名言DB

9490 人 / 112001 名言

桑野幸徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桑野幸徳のプロフィール

桑野幸徳、くわの・ゆきのり。三洋電機社長

桑野幸徳の名言 一覧

創造とは常に前に向かって進んでいくことです。嘆く時間があるなら、前に向かって走れと私は言っています。歩みを止めた途端、後ろから来た人に追いつかれ、追い越されてしまう。いまは急な坂道を登らなければならないつらい時期ではあるけれど、上がれないのなら負けるしかありません。


技術がわかっていることと経営がわかっていることとは、フェーズが異なると考えています。経営とは大きくて深くて、全人格的なものが要求される世界ではないか。技術の分かる人は、何も社長でなくてもいい。たとえば、副官のような立場の人でもいいと思う。社長と副官が絶えず議論ができる体制を作るなど、分業体制で技術を高めていくという方法もあるわけですから。


私は熊本大学理学部卒業で、三洋電気入社後は一貫して技術畑を歩んできました。これからのビジネスにおいて、技術は重要なコアになることは間違いありません。しかし、私はもう技術は忘れたと言っています。ですから、私の名刺にはドクターの称号を入れてありません。必要ないと考えています。私がしゃしゃり出たら、開発している人が委縮してしまうじゃないですか。社長は技術を見守るだけの度量が必要ではないでしょうか。


桑野幸徳の経歴・略歴

桑野幸徳、くわの・ゆきのり。三洋電機社長

他の記事も読んでみる

田中和彦

ワークライフバランスという言葉が普及した成果、自分の時間を仕事とプライベートの二つに分けて考える人が増えてきました。しかし人生は二分法で切り分けられるほどシンプルではありません。会社で働く自分、遊んでいる自分以外にも、もっと多様な自分がいるはずです。


亀梨和也

人のためにというほうがやりがいを感じるし、落ち着くんですよ。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

私はコーチとして、預かった子供たち一人ひとりにゲームに勝つ喜び、それに向かう闘志、またテクニックと並行して、社会常識、マナー、ルールなどを教えています。その際、口を酸っぱくして語るのが、周囲の人を敬う気持ちを持てということなんです。


筒井康隆

僕は自分が一度書いたアイデアだって、二度と使わない。ファンの中にはいるんですよ、「ここに書かれているのは、この前と同じだ」っていってくる人が、必ず(笑)。そのためにも自己盗作というのを絶対やらない……といっても、締め切りに追われて、1、2回はやってるんですけどね。どうしてもアイデアが浮かばなくて。『ビタミン』という短編を書いて、評判がよかったもんだから、その後に『ホルモン』というのを書いたりして(笑)。これ二番煎じなんですよ。切羽詰まって、そういうのが2回ほどあったかもしれない。でも、それ以外はなかったんじゃないかな。二番煎じというのは、書いてても面白くないし……。


中村雅行(経営者)

経営者はそもそも、「新たな変革を起こしたい」という意欲を常に持っているもの。


相神典夫

現場で常に、「今に最善を尽くし成功させること」を心がけています。何があっても過去にさかのぼることはできないわけですから。


寺尾玄

独自のスチーム技術を用いた当社のトースター「BALMUDA The Toaster」は、「なるべき姿」を強くイメージして作った商品です。開発中に描いていた完成品のイメージは、「トーストを一口食べて、あまりのおいしさに『わぁ!』と驚いているお客様の姿」でした。「なるべき姿」はシンプルな形で1つに絞り込まれていないと、開発途中で判断に迷いが生じます。私たちはこのトースターの改良を重ね、何度も何度も試食をしましたが、「食べて『わぁ!』って驚くかどうか」を何よりも優先しました。「まあ、ほかより美味しいね」ではなく、「これは全然違うね!」という驚きが得られなければ、発売する意味がないと思っていたからです。


ダライ・ラマ14世

私はいつも、70億人の人類みんなを兄弟姉妹だと思っています。私は行った先々で出会う人たちを「彼らは私たち人類の兄弟だ」と思うのです。私は、簡単に人に対して親密な感情を抱けます。いとも容易に、何の問題もなく。そう、みんな同じ人類だからです。ところが、「この人たちとは文化も違う、言語も違う、信仰も違う」と考えてしまうと、壁をつくってしまいます。すると、頻繁に孤独を感じるようになります。


法華津寛

若い頃、指示を聞かない原因はすべて馬にあると思い込み、馬ばかりを責めていました。指示通りに動いてくれないと、「この馬を自分の思うように動かそう」という意識が働き、力ずくで何とかしようとするんです。でも、うまくいかない原因を客観的に考え、検証しながら突き詰めていくと、その原因は自分にもあるのではないかと思えてきました。「うまくいかないのは、決して馬のせいだけではない」と考え、自分自身の課題を見つければ、力任せに調教しなくても、人間も馬も楽しくトレーニングができるようになる。それに気づくまでに20年ほどかかりました。


酒巻久

「なんでこんなつまらない仕事を、俺がやらなきゃいけないんだ」と上司の指示を無視して、ズルズルと先延ばしする。これは部下が一番避けなくてはいけないことです。指示を与えた上司は、できるだけ早いタイミングでの報告を期待しています。今日指示を出したら、本当は翌日にでも報告が欲しいぐらいです。すぐ成果を求めているわけではありません。上司は途中経過が知りたいんです。


中原淳

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。


安藤宏基

一般の消費者のみなさんは、インスタントラーメンなんて古い産業で、技術的には限界にきている、世界中に拡大しているものだから、もはや新しい技術など出てこないと思っておられるでしょう。しかし、インスタントラーメンの技術は、世界市場ということを考えれば、まだ発展途上なのです。企業の技術力の向上は、もう開発し尽くしたと考えて立ち止まるか、いやまだまだ先があるんだと考えて挑戦し続けるかによって、大きな差がつくものです。