名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

桑畑英紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桑畑英紀のプロフィール

桑畑英紀、くわはた、ひでき。日本の組織・人事コンサルタント。九州大学経済学部経営学科卒業後、沖電気工業人事部門マネジャー、沖電気米国法人マネジャー、フィリップモリス日本法人人事責任者、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで組織・人事コンサルティング部代表、取締役などを経たのち独立しイマージェンスを設立。そのほか、りそな銀行社外取締役、電通アライアンスパートナーなども務めた。主な著書に『強い組織をつくる 設計から導入・運用までの実践的手法を解説』『死に至る病から会社を救う 企業統治・風土改革の実践手法』など。

桑畑英紀の名言 一覧

もう少しまとまった仕事を任せて欲しいなと感じている能力ある部下に、一方的に細かすぎる指示を出して従わせ、形式的な報告を求める。これでは部下の自主性は育ちません。


部下が報連相したがらないのは、上司が報連相の双方向性を無視しているからです。


私の経験から言うと、いい上司は部下に対しても報連相をしています。上司の立場だからこそ得られる情報を共有したり、問題を相談し部下から上手く情報とやる気を引き出しているのです。「報連相して良かった」と感じている部下は、執拗に命令されなくても、いいことも悪いことも自分から報連相するものなのです。


いい上司は最良の答えをポケットの中に置いて安易に出しません。そして、答えを部下が自ら考えだしたように質問で誘導していくのです。ただ答えを出すのではなく、視点やヒントを与えて答えに導くのです。一見面倒に思えますが、部下はそこから学び応用しますから急がば回れです。


部下にとって上司っが同じ船に乗っているんだという「納得感」を与えることができるかがポイントです。部下だけが船に乗っていて、上司は川岸から「波がどうなっているか報告しろ」「船に問題があるのなら報告しろ」と言っているようでは駄目です。上司も船に乗り込み、「きつくないか」「どのルートが効率的か」と、一緒に考えなければなりません。


部下が上司より優秀な場合、上司風を吹かせ、持論を無理に押し付けたりすれば、部下はどんどん距離を置きはじめ、報連相を忌避するようになります。逆に優秀な部下を生かすスタンスで、上司の立場でしかできない組織的なサポートをすれば、部下は進んで報連相をしてきます。


報連相が上がってきたとき、部下に対して立派なアドバイスを一方的に与えるのも好ましくありません。コントロールするための報連相が定着すると、部下の思考停止が習慣化して自主性が育たなくなるという弊害が出ます。とくにプレーヤーとして優秀な上司によく見られる問題です。


ミスやクレームが発生したとき、いかに早く報告させるか。そのためには、「早く報告して良かった」という実感を部下に持たせることが大事です。結果だけを評価して、頭ごなしに失敗をなじる。これは最悪の対処法です。ある部下が、トラブルを未然に防げなかったとします。でも、報告してもろくに経緯も聞かずに怒られるだけだと思い、しばらく取り繕って隠していた。そして、問題は日増しに大きくなって……。不祥事が生まれる典型的なパターンです。


「いったい何のための報連相なのか」。これを取り違えると、報連相は「上司のためにやらされるもの」でしかなくなります。報連相の意義は、管理だけでなく、部下の士気を上げ、成長を促すという視点からとらえる必要があります。報告があがったら問題や課題を一緒に話し合って解決策を探る。それによって部下に「自分では気づいていないことを考えさせてもらったな、相談して良かった」という納得感を与えることが大事です。


組織の強化を図る際、我々は社員を取り巻く行動環境を分析します。社員は自立的か服従的か。誇りを持っているか劣等感が強いか。会社と社員の信頼関係は成立しているのか単なる契約関係か。これらはすべて行動環境が決めています。


部下が報告を渋る原因はたいていその上司本人の誤解にあります。報連相は部下から上司への一方向のものだという思い込みです。報連相の意味を紐解くと、報告は「結果や経過を相手に告げること」ですが、連絡は「情報や気持ち、考えを互いの伝え合うこと」。相談は「問題・課題について互いに意見を出し合い、何らかの解決策を導くこと」ですから、双方向が基本です。しかし実際には、双方向の連絡や相談にはなりにくいのです。


