名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

桑田真澄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桑田真澄のプロフィール

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

桑田真澄の名言 一覧

目標を達成できたから偉いわけでもなく、達成できなかったからダメでもない。目標を立ててそこへ向かっていくというのは人生の喜び。


時間は誰にでも平等に同じリズムで刻まれている。秒針がひとつ進む瞬間に対してベストを尽くす。それが何よりも大事なこと。


プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある。


人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい。


野球をやっていれば、スーパースターになりたいって気持ちになってしまうことってあると思う。でも、僕は巨人の二軍で練習していたときも、パイレーツでリハビリしていたときも、エースじゃなきゃやってられないっていうんじゃなくて、野球をやりたいと思っていたから、我慢できたんだ。


複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。
【覚書き|松坂選手は若くしてメジャーデビューして大きな結果を残していた。一方桑田選手は39歳現役最後のチャレンジとして米国に渡りマイナーリーグでプレーしていた。そんな状況で松坂大輔選手と食事をしていたとき、松坂選手だけがサインを求められた。そのとき複雑な心境にならなかったかと尋ねられての発言】


プロだけではなく少年野球などを含めた球界全体をさらに発展させたい。それが最大かつ最後の目標。のために引退後は10年かけて勉強しようと決めていたんです。
【覚え書き|引退後、大学院に入学したことについて】


毎日朝練があり、学校があり、放課後練習を終えて帰ると9時。最後に1時間ほど勉強して寝る。本当に毎日クタクタだったから、どうすれば無駄な時間がなくなるか常に考えることが習慣化されました。
【覚え書き|学生時代を振り返って】


桑田真澄の経歴・略歴

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

リーダーに求められるのは、「パッション」「ミッション」「アクション」。


飛山一男

真っ暗な闇夜もいつかは明ける。だが、明けるのを待って行動したのでは遅すぎる。夜明けを見越して暗いうちから積極的な事業展開を図ることが大切。


山田進太郎

事業計画書では論理構成はしっかりしていたほうがいい。メルカリの事業計画書では、サービスの「特徴」「経営陣」から始め、なぜそのサービスを始めるのかという「Why」、参入する市場が拡大する「理由」、競合の「状況」、新サービスの「内容」、その結果として目指すべき「世界」を説明しています。「競合の状況」については、アメリカのインターネットオークションサイトである「eBay」の流通額が月約6000億円、日本の「ヤフオク」の流通額が月約500億円ですよというのを1行書いただけでしたね。


田崎真也(田崎眞也)

料理やサービスを提供する仕事とは、いってみればお客様に雇われた執事なのです。本来はデートをする際、男性がホストとしてテーブルを整えて料理を用意し、ベストなワインを選ぶことができればいいのですが、当然、それを自分でやることができる人間などほとんどいません。だから、料理のプロたちに執事の役目を委託しているのだと考えるとわかりやすいでしょう。


似鳥昭雄

定期採用だけでは必要な人材を採れないし、スカウトしないで成功した企業もありません。だから私は「これは」という人に出会ったら、食事に誘い、一本釣りをするのです。


藤堂高明(経営者)

地方で大きくなった企業が都心部に殴り込みをかけるというよりも、地方で得たビジネスモデルで全国統一できるモデルをこれから作っていくという段階に差しかかってきたと考えております。


田原祐子

部下を育てるには、まずは世代間のギャップを認識すべきです。営業の世界はとくに世代間の葛藤が強いようです。新人の髪形を見て「清潔感がない」と怒る人も多いですが、「清潔感のある髪型」も時代とともに変わります。怒っているマネジャーを見ると、たいがい自分が一番成績を上げていた時代のままの髪形をしています。


鷲田小彌太

一人になりたいと思うのは悪いことじゃない。一人になれなかったら、自立もできませんよ。


藤澤信義

一般的な常識を疑ってみて、既成概念にとらわれず思考をめぐらすよう心がけてはいます。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


小山昇

ビジネスで大事なのは、結果です。だから、結果が出ることだけをやる。自社で結果が出ていることを横展開する。結果が出ないことはやらない。


伊東信一郎

いまは事業計画を細かく見直して、柔軟性の確保に努めています。機材も小型化するだけではなく、需要に合わせて大型機もきめ細かく投入します。今年は事業計画全体を「緊急対策プラン」と呼んで、来年以降の成長準備と位置付けています。いまだからこそ、よりスリムで強い体質をつくります。