桑野幸徳の名言

桑野幸徳のプロフィール

桑野幸徳、くわの・ゆきのり。三洋電機社長

桑野幸徳の名言 一覧

創造とは常に前に向かって進んでいくことです。嘆く時間があるなら、前に向かって走れと私は言っています。歩みを止めた途端、後ろから来た人に追いつかれ、追い越されてしまう。いまは急な坂道を登らなければならないつらい時期ではあるけれど、上がれないのなら負けるしかありません。


技術がわかっていることと経営がわかっていることとは、フェーズが異なると考えています。経営とは大きくて深くて、全人格的なものが要求される世界ではないか。技術の分かる人は、何も社長でなくてもいい。たとえば、副官のような立場の人でもいいと思う。社長と副官が絶えず議論ができる体制を作るなど、分業体制で技術を高めていくという方法もあるわけですから。


私は熊本大学理学部卒業で、三洋電気入社後は一貫して技術畑を歩んできました。これからのビジネスにおいて、技術は重要なコアになることは間違いありません。しかし、私はもう技術は忘れたと言っています。ですから、私の名刺にはドクターの称号を入れてありません。必要ないと考えています。私がしゃしゃり出たら、開発している人が委縮してしまうじゃないですか。社長は技術を見守るだけの度量が必要ではないでしょうか。


桑野幸徳の経歴・略歴

桑野幸徳、くわの・ゆきのり。三洋電機社長

他の記事も読んでみる

ジム・ロジャーズ

メールは相手が誰であっても、できるだけ早く返事を出すようにしています。私の返信が相手にとって、何かしらの手助けになればいいと思っているからです。大切な人のメールはもちろん、それほど親しくない人に対してもすぐに返信することを心がけています。後々どこで関わることになるかわかりませんから。2人の子供たちにも、コンタクトしてきた人にはすぐ返事をするようにと教えています。


西多昌規

あまり時間がないほうが集中できるという意味では、後に出勤が控えている「朝活」も一つの手。


吉松徹郎

ユーザーとプロの境界線は徐々に曖昧になっていくでしょう。たとえば10人の友人だけにサービスを提供できれば良いという場合、その規模の管理や決済の仕組みがあれば良いわけですから、弊社サービス上で完結してしまうかもしれません。


ピエール・ナンテルム

業績が伸びている理由は、アクセンチュア自身が過去数年、変わってきたからだと考えています。


貫啓二

店には「チンチロリンハイボール」というサービスがあります。振ったサイコロの目によって、ハイボールの価格を割り引くもので、注文があるとスタッフが鐘を鳴らしながら、「チンチロチャレンジャーです!」と声を出します。こうすると店が活気付いて、お客さんとの一体感が生まれます。声が小さいスタッフも自然に声が出て、盛り上がれるきっかけになります。


渡辺明(渡邊明)

先が読めないような「リスク大の一手」を必ず予想します。そうしないと、万が一、相手がその手を出してきたとき、動揺してパニックになり、相手のペースに飲み込まれてしまう。


伊集院静

大人の男は、生き方の根みたいなところを外さないことが大事。「男はつらいよ」というのは素晴らしい言葉で、大したものですよ。


夏目漱石

万里の道を見ず、ただ万里の天を見る。


北条重時

思わぬ失敗をしたり、不慮の災難に遭ったりなどして嘆かわしいことが起こってきたとしても、むやみに嘆き悲しんではいけない。これも前世の報いだと思って、早く諦めるがよい。


ウィリアム・チャニング

間違いと失敗は、我々が前進するための訓練である。


ジェフ・ベゾス

私たちがやろうとしているのは、デバイスを消すことなんです。デバイスそのものがカッコイイとか機能が豊富とかではありません。まるで紙の本のように、作者の世界や物語に読書の中で没頭してしまうようにしたい。本の装丁、紙、インク、そういったものがすべて消えて没頭してしまう読書体験を実現したいと思っています。


ピーター・ドラッカー

企業はなによりも”アイデア”であり、アイデアを生むことのできるのは個々の人間だけである。勇を鼓して自ら思考し、”既成観念”にあえてそむける人なくして、その企業の成長と繁栄は望めない。


中畑清

一人の力なんてたかが知れているものです。だから何かを実現するためには、誰かの協力が不可欠です。もし実現したい夢や目標があるのなら、それをことあるごとに語っていかなければ協力者は得られません。


吉岡知哉

大学の存在意義は人間の個別の能力を伸ばすことよりも、総合的な力を育てることにあるはずです。総合的な力とは、「基礎力」「応用力」「人と一緒に生きる力」、そして「勇気」をもつこと。この4つを統合する力こそが企業が求める能力であり、大学教育でしか身につけられない力だと思います。


エーリッヒ・フロム

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


ページの先頭へ