名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

桑田真澄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

桑田真澄のプロフィール

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

桑田真澄の名言 一覧

目標を達成できたから偉いわけでもなく、達成できなかったからダメでもない。目標を立ててそこへ向かっていくというのは人生の喜び。


時間は誰にでも平等に同じリズムで刻まれている。秒針がひとつ進む瞬間に対してベストを尽くす。それが何よりも大事なこと。


プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある。


人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい。


野球をやっていれば、スーパースターになりたいって気持ちになってしまうことってあると思う。でも、僕は巨人の二軍で練習していたときも、パイレーツでリハビリしていたときも、エースじゃなきゃやってられないっていうんじゃなくて、野球をやりたいと思っていたから、我慢できたんだ。


複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。
【覚書き|松坂選手は若くしてメジャーデビューして大きな結果を残していた。一方桑田選手は39歳現役最後のチャレンジとして米国に渡りマイナーリーグでプレーしていた。そんな状況で松坂大輔選手と食事をしていたとき、松坂選手だけがサインを求められた。そのとき複雑な心境にならなかったかと尋ねられての発言】


プロだけではなく少年野球などを含めた球界全体をさらに発展させたい。それが最大かつ最後の目標。のために引退後は10年かけて勉強しようと決めていたんです。
【覚え書き|引退後、大学院に入学したことについて】


毎日朝練があり、学校があり、放課後練習を終えて帰ると9時。最後に1時間ほど勉強して寝る。本当に毎日クタクタだったから、どうすれば無駄な時間がなくなるか常に考えることが習慣化されました。
【覚え書き|学生時代を振り返って】


桑田真澄の経歴・略歴

桑田真澄、くわた・ますみ。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。PL高校野球部で清原和博とともにKKコンビと呼ばれ、1年生で甲子園にエースとして登板した。その後、巨人にドラフト1位指名を受け入団。沢村賞1回、最優秀選手賞1回、最優秀投手賞1回、最優秀防御率2回、ゴールデングラブ賞8回、オールスターゲーム出場8回、通算173勝・三振1980という記録を残した。

他の記事も読んでみる

大沢幸弘(経営者)

人生は、信頼のブランドを築く旅。


小田玄紀

電力小売りへの参入で感じたのは、法改正や規制緩和で生まれる新たな市場では皆が挑戦者ということです。そこなら我々のようなベンチャーでも十分にやっていける余地があると思ったのです。それで法改正や規制緩和で生まれる新たなマーケットを探したところ、ビットコインなどの仮想通貨を円やドルなどの法定通貨に準ずる支払い手段として認め、取引所は金融庁の登録制とする資金決済法の改正案が閣議決定されました。「これは大きな可能性がある」と考えて乗り出しました。


伊藤正裕(起業家)

付け焼刃ではとっさの応用が利きません。むしろ重要なのは、日ごろの絶え間ない情報収集でしょう。売れない営業マンというのは、これをやっていないことが多いんです。


古森重隆

アナログ的な技術やノウハウは長年の積み重ねで一朝一夕にできません。この国の製造業の競争力の源泉はこれまでに培ってきたところにある。ここに、この国のモノ作りのヒントがあります。


重光武雄(辛格浩)

社会勉強が必要だったんです。外で苦労をさせなくちゃ。
【覚書き|長男次男を大学卒業後すぐに自分の会社に入れなかった理由について語った言葉。】 5


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自ら望み、決意を新たにすれば、自分自身の課題を心に置いて、人生のレッスンを究めていくことができます。そして、深い知識と自信にあふれるまでに成長した人は、もう未熟で不運な人生を生きることはないでしょう。思慮深い正しい判断で、穏やかな人生を生きるようになっているはずです。


大竹美喜

いい人が集まってくれれば、いい教育ができます。日本においても、まったく同じことが言えます。人づくりが国づくりなのです。


小堺桂悦郎

抱えている問題は人それぞれでも、お金の問題の本質は「収支のアンバランス」にあります。その収支のアンバランスを解決する方法は3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「借りる」です。考えればすぐ気づくことですが、誰も自分のお金の問題を直視したくはないですから、その単純な真理から目を背けてしまう。それで対処法の選択を間違えてしまうのです。


品田英明

AGFに来て感じたのが、組織のセクショナリズムの強さ。改善に向けて、まずは部署ごと、その後は20~30人の人数で、社員を集めてミーティングを繰り返しています。できるだけ自分の生の声を伝え、情報の共有を図っています。


三上延

どんなジャンルの本を書くにしても、お金を出して本を買っていただくので、そのぶんだけでも読者の方に満足していただくことが最も大事だと思っています。


河野貴輝

近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」のビジネスをやらないと会社は持続成長しないと信じて仕事をしてきました。


樋口武男

経験にもとづく勘が大事。迅速に決断すれば、次の先手を打つことができる。理屈は後からでいい。