桑畑英紀の経歴・略歴

桑畑英紀、くわはた、ひでき。日本の組織・人事コンサルタント。九州大学経済学部経営学科卒業後、沖電気工業人事部門マネジャー、沖電気米国法人マネジャー、フィリップモリス日本法人人事責任者、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで組織・人事コンサルティング部代表、取締役などを経たのち独立しイマージェンスを設立。そのほか、りそな銀行社外取締役、電通アライアンスパートナーなども務めた。主な著書に『強い組織をつくる 設計から導入・運用までの実践的手法を解説』『死に至る病から会社を救う 企業統治・風土改革の実践手法』など。

他の記事も読んでみる

本多均

事業が衰退期に入るときには、全営業所の前月対比が一店舗だけマイナスになるなど、何かしらの兆候があります。


似鳥昭雄

物事はすべて立体で、四次元で表さないと本質というのはわからない。一枚の絵を見たときに、その絵の奥行きはもちろん、その世界の空気や温度や時代背景までも観察する。


小川善美

逆風の中をなんとか耐え忍ぶと、結果的に競合企業がなくなっていくんです。3から4社くらい似たような会社があったのに、その会社だけが残ったという感じで。ここへ来てそういう会社がチャンスを得ているのを見ると、賢く立ち回るのも一つだし、泥臭くやるのも一つなんだなって勉強になりますね。


髙松修身(高松修身)

企業も人もどんなピンチの時でも必ず糸口が見つかるもの。それには絶対に諦めないこと。


似鳥昭雄

私の人生のテーマは「悔いのない人生」です。やらずに後悔するくらいなら、やってみて失敗した方が断然良い。むしろ失敗をたくさんして、それを糧に成長してやろうという発想をずっと持っています。


佐藤可士和

相手がトップであれ、担当者であれ、私が実行しているのは次の3つです。

  1. 仕事の駆け引きをしないこと。
  2. 突っ込んだことを言わなきゃいけない仕事なので、相手のことをリスペクトすること。
  3. オープンマインドで接すること。

上野和典

成功の見込みがないと判断したら、速く見切りをつけるのも重要です。私自身、現場を担当していたころは、とにかく速く切り替えるようにしていました。撤退しながら次のプランを考えるんです。失敗を瞬時に返せる人は、代替のアイデアを豊富に持っています。


國貞文隆

朝の勉強会に参加するなら、テーマはあえて中国古典をおすすめしたい。社長の勉強会であれば経営戦略を学ぶべきではないかと思う方も多いでしょうが、それではまだまだ浅い。特に大企業であれば様々な人材がいる中で、それをどうやって動かせば最大の効率をあげることができるのか、ということが重要になってきます。そして中国古典は人間学の宝庫なのです。中国古典には人間学だけでなく、帝王学も入っています。渋澤健さんの主宰する中国古典の勉強会に経済同友会のお歴々が参加しているというのもなるほどと納得がいくことでしょう。


久野康成

パソコンで「税理士」と検索すれば、安売り合戦している状況に直面します。しかし、「経営コンサルタント」と検索してみると、決して安売り競争にはなっていません。それぞれの独自のサービスが存在しているのです。資格があるだけで顧客には貢献できません。顧客のニーズはどこにあるのかを深く考え、プロフェッショナルとして、より専門化していかなくてはならない。


南谷三世

海外ドラマで英語を学ぶと、英語力がどの程度伸びているのか、把握しにくいところがあります。自分の実力を測る物差しとして、TOEICを受けることにしました。点数が上がると自信になり、勉強のモチベーションも上がりました。海外ドラマで生きた英語を学びながら、社会的に認められたTOEICの勉強をすることで、お互いが補完し合い、相乗効果があったと思います。


長谷川滋利

立命館大学の野球部時代に、米シアトルで開催された親善試合に参加したことが、英語を本格的に始めるきっかけでした。大学でも英語の勉強はしていましたが、実践的な英語は未経験だったので、全く通じなかった。その時に、「ああ、俺ってこんなに英語ができないんだ」と痛感して。そこからですね、英語の「勉強熱」が高まっていったのは。


田坂広志

自分の仕事を、どこまでも前向きに見つめること。その姿勢は良き仕事、良き人間、良き機会を引き寄せ、さらには、良き運気さえも呼び込んでいくのです。