名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

桝村健右の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桝村健右のプロフィール

桝村健右、ますむら・けんすけ。日本の経営者。「Best Delight Group」社長。

桝村健右の名言 一覧

個々の取り組みの成果は第三者には見えにくい。でも新しい業態として成功すれば、追従してくる人が出てくると信じています。


どこにもない設備、おいしい料理、しっかりとしたサービスがあれば、お客様は必ず集まる。


ラブホテル街にあると、どうしても一般のお客様は入りづらくなります。どれほど素晴らしい設備を備えていても、体験していただくことが難しくなってしまう。駅前にあれば、誰でも何時でも気軽に訪れてもらうことができます。全ての大人が楽しめる空間づくり、それが私の目指すところです。


起業した当時も現在もそうですが、この業界には何かを変革しようとする経営者がほとんどいません。私のスタートは、買収した京都府福知山市のロードサイドにある小さなホテルでした。自らリニューアルを手掛け、アメニティーも当時の人気アイテムを網羅する充実した品揃えを用意しました。また、当時は全く考えられていなかったクーポン券を発行するなど、これまでのレジャーホテルには絶対にない新しいサービスを次々と取り入れた結果、半年後には単月の黒字化に成功し、あっという間にエリアナンバーワンのレジャーホテルに成長したのです。


桝村健右の経歴・略歴

桝村健右、ますむら・けんすけ。日本の経営者。「Best Delight Group」社長。

他の記事も読んでみる

花沢健吾

いろいろ蛇行してもいいし、結果的にまったく違うゴールが見えてきてもそれはそれで面白かったりする。


ロバート・キヨサキ

セミナーで教えているとき、私が参加者に聞く質問の一つに次のようなものがある。「マクドナルドよりおいしいハンバーガーを作れる自信のある人、手を挙げてみてください」。会場のほとんどの人が手を挙げる。そこで私は次の質問をする。「では、マクドナルドよりおいしいハンバーガーを作れるあなたが、マクドナルドより金持ちになれないのはなぜだと思いますか?」。その理由は明らかだ。マクドナルドは、おいしいハンバーガーを作ることよりも、良いビジネスをすることのほうに長けているからだ。彼らは販売から経営にいたるまで、高度なシステムと技術を確立しており、それによって成功している。彼らよりおいしいハンバーガーを作れる人のほとんどが貧しいままなのは、「もっとおいしいハンバーガー」を作ることに熱中するあまり、最高のビジネスシステムやスキルを開発することに目を向けないからだ。


佐藤可士和

デザインはビジョンを設計すること。企業が将来こんな存在になりたい、こんなことをしたいという抽象的なものを、見える形にする作業。


高島宏平(髙島宏平)

交渉して仕事を進めていくときに大事なことは、頭が良くて話し上手な人ではなく、あくまでも「やること」が得意な人と組まなくてはいけないということです。相手の方は理路整然と納得感のあることをしゃべるんだけれど、面談が終わったあと、特に何も起きない。そういうことはたまにあります。そういう人はアドバイスを求めるとしたら適任かもしれないけれど、交渉相手としては困る人です。それを見抜かないといけません。


八代英輝

仕事に充実感があれば忙しいことは苦にならない。


諸富祥彦

前提として互いの理解と信頼がなければ、いくら叱っても子供に真意は伝わりません。避けられるだけです。叱る以前に、子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する……といった家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです。


ドナルド・トランプ

商売をするうえから言うと、何も言われないより悪く言われたほうがまだましだ。


ジム・ロジャーズ

投資家として成功したいなら、多くを学ぶことだ。単に知識を増やすだけでなく、正しい考え方を身に付けることが大切だ。投資だけでなく、君の人生にとっても大いに役立つだろう。


渡辺元智

生徒には人生の師となる人を見つけなさいと伝えています。私が教育者になれたのも、後援者の方をはじめとする恩師たちのおかげですから。


イゲット千恵子

型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


吉村崇

30歳を目前にして、学歴もない、手に職もない。いったい、どうすりゃいいんだ……って。いや、危なかったわぁ、ホント、危なかった(笑)。たまたまフジテレビの「(株)世界衝撃映像社」の「ホームステイin部族」という企画で注目されて、なんとか生き残ることができましたけどね。不思議なもんですよ、なにが縁で売れたりするのか。それまで売れる一番の近道って、漫才だったり、コントの大会で優勝することだったんです。当時は、「キャラクターだ」「リズムネタだ」と流行がおこると、芸人がみんな、石が飛んだ方向を向く時代だったけど、まさか「部族」とは誰も思わないでしょ(笑)。難しいですよ。


小泉文明

否定的な言葉をのみ込むとともに、「なぜ彼らはそう考えるのだろうか」とその背景を探るようにもしています。価値観が生まれた裏側にあるストーリーを考えると、仮説であっても腑に落ちやすくなり、否定せずに素直に耳を傾けられます。