名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

桑畑英紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桑畑英紀のプロフィール

桑畑英紀、くわはた、ひでき。日本の組織・人事コンサルタント。九州大学経済学部経営学科卒業後、沖電気工業人事部門マネジャー、沖電気米国法人マネジャー、フィリップモリス日本法人人事責任者、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで組織・人事コンサルティング部代表、取締役などを経たのち独立しイマージェンスを設立。そのほか、りそな銀行社外取締役、電通アライアンスパートナーなども務めた。主な著書に『強い組織をつくる 設計から導入・運用までの実践的手法を解説』『死に至る病から会社を救う 企業統治・風土改革の実践手法』など。

桑畑英紀の名言 一覧

もう少しまとまった仕事を任せて欲しいなと感じている能力ある部下に、一方的に細かすぎる指示を出して従わせ、形式的な報告を求める。これでは部下の自主性は育ちません。


部下が報連相したがらないのは、上司が報連相の双方向性を無視しているからです。


私の経験から言うと、いい上司は部下に対しても報連相をしています。上司の立場だからこそ得られる情報を共有したり、問題を相談し部下から上手く情報とやる気を引き出しているのです。「報連相して良かった」と感じている部下は、執拗に命令されなくても、いいことも悪いことも自分から報連相するものなのです。


いい上司は最良の答えをポケットの中に置いて安易に出しません。そして、答えを部下が自ら考えだしたように質問で誘導していくのです。ただ答えを出すのではなく、視点やヒントを与えて答えに導くのです。一見面倒に思えますが、部下はそこから学び応用しますから急がば回れです。


部下にとって上司っが同じ船に乗っているんだという「納得感」を与えることができるかがポイントです。部下だけが船に乗っていて、上司は川岸から「波がどうなっているか報告しろ」「船に問題があるのなら報告しろ」と言っているようでは駄目です。上司も船に乗り込み、「きつくないか」「どのルートが効率的か」と、一緒に考えなければなりません。


部下が上司より優秀な場合、上司風を吹かせ、持論を無理に押し付けたりすれば、部下はどんどん距離を置きはじめ、報連相を忌避するようになります。逆に優秀な部下を生かすスタンスで、上司の立場でしかできない組織的なサポートをすれば、部下は進んで報連相をしてきます。


報連相が上がってきたとき、部下に対して立派なアドバイスを一方的に与えるのも好ましくありません。コントロールするための報連相が定着すると、部下の思考停止が習慣化して自主性が育たなくなるという弊害が出ます。とくにプレーヤーとして優秀な上司によく見られる問題です。


ミスやクレームが発生したとき、いかに早く報告させるか。そのためには、「早く報告して良かった」という実感を部下に持たせることが大事です。結果だけを評価して、頭ごなしに失敗をなじる。これは最悪の対処法です。ある部下が、トラブルを未然に防げなかったとします。でも、報告してもろくに経緯も聞かずに怒られるだけだと思い、しばらく取り繕って隠していた。そして、問題は日増しに大きくなって……。不祥事が生まれる典型的なパターンです。


「いったい何のための報連相なのか」。これを取り違えると、報連相は「上司のためにやらされるもの」でしかなくなります。報連相の意義は、管理だけでなく、部下の士気を上げ、成長を促すという視点からとらえる必要があります。報告があがったら問題や課題を一緒に話し合って解決策を探る。それによって部下に「自分では気づいていないことを考えさせてもらったな、相談して良かった」という納得感を与えることが大事です。


組織の強化を図る際、我々は社員を取り巻く行動環境を分析します。社員は自立的か服従的か。誇りを持っているか劣等感が強いか。会社と社員の信頼関係は成立しているのか単なる契約関係か。これらはすべて行動環境が決めています。


部下が報告を渋る原因はたいていその上司本人の誤解にあります。報連相は部下から上司への一方向のものだという思い込みです。報連相の意味を紐解くと、報告は「結果や経過を相手に告げること」ですが、連絡は「情報や気持ち、考えを互いの伝え合うこと」。相談は「問題・課題について互いに意見を出し合い、何らかの解決策を導くこと」ですから、双方向が基本です。しかし実際には、双方向の連絡や相談にはなりにくいのです。


桑畑英紀の経歴・略歴

桑畑英紀、くわはた、ひでき。日本の組織・人事コンサルタント。九州大学経済学部経営学科卒業後、沖電気工業人事部門マネジャー、沖電気米国法人マネジャー、フィリップモリス日本法人人事責任者、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで組織・人事コンサルティング部代表、取締役などを経たのち独立しイマージェンスを設立。そのほか、りそな銀行社外取締役、電通アライアンスパートナーなども務めた。主な著書に『強い組織をつくる 設計から導入・運用までの実践的手法を解説』『死に至る病から会社を救う 企業統治・風土改革の実践手法』など。

他の記事も読んでみる

的場正晃

人を育てる上で大切なことは、相手がどんな人であれ、常にリスペクトする姿勢を持って真剣に向き合い、「聴くべきは聴き」「言うべきは言う」姿勢を持つこと。


永瀬昭典

深い専門性も大切ですが、いくつかの専門を併せ持って、柔軟に対応できる能力が求められています。


和田秀樹

あまり深く考えずに、印象だけで損か得かを判断する人が多い。真剣に比べてみたら、最初に抱いていたイメージと違うケースはよくあるもの。印象だけで損得を判断しない習慣は大事なこと。


井上貴功

金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。


坂尾晃司

中間管理職にとって一番必要となるスキルは、「相手の状況を見る力」です。相手は今何を考えているか、余裕はあるか、こちらが伝えたい事柄についての意識はどの程度か、など。上司と接するときはとりわけこのスキルが必要です。


ブッダ(釈迦)

快楽から悲しみと恐れが生まれる。快楽より解脱した人間にとって、もはや悲しみも恐れもない。


江上治

自分が他に圧倒的に勝てる分野を棚卸して、さらに周りから(お客様から)どういう評価を受けてきたのかを書き出していくと、相手に与えるメリットや価値が見つかる。


加藤一二三

1968年、大山康晴十五世名人と対戦して勝ち、私が十段になったときのことです。この対局で、一手を指すために7時間考え抜き、勝利を収めることができました。実はこのとき、直感によって最高の手を見つけ出すことができました。「この手があった!」という明確な閃きではありませんでしたが、「長く考えたら、このあたりに必ずいい手があるはず」と直感したのです。


兼本尚昌

組織人には誰でも上司がいます。社長にしても、オーナーやファンドなどの株主が上司にあたります。社長を長期間つとめている人は、株主への丁寧な報連相を心がけています。逆に報連相を疎かにすると、結果を出す前に解任されるおそれがあります。


森川亮

私は多くの新規事業を手掛けてきました。その都度、「今までと違うからうまくいかない」と言われ続けてきました。けれど、「今までと違う」ことでなければ新しい価値にはなり得ません。


金井英之

会話で何より重要なのは、自分が得意なテーマではなく、相手が話しやすい話題を選ぶことです。


豊田昌洋

タテホ工業の再建に取りかかったとき、言葉で何を言ってもダメだろうと考えて、まずは工場の施設を新しくすることにしました。当時、最も売れていた電融マグネシアの工場にあった十数基の釜を一新する一方、別の工場に13基あった電融炉を6基に集約することにしました。設備投資は約30億円です。当時タテホの売上高が約50億円ですから大変な投資です。あちこちから文句を言われましたが、この投資をしなければ会社は潰れると考えました。次第に、タテホの社内も前向きな雰囲気になりました。