桑野祐一郎の名言

桑野祐一郎のプロフィール

桑野祐一郎、くわの・ゆういちろう。日本の経営者。「キリバ・ジャパン」社長。大学卒業後、IT系企業などを経てキリバ・ジャパンに入社。同社社長を務めた。

桑野祐一郎の名言 一覧

経営者は財務やITのスペシャリストではありませんが、これらを正しく認識して総合的かつ適切な経営判断を下さなくてはならない。


1分1秒を争うビジネスの世界は激変の時代を迎えました。ミスや不正、時差が経営判断にとって致命傷になりかねない時代となったのです。その意味では「資金の見える化」を最初のステップとし、財務の高度化は今後、経営判断を行う上で最も重要な指標の1つになります。


桑野祐一郎の経歴・略歴

桑野祐一郎、くわの・ゆういちろう。日本の経営者。「キリバ・ジャパン」社長。大学卒業後、IT系企業などを経てキリバ・ジャパンに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

上司と関係がよくないと、結果的にいい仕事はできない。


小田豊(経営者)

値上げしてもお客さんが離れていかないよう、お菓子には工夫を加えています。例えば昨年発売した「マルセイキャラメル」には、当社のビスケットを混ぜるなどして、独自性を打ち出しています。


武藤正幸

「おれたちは社会を変えられる」「世界を熱くできる」なんて、究極の勘違いでしょう。でも、そう信じていない人には決して変えられない。変えられると思う人だけが変えられるんです。


中村太一(経営者)

20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


ジャック・ウェルチ

賢いだけでは十分ではない。気持ちを燃えさせなければならない。


今野由梨

若いときは「なんで自分だけがこんな目に遭うのだろうか」と思うことがあるもの。しかし、後になって振り返ると、「よくぞあのとき、これだけの試練を次から次に与えてくれたものだ」と感謝の気持ちしかありません。


冨田英揮

営業トークのカギは、説得力のあるストーリー作りにあります。相手の成長意欲や危機感に訴えながら、いかに英会話が必要かを語るわけです。新事業のクライアント集めでも、同じことを徹底してやりました。


茂木友三郎

しょうゆは国際的なビジネスです。ただし、絶対に安売りをしないという我慢強さがないと成功しません。


青野慶久

業務提携の話を頂くことがありますが、一方的に話をまくし立てられた途端、たとえその内容が良くとも「この人とは組めないな」となる。一緒に仕事をするということは、コミュニケーションを重ねて、より良いものを作ることです。最初から話しまくる人は、その提案がすべて。でもこちらの話をい提案聞く人は、次にもっと良を持ってきてくれますね。


日覺昭廣

当社は、以前からIT投資に取り組んでいるため、社内のシステム開発力は相当なレベルがあります。なんでも自分たちでやるというのは東レのDNAのようなものです。


天野篤

30代半ばに「一人の患者さんを診て得られる経験を、最低でも5倍にしよう」と決意しました。患者さんをただ診察、治療するのではなく、「この患者さんと、この患者さんの患部が入れ替わったらどうだろう?」などと、自分のなかでシミュレーションする。たとえるなら、英語の動詞の活用を学ぶような感覚で、ひとつの経験からできる限り多くのものを吸収しようと心がけたのです。普段からそういう準備をしておくと、通常とは異なる状況に陥っても、あまり慌てなくてすむものです。いわば、未体験を既体験に変えることができる。こうして考える習慣は、今も続けています。


野部剛

ナンバーワンの要素は「なければ作る」。20代の人気1位が無理なら「25歳の人気1位」。全国1位でなければ「県内、町内1位」。かつて地方の町でセメント業を営む友人が「市内の地下に埋まっている土管は、全部ウチの仕事です」と言っていました。きわめてローカルですが、「すごい」と思えますね。それも無理なら、「当社人気ナンバーワン商品」という手でいきましょう。


大川隆法

それぞれの人間が、持って生まれた天命を生かし切ってこそ、本当の喜びがある。


行本明説

仕事は、「他人と共同でやる仕事」と、「自分一人でやる仕事」に分けることができます。ほとんどの場合、「今日一番大事な仕事」は「自分一人でやる仕事」です。会議のプレゼンテーションは重要な仕事ですが、それを成功させるには、自分一人でやる仕事である事前準備がカギを握ります。仕込みが不十分では、どれほど人前でしゃべるのが上手な人でも、満足なプレゼンはできません。


池田弘(経営者)

組織が30名程度の時は、困った顔をしている社員がいたら飲みに行って頑張れと元気づけもできましたが、50名ぐらいになるとそれができなくなってくる。その時に、組織をどうしていくべきか、試行錯誤しました。そのとき、自分が個別に伝えてきた理念を文章化する必要があると感じ、今のNSGグループの理念の原型ができたんです。


ページの先頭へ