名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

桜庭一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桜庭一樹のプロフィール

桜庭一樹、さくらば・かずき。日本の小説家。島根県出身。大学在学中にDENiMライター新人賞受賞。雑誌のフリーライターとして活動したのち、山田桜丸名義で作家デビュー。その後、桜庭一樹名義でファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作入選。アニメ化された『GOSICK -ゴシック-』シリーズなどで人気を得たのち、一般文芸誌などに活動の幅を広げ、『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、『私の男』で直木三十五賞を受賞。

桜庭一樹の名言 一覧

今回は語ることや読むことを巡る小説になりましたから、やはり、自分はなぜ物語を描いているのだろうと改めて考えることになりました。それで自分の場合には「読まれるため」に書いているのだと再確認して、あとはやはり些末なことだと捉えたんです。


物語を摂取するって、自分の価値観が揺さぶられて、死んで、生まれ変わるような経験だと思うんです。人間は完全ではないからこそ、そんなふうに物語を読んだり書いたりして、何回も人生をやり直したいんじゃないでしょうか。


桜庭一樹の経歴・略歴

桜庭一樹、さくらば・かずき。日本の小説家。島根県出身。大学在学中にDENiMライター新人賞受賞。雑誌のフリーライターとして活動したのち、山田桜丸名義で作家デビュー。その後、桜庭一樹名義でファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作入選。アニメ化された『GOSICK -ゴシック-』シリーズなどで人気を得たのち、一般文芸誌などに活動の幅を広げ、『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、『私の男』で直木三十五賞を受賞。

他の記事も読んでみる

内藤京子

ビジネスの世界は、究極的には人間関係で成り立っています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


村上春樹

翻訳をしていて一番難しいのは、英語のリズムをアレンジして日本語のリズムに変えなければいけないところです。リズムがないと人は文章を読めませんから。一番ダメな翻訳は、読んでいるうちにわからなくなってしまって、何回も前に戻って読み直さなければならないものでしょう。そういう意味でもやっぱり文章の命はリズムですから、話をとんとんと進めていった方がいいんじゃないのかな。


天坊昭彦

過去を辿れば、必ず今と似た時代があり、激動の現代社会は幕末の変革期などに投影できると思います。歴史を学ぶことで、今後の社会の道筋をある程度予測できるのではないでしょうか。


中村義一

学歴があっても、アイデアが出せなければしょうがない。うちには中卒も大卒もいるよ。昔から学歴を問わない代わりに、採用試験で器用さ、洞察力、ものづくりへの思いを徹底的に調べるんです。昼食に出す焼き魚の食べ方までチェックするくらい。入社後も、便利な機械は独創性を奪うから、課長以下の職員にはCADの使用を認めません。


和田裕美

何かを変えようと思ったら、どんな時でもリスクがついて回る。


須磨久善

自分ができたこととできなかったこと、そして、自分の力ではどうにもならなかったことを整理して、それを引き出しに入れていく。いたずらに患者さんを死なせてしまったと嘆くのではなく、次にどう反映させるかを考えることが、亡くなった方への最大の供養だと思います。


久野康成

パソコンで「税理士」と検索すれば、安売り合戦している状況に直面します。しかし、「経営コンサルタント」と検索してみると、決して安売り競争にはなっていません。それぞれの独自のサービスが存在しているのです。資格があるだけで顧客には貢献できません。顧客のニーズはどこにあるのかを深く考え、プロフェッショナルとして、より専門化していかなくてはならない。


田中仁(経営者)

日本人は安定を求めますが、安定に成長はありません。


川辺友之

以前は自己資金だけで独立する人がほとんどでした。ところが、クラウドファンディングなど新たな資金調達の手法が登場したことで、独立志望者の可能性は大きく広がっています。たとえば、「銀行や日本政策金融公庫にお金を借り入れる際に助言をもらい、事業計画を改善する。そのうえでクラウドファンディングを利用し、資金を集めながら、手がけるビジネスの存在を世界にアピールする」というやり方は、これからの資金調達法としてとても有力だと思います。


羽田孜

平和の中で繁栄を築いてきた日本は、まず、平和のためにはあらゆる努力をしますよ。日本は様々な国とのつながりがありますから、世界との調整役というのが日本の務めでしょう。


太田肇

褒めるときは、いま、どの位置にいるのかがわかるように知らせることが肝心。私の教え子は会社の上司から「君は同期の中では一番素晴らしい。だけど、会社全体で見ればたいしたことはない。次は会社全体の中でもっと上位にいけるよう頑張れ」と褒められ、励まされたそうです。教え子は、俄然やる気がわいたと言っていました。