんでした。


松井道夫

私は常々、日本をだめにしているのは「かね」人種、つまり発言の語尾に、「~かね」、「~ではないか」、「いかがなものか」といった曖昧な表現を付けたがる人たちだと主張しています。日本のリーダーには、「かね」人種が多すぎる。アメリカに追いつき追い越せという時代であれば、そうしたリーダーでもよかったのですが、目標を見失った今の日本において、いつでも逃げられるような物言いしかしないリーダーが組織の進むべき方向性を示せる筈がないのです。今、日本に必要なのは曖昧な表現をしない、「だ」人種なのだと思います。


嵐山光三郎

新入社員にオリジナリティはない。謙虚の一語を叩きこみ、この人だと思う人の真似をするといい。


山本博(アーチェリー)

30代に入ると、多くのスポーツ選手が肉体に衰えを感じて引退します。もちろん、それはアーチェリーという競技でも例外ではありません。けれども僕は、自分だけは絶対にそうならないぞ、と思っていました。なにしろ当時の僕は、20代の後半から重ねてきた猛烈なトレーニングのおかげで、肉体的な能力はまだまだ伸び続けていたからです。


前川孝雄

忙しさや部下へ働きかけることへの抵抗から、感謝の気持ちがあっても言葉にしない人が多いのですが、言葉で伝えることが大事です。慣れないうちは恥ずかしいかもしれませんが、感謝の意を伝えると、相手もこちらに好意的になってきます。


川村謙(経営者)

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。


大橋徹二

建設機械を使って道路工事をするのに、お客様はどんな手続きを踏んでどういうふうに進めているのか。夜間の工事もあるだろうし、いろいろな仕事がある。建設機械で掘るというところだけに焦点を当ててやっていればいいという時代ではない。


羽田圭介

いま、経済の本や雑誌を読むと、日本の人口は減少し、衰退の一途をたどっているという。でも、データとか数字というのは客観的なものに過ぎない。実際に一人ひとりがどう感じるかをリアルに考えたら、みんながみんな、不幸に感じるとは言えないと思うんです。たとえば、年収1000万円までは、収入額と幸せの感じ方は比例するけど、それ以上になると一定で、そこからは人間関係の充実度で幸せかどうか決まってくると言っている人もいます。いくら日本という全体が衰退しても、メディアが煽るように、「人生、先行き真っ暗」なんてことにはならないと思うんです、リアルな人間の生活というのは。そこを見つめ続けていきたいです。


夏野剛

昔からの友情が何十年も続くケースは2つしかない。ひとつは自分と一緒に友人の信頼レベルも上がっていく場合。もうひとつは共通の趣味があって、社会的成功とは無縁のところでつながっている場合。そうでなければ、つきあい続けるのは難しい。


木村正忠

山一証券が自主廃業を決めた翌日、系列の山一投資顧問の社長だった私は、社員全員を集めて宣言しました。「山一が消えても、資産投資運用会社としての専門能力が維持できれば生き残れる」。山一証券に代わるスポンサーのあてはありませんでしたが、トップが動揺していては、それこそ親会社の巻き添えになってしまう。


安河内哲也

一度に話す時間は、どんなに長くても5分が限度。人は、それ以上、集中して聞き続けることはできません。私も90分の講義でも、一つの話題について話すのは5分にとどめています。